秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Microsoft Azureとは?できることや各種サービスを徹底解説

この記事のポイント

  • この記事はMicrosoft Azureとその各種サービスについて詳しく解説しています。
  • 企業はAzureを利用することで、コスト削減や効率化、イノベーションの追求が可能になります。
  • セキュリティとプライバシーの対策が行き届いており、安全なクラウド利用が可能です。
  • 無料アカウントを作成してAzureを無償で体験する方法が提供されています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

クラウドコンピューティングの多面的な利点を享受しようとお考えの皆さまに、Microsoftが提供する包括的なクラウドプラットフォーム「Azure」をご紹介します。
柔軟性とスケーラビリティに富み、多岐にわたるサービスを利用できるAzureは、企業のデジタル変革を促進し、ビジネスのイノベーションと成長を加速させます。

本記事では、Azureの特徴や利用シナリオ、AIサービスの導入例、セキュリティ対策、料金体系など、Azure活用の基本情報をわかりやすく解説していきます。 無料アカウントの利用方法から、ビジネスにおける具体的な事例まで、Azureの魅力を詳細に探求し、あなたのビジネスにおける活用の糸口を見つけ出しましょう。

Azureとは

Microsoft Azureは、幅広いクラウドサービスを提供するMicrosoftが提供する包括的なプラットフォームです。
従来のオンプレミスのデータセンターではなく、インターネットを介してサービスを利用できる「クラウドコンピューティング」の一形態です。

Azureを使うことにより、企業や開発者は、サーバーの設置や管理、及びスケール調整の手間を最小限にして、アプリケーションの開発や運用に集中することができます。

Microsoft AzureとGithubの組み合わせが業界リーダとして評価、Gartnerより
Microsoft AzureとGithubの組み合わせが業界リーダとして評価、Gartnerより


Azureは昨今のOpen AIが率いるChatGPTの急速な発展により大きな注目を浴びています。
Microsoftは、OpenAIとの広範なパートナーシップの一環として、「ChatGPTをAzure OpenAI Serviceに統合する」と発表しています。

この統合により、MicrosoftはOpenAIの商業化の役割を効果的に位置づけ、競合他社のクラウドプラットフォームであるAmazon Web ServicesやGoogle Cloudに対して優位性を持つ可能性があります。


その他にもNVIDIA、Meta、Hagging faceなど多くのキープレイヤーとパートナーを結び、利用されているAzureについて知っておくことは大切です。

Azureの利用については、Azure portal画面から利用することが可能です。
➡️Azure ポータル画面の使い方、機能の詳細はこちらで詳しく解説しています。


Azureの主要サービス一覧

Azureは、「IaaS (Infrastructure as a Service)」、「PaaS(Platform as a Service)」、「およびSaaS (Software as a Service)」といった様々なサービスを提供しています。

これらはすべて、需要に応じてリソースをスケーリングすることが可能であり、使用した分だけの支払いをする従量課金制を採用しているため、非常にコスト効率の良いプラットフォームです。

各サービスモデルは、企業のニーズに応じて選択できます。IaaSは最も柔軟性が高く、SaaSは最も管理が少なく利便性が高いです。
PaaSはその中間で、特にアプリケーションの開発と展開に焦点を当てています。

以下は、Azureの主要サービスとその説明です。
Azureの主要サービス一覧

カテゴリー Azure Service 説明
IaaS Azure Virtual Machines 完全にカスタマイズ可能な仮想マシンを提供します。
Azure Kubernetes Service (AKS) Kubernetesのデプロイ、管理、操作を簡略化します。
Azure Virtual Desktop Azureで提供される最適な仮想デスクトップエクスペリエンス。
PaaS Azure App Services ウェブアプリやモバイルアプリを迅速に開発、デプロイし、運用するための
フルマネージドプラットフォームです。
Azure Functions サーバーレスコードを使用してイベントを処理します。
Azure SQL Database 完全マネージドなクラウドデータベースサービスで、高い可用性とパフォーマンスを
持つスケーリング可能なリレーショナルデータベースを提供します。
Azure Cosmos DB あらゆる規模に対応するオープンAPIを備えた高速NoSQLデータベース。
App Service Webおよびモバイル向けのパワフルなクラウドアプリを短期間で作成します。
Azure Arc Azureのサービスと管理を任意のインフラストラクチャに移動します。
SaaS Azure AI サービス AIを活用し、組織向けの先進的で、市場に対応し、社会的責任を果たすアプリケーションを構築します。
Microsoft Copilot for Azure AIコンパニオンを使用して、クラウドからエッジまでの運用と管理をサポートします。


これらのサービスは、機能的にも経済的にも企業の規模やニーズに柔軟に合わせることができ、企業がイノベーションを追求しながらビジネスを成長させる上で強力なサポートとなります。


Azureの料金体系

Azureの料金体系はその透明性と柔軟性に特色があり、利用したリソースとサービスに対してのみ料金を支払います。予算の無駄遣いを抑えながら必要なサービスを利用できるという点で魅力的です。

  • 従量課金制
    Azureの多くのサービスは、実際に消費したコンピューティングリソース、ストレージ、データ転送などに対してのみ料金が発生します。ユーザーは自身の使用状況を随時確認し調節することができ、コスト管理がしやすいのが特徴です。

  • 予約インスタンス
    一定期間(通常は1年または3年)の利用を予約することで、リソースのコストを大幅に削減することが可能です。

  • Azure Free Account
    新規ユーザーは特定のサービスを12か月間無料で利用できるほか、常時無料で提供されるサービスもあります。これにより、実際にAzureのサービスを体験し、コストを理解する機会を手に入れることができます。

  • Azure Cost Management + Billing: Azureは、コスト管理と課金のツールを提供しており、使用中のリソースの追跡とコスト予測が行えます。これにより、企業は予算を超過することなくクラウドリソースを最適に活用することができます。


【関連記事】
➡️Azureの料金体系を解説!サービスごとの料金例や確認方法も紹介

また、Azureの料金計算ツールや各種のサービスの料金詳細が公開されており、企業は予算策定時に正確なコストプランニングを行うことが可能です。

ビジネスの成長に合わせた料金プランの変更やサービスの追加・削済みも柔軟に行うことができ、スタートアップ企業から大企業まで、幅広いビジネスニーズに応じて利用することができます。

【関連記事】
➡️Azureの料金計算ツールの利用方法!基本機能や円表示の手順を解説


Azureの無料枠(無料アカウント)について

Microsoft Azureのようなクラウドコンピューティングサービスには、潜在的な顧客が先行投資なしで機能を体験できるように、さまざまなトライアルオファーや無料リソースが用意されています。

特徴としては、12ヶ月間人気サービス無料55以上のサービスが無料USD200$のクレジット付与 があります。

また学生であれば、「Azure for Studentsというサービス」が提供されており、クレジットカードなしでも登録できます。

Azureの無料アカウントの作成方法

  1. Azureの無料アカウントを作成する
    ※Microsoftのアカウント持っていない方はアカウント作成も行って下さい。
     Azure無料アカウント作成画面

  2. アカウント情報の入力
    アカウント情報の入力
    アカウント情報の入力

  3. 利用開始
    Azureはサポート情報も多くあるので学びながら進めることが可能です。弊社のメディアでもAzureについて多く紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

無料アカウントの条件や利用範囲など、より詳しい説明についてはこちらの記事で解説しています。
【関連記事】
➡️Azureの無料アカウントとは?作成方法やできることを徹底解説!


Azureを利用するメリット

Azureが提供する最大の特徴は、その多様性と柔軟性です。ユーザーは、数百のサービスや機能からニーズに合わせて選択し、カスタマイズすることができます。

具体的な特徴としては、以下のような点が挙げられます。

  • グローバルネットワーク
    Azureは世界中に広がるデータセンターネットワークを持ち、どの地域からでも高速で安定した接続を提供します。

  • セキュリティ
    Microsoftは業界のセキュリティ基準に従い、データの保護に力を入れています。多層のセキュリティ対策により、企業や組織のデータを安全に保ちます。

  • スケーラビリティ
    需要に応じてリソースを追加または削減することができ、ピーク時の負荷に柔軟に対応します。

  • 統合性
    AzureはMicrosoftの他のプロダクトやサービス、例えばOffice 365やDynamics 365とシームレスに連携し、組織のデジタル変革を加速します。

  • 開発者支援
    豊富な開発ツールとサポートを提供し、開発者がアプリケーションの構築と配信を迅速かつ効率的に行えるよう支援します。


これらの特徴は、ビジネスの柔軟性を高め、市場への迅速な対応やイノベーションの追求を可能にし、結果として業務の効率化と成長の加速を促進します。

Azureを導入することによるメリットは、コスト削減だけではなく、ビジネスの継続性、災害復旧機能、および最新技術へのアクセスといった点にも及びます。


Azure利用シナリオ

Azureはビジネスのあらゆる面で利用され、様々な業界での革新的な利用事例を生み出しています。以下に、その中からいくつかのシナリオを紹介します。

  • データバックアップと災害復旧
    Azureはデータのバックアップソリューションや災害時のリカバリーサービスを提供し、企業が重要なデータを保護するための強力なツールを提供しています。

  • 開発とテスト
    クラウド上で迅速に開発環境を構築し、アプリケーションの開発とテストを行うことができます。このプロセスは従来よりもはるかに速く、コスト効率が高いです。

  • Big Dataと分析
    Azureのビッグデータサービスを利用することで、企業は巨大なデータセットを効率的に処理し、実用的なインサイトを引き出すことが可能になります。

  • Eコマースプラットフォーム
    Azureを使用して、販売から顧客サービスまでの全プロセスが統合されたEコマースソリューションを構築できます。

  • IoT (Internet of Things)
    Azure IoTサービスを通じて、企業はデバイスを接続し、データを集約して分析を行うことで、より賢く効率的なビジネス意思決定をサポートします。

  • モバイルアプリケーション
    Azure App Service Mobile Appsを使用することで、開発者はクロスプラットフォームのモバイルアプリケーションを簡単に構築し、デプロイすることができます。

Azureで利用可能なAIサービス

Azureは、AIサービスの構築とデプロイに役立つ多様なツールとサービスを提供します。
Azure AIサービスには、以下の様なものがあります。

  • Azure Machine Learningなどの機械学習ツール
  • Azure AI Services(旧:Azure Coginitive Services)による事前構築されたAI機能(ビジョン、言語、音声認識など)
  • 「Azure Bot Services」によるインテリジェントなボット開発サポートなどが含まれます。
    Azure AI
    Azure AI,Microsoftより

ChatGPTをAzureで実装、組織内の情報を組み込むことも可能

Azure AI Searchを利用して組織内情報から回答を生成しています。

【関連記事】
➡️Azure AI Serch(旧Azure Cognitive Search)の機能と料金を徹底解説!

組織内の情報を ChatGPT で検索するためのアーキテクチャ
組織内の情報を ChatGPT で検索するためのアーキテクチャ (参考:Microsoft)

入力はテキストだけでなく音声入力も可能。マルチモーダルなアーキテクチャ

音声入力でマルチモーダルなアーキテクチャ
音声入力でマルチモーダルなアーキテクチャ,Microsoftより

組織内の動画コンテンツ検索が可能なアーキテクチャ
組織内の動画コンテンツ検索が可能,Microsoftより

情報ソースを社外にも拡大したアーキテクチャ

Bingなどの情報ソースから取得するアーキテクチャ
Bingなどの情報ソースから取得することが可能,Githubより

機械学習のアーキテクチャ

Azureを使用して、構造化、非構造化、半構造化データをData Lake Storage Gen2で一元管理し、Synapse AnalyticsのSparkでデータを整理・分析します。

Azure Machine LearningでAIモデルを作成・訓練し、Entra IDとKey Vaultでセキュリティを強化します。Kubernetes Servicesでモデルをデプロイし、Azure Monitorで性能を監視、必要に応じて再訓練し、Power BIで結果を視覚化します。

機械学習のアーキテクチャ画像
機械学習のアーキテクチャ画像 (参考:Microsoft learn)

IoTと繋げるアーキテクチャ

Azure IoTソリューションは、データ生成デバイス、そのデータから形成される分析情報、およびそれに基づいて実行されるアクションを含みます。

デバイスはマイクロコントローラーや開発者向けボードなど多岐にわたり、ローカル処理やAzureとの直接接続が可能です。

データ取り込みを支援するサービスには、セキュアな接続と管理を提供するAzure IoT Hubや、デバイスの登録を容易にするAzure IoT Hub Device Provisioning Service、現実世界のシステムの仮想モデルを作成できるAzure Digital Twinsなどがあります。
IoTと繋げるアーキテクチャ
IoTと繋げるアーキテクチャ,Microsoftより


AI総合研究所は、Microsoft生成AI事業支援化パートナーです

弊社はMicrosoftに生成AI事業支援化パートナーとして採用されています。

生成AI事業支援化パートナー一覧
生成AI事業支援課パートナー一覧
生成AIの活用、導入についてご気軽にご相談ください。

生成AIの活用や導入については弊社のITコンサルタントが無料でご相談に乗ることが可能です。ご気軽にご相談ください。
➡️弊社へのお問い合わせはこちら


Azureを採用する企業

企業がクラウドサービスに移行する主な理由の一つに、運用コストの削減がありますが、それだけではありません。Azureを採用する企業は、革新的なサービスと業務効率の向上を実現し、市場競争力を高める目的でクラウドプラットフォームを利用しています。

例えば、大手小売企業は、顧客に向けた個別化されたマーケティングキャンペーンを、Azureのデータ分析と機械学習の力を活用して実行しています。

また、エネルギー産業では、Azure IoTサービスを利用して、リアルタイムのデータ収集と遠隔監視を行いながら、設備の効率を向上させています。

川崎汽船の事例

川崎汽船が、日本ビジネスシステムズ(JBS)の提供する「アイプリシティ チャット Powered by ChatGPT API」を導入しました。

これはMicrosoft Azure OpenAI Serviceを基盤としたサービスで、企業がGPT技術を安全かつ迅速に活用できるよう支援します。導入により、川崎汽船は業務効率化やイノベーションの促進を目指しています。

アクロプロモーションの事例

情報検索や文章作成の効率化を目指し、自然言語処理技術を活用したAzure Open AI Service「BizCopilot」を導入しました。
この技術により、競争力の強化、生産性と顧客満足度の向上が期待されます。BizCopilotは、Office 365認証で利用可能で、Azure環境でのセキュアでスケーラブルな運用が可能です。

三菱商事の事例

三菱商事は「アクセラレーターパック for Azure OpenAI Service」を導入しました。このサービスは、Azure OpenAI Serviceの高度な言語AIを安全に利用し、企業の業務効率とイノベーションを向上させることを目的としています。セキュアなデータガバナンス環境の構築、業務に合わせたUIの提供、課金最適化、利用ログの分析などが特徴です。三菱商事では、文書要約システムの全社利用を開始し、生成AIの広範な業務領域での活用を検討しています。


多くのスタートアップ企業や新興のテクノロジー企業も、低い初期コストで高度な機能を手に入れるためにAzureを選択しています。彼らはクラウド経由で瞬時にサービスを拡大縮小可能な利点を生かし、ビジネスの急激な成長に対応しています。

大手企業であればあるほど、移行の複雑さが増すものですが、Azureは移行支援ツールとサービスを提供しており、大規模なオンプレミスのシステムからクラウドへの移行プロジェクトをスムーズに進めるのに役立っています。これらの企業はクラウド移行によって、ITインフラの運用コストを大幅に削減し、より戦略的なビジネスイニシアチブに集中できるようになります。

いずれにしても、Azureを採用する企業は、セキュリティ、コンプライアンス、および最先端技術アクセスといった利点を享受しながら、市場でのリーダーシップを確立または拡大させるためにクラウドプラットフォームを活用しています。

➡️Azure導入事例はこちらからご覧ください。


Azureのセキュリティ対策と管理

セキュリティと管理はAzureを利用する上で非常に重要な要素です。

Microsoft Azureは、強固なセキュリティを提供することにより、クラウドインフラストラクチャの保護と顧客データのセキュリティを重視しています。

  • 物理的なセキュリティ
    Azureのデータセンターは、厳格な物理的セキュリティ対策が施されており、限られたスタッフのみがアクセス可能です。

  • データの暗号化
    転送中および保存中のデータは、業界標準の暗号化プロトコルによって保護されています。
  • アイデンティティとアクセス管理
    Azure Active Directoryを使用することで、ユーザー認証およびアクセス権の管理が可能になり、不正アクセスを防ぎます。

  • セキュリティ監視と脅威対策
    Azureは継続的なセキュリティ監視と脅威検出を提供し、潜在的な脅威に対する警告を行い、即時の対応を助けます。

  • コンプライアンスとプライバシー
    Azureは多くの国際的および業界特有のコンプライアンス基準を満たしており、ユーザー企業が法令遵守を継続するのを支援しています。


管理面においては、Azureは包括的なツールとサービスを提供しています。これにより、企業はクラウドリソースを容易に管理し、運用を自動化することが可能となります。

  • Azure Portal
    インタラクティブなユーザーインターフェイスを提供し、クラウドリソースの管理および監視を簡素化します。

  • Azure Policy
    クラウド環境のガバナンスを確保し、組織のポリシーに従ってリソースがプロビジョニングされていることを確認するためのポリシーを管理できます。

  • Azure Automation
    ワークフロー自動化を通じて、クラウド運用を簡略化し、日常的なタスクを自動化することができます。


セキュリティと管理のこれらの機能は、Azureの信頼性を高め、ユーザー企業が安心してサービスを利用するための基盤を形成しています。

Azureのセキュリティについては、こちらの記事もご覧ください。

Azureのセキュリティ対策を徹底解説!主要機能や製品、導入事例も | AI総合研究所

Azureのセキュリティ機能や最新のセキュリティ対策を詳しく解説しています。企業のクラウド利用時の安全性を確保するためのガイドとなる内容です。是非ご一読をお勧めいたします。

https://www.ai-souken.com/article/azure-security-explanation


まとめ

本記事では、Microsoftが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」について詳しく解説しました。Azureの基本的な説明から特徴や料金体系、実際の利用シナリオ、セキュリティ対策、無償体験方法まで、Azureを取り巻く幅広い情報を提供しました。

Azureはその多様なサービスで、ビジネスの柔軟性を高めるだけでなく、コストの削減、効率化、そしてイノベーションの実現を支援します。さらに、セキュリティと管理機能によって、企業は安心してクラウドサービスを利用することができます。無料でAzureを体験する方法を活用すれば、事前にサービスのメリットや実践的な使い方を把握することも可能です。
Azureを採用した企業は、業界を問わずそのスケーラビリティと信頼性によって市場リードを達成しています。そして、常に進化し続けるAzureの最新情報やニュースは、これからのクラウド活用においても重要な指針となるでしょう。

Microsoft Azureには、これからも目が離せない新機能やサービスが次々と登場することが予想され、企業が持続可能な成長を遂げるためのキーとなり続けるでしょう。今後も最新のトレンドを見逃さないよう、引き続き注目していくことが重要です。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!