秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Azureの無料アカウントとは?作成方法やできることを徹底解説!

この記事のポイント

  • Azureの無料アカウントはクラウドコンピューティングサービスを体験するための入門アカウントで、個人や企業が無償で利用できます。
  • 無料アカウントでは初めの30日間で$200のAzureクレジットが提供され、55以上のサービスが常に無料、一部の人気サービスが12か月間無料で使えます。
  • 学生にはAzure for Studentsというサービスがあり、特定の条件を満たすとクレジットカード不要で利用可能です。
  • Azure無料アカウントを使用して、AI・機械学習プロジェクト、IoTソリューションの構築、開発者ツールとDevOpsの統合などが行えます。
  • ただし、無料アカウントには利用できるリソースの上限や有料サポートプランへのアップグレードが必要な点があります。

監修者プロフィール

坂本 将磨

AI導入で企業DXを推進する人| Microsoft AIパートナー|東工大修士(領域:NLP,金融工学)|NHK放送技術研究所(AI,ブロックチェーン)→シンガポールでweb3企業経営→LinkX Japan株式会社代表

「クラウドサービスを体験してみたいけれど、どのプラットフォームを選べば良いのか迷っている方」、「Azureの学習や利用を検討中の方」におすすめなのが、Azureの無料アカウントです。豊富な特典と柔軟な利用条件を備え、これからAzureを利用し始めようと考えている個人や企業に最適な選択肢となっています。

この記事ではAzureの無料アカウントの登録方法から、得られる特典、具体的な活用方法まで、詳しく説明していきます。無料プランでは、AI、IoTなどの最新テクノロジーに触れられるだけでなく、開発者ツールやDevOpsのサービスも試すことができます。 ただし、無料で利用するには一定の制約があるため、それらを把握し、適切に管理することが求められます。

本記事の情報を参考に、Azureの無料アカウントを賢明に活用して、あなたのビジネスやプロジェクトに新たな価値をもたらす第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Azureの基本知識や料金体系、利用方法についてより深く理解したい方は、こちらの記事もご覧ください。
➡️Microsoft Azureとは?できることや各種サービスを徹底解説

Azureの無料アカウントとは

Azure無料アカウントは、Microsoft Azureのクラウドプラットフォームを体験するための入門用アカウントです。これにより、Azureのさまざまなサービスを無料で試すことができます。Azure無料アカウントは、開発者、学生、あるいはクラウドサービスに興味がある個人にとって、Azureプラットフォームを体験し、学習する良い機会を提供します。
 
Azure無料アカウントページ
Azureの無料アカウント (参考:Azure無料アカウントページ)


Azure無料アカウントでできること

Azure無料アカウントは、数多くのメリットを提供しており、特にクラウドサービスを探求し始めたばかりの方には大きな価値があります。無料アカウントを利用することで、事前の投資をすることなく、Azureの豊富なサービスとツールを体験することができます。
さらに、リスクを最小限に抑えつつ、クラウドの基盤を学び、実際のプロジェクトへの適用を検討することができるのです。

Azureの無料アカウントでできること
Azure無料アカウントの特典

人気のサービスが12か月間無料

Azureは、無料アカウント開設者に対し、最も需要の高いいくつかのサービスを12か月間無料で提供しています。この期間中にこれらのサービスを自由に利用し、ビジネスにどれだけ貢献できるかを評価する絶好の機会となります。これにより、開発者はコストを心配することなく、Azureのクラウドテクノロジーを十分に理解し、適用することが可能です。
Azureの無料サービス
Azureの無料サービス例

55以上のサービスが常に無料

Azureでは、無料アカウントにサインアップすることで、55以上のサービスを継続的に無料でアクセスできるようになります。これらには、主要なコンピューティングサービスやデータベース、分析ツールなどが含まれており、これらのサービスはリソースと使用の制約内で永久に無料で利用可能です。

USD$200のAzureクレジットで開始

新規ユーザーは、初めての30日間で使える最大$200のAzureクレジットを受け取ることができます。このクレジットを使って、利用者はAzure上でほぼすべてのサービスをテストしてみることができ、独自のアイデアを実験またはデプロイしてみることが可能です。これは、なによりも実際にシステムを構築し、Azureのパフォーマンスを体験するのに最適な方法です。


Azureの無料アカウント作成方法

Azureの無料アカウント登録には、Microsoftのアカウントが必要です。
アカウントをお持ちでない方はこちらから➡️アカウント作成ページ

次にAzureのウェブサイトにアクセスし、無料アカウントオプションを選択します。Azureの無料アカウント開設

アカウント作成の手順には、いくつかの基本情報の提供が求められます。これには名前、電話番号、メールアドレスが含まれます。さらに、支払い情報を登録する必要もありますが、これは無料試用期間中に課金されることはありません(使用料が無料枠を超えた場合を除く)ので正確に入力しましょう。
支払い情報は信用情報の確認および、そして無料試用期間後にサービスを引き続き利用したい場合にスムーズに請求を行うために利用されます。

アカウントセットアップが完了すると、Azureポータルにアクセスできるようになります。

Azureポータル画面
Azureポータル画面

ここから、無料で利用できるサービスを探索し、自らのプロジェクトに適用していくことができます。

【関連記事】
➡️Azure Portalとは?操作方法やメリットをわかりやすく解説!


Azure無料アカウント利用時の注意点

ユーザーは、Aure無料プランの利用にあたっていくつかの制限を理解し、受け入れる必要があります。

リソースの使用には制限がある

例えば計算能力やストレージ容量に上限が設定されています。これは一時的なプロジェクトや小規模なアプリケーションの開発には問題ないかもしれませんが、大規模なアプリケーションや商用レベルのプロジェクトへの直接的な適用は難しいことが多いです。

サポートレベルの限界

専門的な支援が必要な場合、有料のサポートプランへのアップグレードが必要になります。さらに、無料期間が終わった後に自動的に課金が開始される可能性があるため、資金管理には注意が必要です。これらのデメリットを避けるために、利用者は使用状況を定期的に確認し、必要に応じてアカウントの設定を調整することが推奨されます。

上記を理解して適切に利用していきましょう。


Azure無料アカウントの具体的な活用方法3選

Azure無料アカウントを利用して、様々な技術的なプロジェクトを実現することができます。無料のリソースを最大限活用して、個人的な学習や研究、あるいはビジネス目的のプロトタイピングに利用することができます。

AI + machine learning

Azure無料アカウントは、AIや機械学習の分野でのプロジェクトに特に有用です。Azure Machine LearningサービスやCognitive Servicesを使用することで、画像認識、自然言語処理、予測分析などのAI機能を備えたアプリケーションを作成することができます。

これらのサービスは、最先端の機械学習モデルにアクセス可能で、複雑なアルゴリズムやデータセットの処理を容易に行うことができます。

【関連記事】
➡️Azure Machine Learning(ML)とは?使い方や料金、Notebookを解説

開発者ツールとDevOps

Azure DevOpsサービスは、ソースコード管理、自動ビルドおよびデプロイ、テスト、リリース管理など、DevOpsスタイルの作業をスムーズに進行させるために必要なサービスを提供します。
これにより、高品質なアプリケーションをより速く市場に投入することが可能になります。

【関連記事】
➡️Azure DevOpsとは?その概要や使い方、料金体系をわかりやすく解説

IoTソリューション

Azure無料アカウントを通じて、IoT (Internet of Things) ソリューションの構築に必要なツールやサービスにアクセスすることができます。Azure IoT HubやIoT Centralなどのプラットフォームを使って、デバイス管理やデータ収集、リアルタイムの分析など、IoTアプリケーションに必要な機能を利用することが可能です。

IoTプロジェクトのプロトタイプを作成することで、現実世界の課題を解決するための新しい機会を見つけることができます。


学生向けプラン:Azure for Students

Azureでは条件を満たした学生に対して、Azure for Studentsというサービスを提供しています。一般向けの無料アカウントとの違いは、クレジットカードの有無という条件の他にAzureクレジットの量が異なります。通常の無料アカウントでは、「30日間で$200分のクレジット」に対し、学生アカウントでは「12か月間で$100分のクレジット」となっています。

公式サイトによると、Azure for Studentsの登録条件は以下の通りです。

「18 歳以上であり、認可を受けている 2 年制または 4 年制の学位授与教育機関の正規の学生であることを確認する必要があります。所属する組織のメールアドレスを通じて、教育機関への所属を証明する必要があります。」

また、Azure for Studentsでは登録時にクレジットカードが不要なので、気軽に始めることが可能です。
条件を満たしている学生の方は、ぜひAzure for Studentsの使用を検討してみて下さい。

参考:Azure for Student


まとめ

Azure無料アカウントは、その無料枠が広いことが最大のメリットです。注意点としては、設定されたリソース上限内で効率的かつ効果的にプロジェクトを進行させるため、これらの制限を適切に管理する必要があります。無料アカウントを始める際は、プラン内で提供されるサービスと利用可能なリソースを慎重に検討し、目的に合った使い方をすることが推奨されます。この記事を通じて、Azure無料アカウントの可能性を最大限に引き出し、クラウドコンピューティングがあなたのビジネスやプロジェクトにどのように貢献できるかについて理解を深めていただければ幸いです。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

AI導入で企業DXを推進する人| Microsoft AIパートナー|東工大修士(領域:NLP,金融工学)|NHK放送技術研究所(AI,ブロックチェーン)→シンガポールでweb3企業経営→LinkX Japan株式会社代表

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!