秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Azure OpenAI Serviceとは?その機能や料金、活用方法を解説

この記事のポイント

  • この記事ではAzure OpenAI Serviceの概要や活用法について説明しています。
  • Azure OpenAI Serviceは、Microsoftが提供するAIツールキットで、クラウド上からアクセス可能です。
  • ユーザーはOpenAIが開発した最先端AIモデルをカスタマイズして利用できます。
  • また、Microsoftは開発者向けの充実した学習リソースとサポートを提供しています。
  • 利用者はセキュリティや倫理的なガイドラインに従いながらAIを適用する必要があります。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI技術を活用し、企業のデジタル変革を加速させるためのキーとなる存在、それがMicrosoft Azureが提供する「Azure OpenAI Service」です。

この記事では、最新のAIサービスを提供するMicrosoft Azureによるサービスの一種であるAzure OpenAI Serviceに焦点を当てて、その主な機能や利点から、具体的な利用シナリオに至るまで包括的に解説します。AIを利用することの倫理的側面やガバナンスについても掘り下げ、責任ある技術の利用の際の注意点についても説明します。
企業経営者やDX担当者、開発者、研究者の皆さんにとって、AI技術導入の手引きとなる内容をご紹介し、AI活用のポテンシャル拡大に対する理解を深めていただけることでしょう。

Azureの基本知識や料金体系、利用方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
➡️Microsoft Azureとは?できることや各種サービスを徹底解説

Azure OpenAI Serviceとは

Azure OpenAI Serviceは、Microsoft Azureが提供するクラウドベースのサービスで、OpenAIの最先端の人工知能技術にアクセスできるプラットフォームです。

このサービスは、GPT-4などの強力な言語モデルを活用して、テキスト生成、要約、翻訳、感情分析、画像生成など、多様な言語関連タスクを実行する能力を提供します。

Azure OpenAI Serviceを使用することで、開発者や企業はカスタマーサービスの自動化、コンテンツの生成、データ分析などの業務を最適化し、効率化を図ることができます。


Azure OpenAI Serviceの機能と特徴

Azure OpenAI Serviceで使用できる機能によって、ユーザーはAIや機械学習を利用したアプリケーションを容易かつ柔軟に構築、デプロイすることができます。

具体的、にAzure OpenAI Serviceによって提供されるサービスやその特徴を説明します。

生成AIモデル(Azure ChatGPT)の利用

Azure OpenAI Serviceでは、OpenAIによって提供される最先端生成AIモデルを利用できます。
2024年3月時点で利用可能なAIモデルとその用途は次の通りです。

モデルの名称 使用用途
GPT-4 自然言語やコードの生成、ChatGPTに利用されるモデル
GPT-3.5 自然言語やコードの生成、ChatGPTに利用されるモデル
DALL-E 文章から画像の生成
Embedding(埋め込み) 文章の類似度の算出や分類
Whisper(ささやき) 音声の文字起こし
テキスト読み上げ テキストの音声への変換と読み上げ

これらのモデルの可用性はAzure OpenAI Serviceの利用地域によっても異なります。
詳細な情報はMicrosoft Azureの公式ドキュメントをご覧ください。

【関連記事】
➡️Azure ChatGPTとは?その強みや料金、ChatGPTとの違いを解説

開発者向けプラットフォーム:Azure OpenAI Studio

Azure OpenAI Serviceには、ウェブ上での開発環境のとしてAzure OpenAI Studioというプラットフォームが用意されています。
Azure OpenAI Studioの画面

このプラットフォームによってAzure OpenAI Serviceの提供するモデルを利用したり、チームでのAI開発プロジェクトを円滑に進めることができるようになります。

【関連記事】
➡️Azure OpenAI Studioの始め方や料金体系、デプロイ方法を徹底解説

柔軟なカスタマイズ

Azure OpenAI Serviceで利用可能なAIモデルには、モデルのFine-Tuningやフィルタリング機能、システムメッセージによる役割や回答例を設定する機能が備えられています。
この機能でモデルをカスタマイズすることで、ユーザが望む回答を得ることができるようになります。

またAzure Blob StorageAzure AI Serch(旧Azure Cognitive Search)等のAzureが提供する他プラットフォームと連携することで、AIモデルに社内データを追加し、そのデータを用いてAIモデルを構築することができます。

これにより社内独自のチャットシステム構築(RAG)などが可能になります。

AzureOpenAIStudioのチャット画面
Azure OpenAI Studioのチャット画面


左側のタブでシステムメッセージの設定とデータの追加、右側のタブでモデルのFine-Tuningが可能


Azure OpenAI Serviceの活用方法

Azure OpenAI Serviceは、その強力な自然言語処理機能により、様々な業界や用途で活用できます。以下は、そのユースケースの一部です。

  • カスタマーサポートの自動化
    Eコマース企業は、自然言語生成技術を用いて、顧客からの問い合わせに自動で返答するチャットボットを開発できます。これにより、カスタマーサポートの効率が大幅に向上します。

  • 教育分野でのアクセシビリティ向上
    教育業界では、Azure OpenAI Serviceを活用して、学習支援ツールや多言語翻訳機能を開発できます。これにより、教材のアクセシビリティが高まり、より多くの学習者にとって便利になります。

  • コンテンツ制作の効率化
    ニュースレターやマーケティング素材の自動生成が可能になります。これにより、コンテンツ制作にかかる時間と労力を大幅に削減できます。

  • ソフトウェア開発の生産性向上
    プログラミングコードの自動補完機能を実装できます。これにより、開発者の作業効率が上がり、コーディングの生産性が向上します。


これらは、Azure OpenAI Serviceの活用例のほんの一部です。このサービスを導入することで、様々な業務の効率化や簡素化を実現し、ビジネスの生産性を大きく向上させることができるでしょう。Azure OpenAI Serviceは、AIの力を活用して業務を革新したい企業にとって、非常に魅力的なソリューションといえます


Azure OpenAI Serviceの料金

Azure OpenAI Serviceは従量課金性で、モデルによって異なります。

以下は、1kトークン毎の価格表です。(2024年3月時点)

モデル コンテキスト 入力(1Kトークンあたり) 出力(1kトークンあたり)
GPT-3.5-Turbo-0125 16K $0.0005 $0.0015
GPT-3.5-Turbo-Instruct 4K $0.0015 $0.002
GPT-4-Turbo 128K $0.01 $0.03
GPT-4-Turbo-Vision 128K $0.01 $0.03
GPT-4 8K $0.03 $0.06
GPT-4 32K $0.06 $0.12



詳しい料金体系については、こちらの記事で詳しく解説しています。
【関連記事】
➡️Azure OpenAI Serviceの料金体系をわかりやすく解説!


開発者向けの学習リソースとサポート

Azure OpenAI Serviceの実装や活用は高度なAIやソフトウェアに関する知識が必要となるため、適切な学習資料やサポートが非常に重要です。

Microsoftは開発者コミュニティを大切にしており、充実したドキュメンテーション、チュートリアル、フォーラム、学習パスなどが提供されています。

Microsoft Azureの公式ドキュメンテーション

Microsoft Azureの公式ドキュメンテーションでは、Azure OpenAI Serviceを始めとする各種サービスの詳細な情報とガイドが提供されています。
初心者でも容易に始められるステップバイステップのチュートリアルから、より複雑なシナリオに対応する専門的な内容まで、幅広いニーズに対応しています。

また、開発者コミュニティとの意見交換や疑問解決ができるフォーラムも整備されており、Azure内外のエキスパートとの協力を促進します。

Microsoft Learnの提供

「Microsoft Learn」は、Azure OpenAI ServiceをはじめとしたAzureのサービスについて学べる、オンラインの無料学習プラットフォームです。

こちらのコンテンツは実務に即したケーススタディを基に構成されており、実際の環境でのアプリケーション開発に役立ちます。無料のオンラインコースを通じて、開発者は必要なスキルや知識を身に着けることができ、公式の認定資格を取得することも可能です。

【関連記事】
➡️Microsoft Learnとは?AzureやAIの基礎が無料で学べる方法を解説!


Azure OpenAI Service利用時の注意点

これまで説明したように、Azure OpenAI Serviceはユーザーに様々な恩恵をもたらす一方で、Microsoftは責任あるAIの実践を強調しています。
これは技術が倫理的なガイドラインと法規制に準拠して使用されることを保証するための取り組みで、利用者は高度なAIモデルを使用しながらも、透明性、公平性、プライバシー保護といった基本原則を維持する必要があります。

ここでは利用者がAI使用の際に注意すべき点を説明します。

ガバナンスとセキュリティの観点

Azure OpenAI Serviceでは、AIガバナンスとセキュリティが重要視されています。
Microsoftは、セキュリティ基準の遵守、データプライバシーの保護、および使用許可に関する厳格なポリシーを提供しており、ユーザーはこれに従ってサービスを利用することが求められています。

Azure OpenAI Serviceは、データの暗号化、アクセス管理、ネットワークセキュリティといった複数のセキュリティ層を有しており、企業が自信を持ってAIを適用できるためのサポートが充実しています。

【関連記事】
➡️Azureのセキュリティ対策を徹底解説!主要機能や製品、導入事例も紹介

AIモデルの適用と倫理

AIの倫理的使用は、MicrosoftのAI原則に強く根ざしています。
AIモデルを構築および展開する際は、公平性、透明性、説明責任を確保しながら、ユーザーや社会に対する影響を考慮することが求められます。

Azureは、ユーザーがAIアプリケーションのガバナンスを維持するためのツールを提供し、利用されるAIモデルの監視と管理を容易にします。さらに、倫理的な問題への対処としてアクセス制限やモデル解釈の機能も備えられています。


まとめ

本記事ではAIツールキットをクラウド上で提供するAzure OpenAI Serviceについて紹介しました。

Azure OpenAI Serviceの特徴はOpenAiの最先端AIモデルを利用できることや、ユーザの希望によって自由にカスタマイズされたモデルをつかったシステムを構築できることです。
またAzure OpenAI Serviceの充実した学習リソースや、注意すべきガバナンスとセキュリティの観点の説明も行いました。

Azure OpenAI Serviceの具体的な利用方法や、より詳しい情報が知りたい方はAI総合研究所の関連記事もご覧ください。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!