秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTをLP制作に活用!作成時のポイントやプロンプト例を紹介

この記事のポイント

  • この記事は、ChatGPTを活用して効率的なランディングページ(LP)制作方法について詳しく解説しています。
  • 文章生成AIを用いてLPの構成案やコンテンツを素早く作り上げる方法と、その編集技法を提供します。
  • ChatGPTによるLP制作の利点と留意点を理解することで、効果的なページ作成が可能になります。
  • チャットボットを活用したLP制作のステップバイステップのプロセスを具体的に紹介しています。
  • 質の高いLPコンテンツを作るためのAI文章の編集・修正方法もわかりやすく説明します。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

効率的なランディングページ(LP)制作に悩んでいませんか?
魅力的なLP構成の設計には専門的なスキルが必要とされ、社内リソースだけでは対応しきれないケースも少なくありません。しかし、ChatGPTの高度な文章生成能力を利用することで、LP制作のプロセスを大幅に効率化できるのです。

本記事では、ChatGPTの長所と限界を踏まえつつ、効果的なLP制作のコツもお伝えします。文章の編集プロセスで押さえるべきポイントや、読者の心を動かすコピーライティングの技術など、実践的なノウハウが満載です。

LP制作にお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にChatGPTを活用してみてください。貴社のLPの完成度を高め、コンバージョン率の向上につなげることができるはずです。

ChatGPTについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
➡️ChatGPTとは?今さら聞けない基礎知識を徹底解説!

ChatGPTでLPを作成する方法

ChatGPTの高度な文章生成能力は、ランディングページ(LP)制作にも大いに役立ちます。
実際、多くの企業がChatGPTを導入することで、LP制作のプロセスを大幅にスピードアップさせています。

このように、LP制作の様々な場面でChatGPTを活用することが可能です。

1.ChatGPTにLPの構成を作成してもらう

ここでは、ChatGPTを使ったランディングページ(LP)の制作方法を、「ヴィーガン用チョコレート」を例にステップバイステップで説明していきます。

この商品を効果的に売り出すために、ChatGPTの文章生成能力を活用して魅力的なLPを作成する手順を詳しく見ていきます。

まずは以下のプロンプト例の様に、ChatGPTにLPの目的対象者提供する製品やサービスについて簡単に説明します。

そして、「指定したテーマに沿ったLPを作成するために、効果的なページ構成と各セクションの説明文をマークダウン形式で提案してください」というような指示を与えます。
実際のプロンプト例
実際のプロンプト例

すると、ChatGPTは以下のように、LPの基本構成と各セクションの概要を生成してくれます。

回答例1

回答例2
実際の回答例

このようなプロンプトを作成することで、ChatGPTは提示されたリクエストに応じて、LPのアウトラインや各セクションの概要を瞬時に生成してくれます。
これにより、制作プロセスがスムーズに進行し、効果的なLPを作成することを可能にします。

【関連記事】
➡️ChatGPTを使って広告バナーを作成する方法!作成例やプロンプトも紹介


手順2.構成のブラッシュアップ

ChatGPTにコンテンツ制作を依頼する際のポイントは以下の通りです。

  • LPの目的と対象を明確に指示する。
  • 段落ごとにコンテンツのポイントを簡潔に指示する
  • 必要に応じて参考文例を示す
  • 生成された文章を確認し、修正を指示する

例えば、「製品・サービス概要」のセクションでは、以下のようなプロンプトを入力します。

プロンプト例

>当社の製品はAです。Aの主な特徴としてa、b、cがある。これらの特徴から得られるメリットを2段落以内で分かりやすく説明してください。参考文例は「当社の製品Aは、特徴aにより、ユーザーにbなメリットを提供します。」です。

上記のポイントを踏まえ、先程の「ビーガン用チョコレートのLPを作成する」プロンプトを改善したものが以下です。
プロンプト例
より詳細なプロンプト例

すると以下のような回答を得ることが出来ました。
回答例
ChatGPTの回答例

このように段階を追って具体的な指示を出すことで、より精度の高い回答が期待できます。
ただし、ChatGPTの出力は完璧ではない為、必要に応じて文章をブラッシュアップしていく作業が必要不可欠です。


ChatGPTでLP制作を行うメリット

このセクションでは、 ChatGPTを利用することによる具体的なメリットと、LP制作時に注意するべき点についてまとめています。ChatGPTをLP制作に取り入れるにあたり、以下の特徴を理解し、効果的に活用していきましょう。

ChatGPTによるLP作成のメリット

ChatGPTをランディングページ(LP)制作に導入することで、制作プロセスの効率化と品質向上を同時に実現できます。以下に、ChatGPTを用いたLP制作の具体的なメリットを詳しく解説します。

コンテンツ制作の工数削減

各セクションの文章案もChatGPTに生成してもらえるため、コンテンツ制作にかかる工数と手間を最小限に抑えられます。

制作チームは、ChatGPTが提案した文章をベースに、ブラッシュアップと最適化に集中できます。これにより、制作コストの削減と、より洗練されたコンテンツの実現が可能になります。

SEOに適したキーワードの自然な配置

ChatGPTは、SEOに有効なキーワードを適切に配置した文章を生成できます。

自然な文脈でキーワードを盛り込むことで、検索エンジン対策を意識しつつも、ユーザーにとって読みやすく説得力のあるコンテンツを作成できます。

データや数値を用いた説得力の向上

ChatGPTは、具体的なデータや数値を交えた文章を生成することが得意です。
商品やサービスの利点を裏付けるデータを適切に組み込むことで、ユーザーの信頼を獲得し、コンバージョン率の向上につなげられます。

A/Bテスト用のバリエーション作成の効率化

LP最適化に欠かせないA/Bテストにおいて、ChatGPTは大きな力を発揮します。異なるアプローチのLP案を効率的に作成できるため、より多くのバリエーションをテストできます。
データに基づいた改善を重ねることで、最適なLPを導き出せます。

これらのメリットを最大限に活用するためには、ChatGPTの特性を理解し、適切に活用することが重要です。生成された文章をそのまま使用するのではなく、必ず人間の目で確認・修正する必要があります。

また、ChatGPTの出力をベースに、ブランドの個性や戦略的な観点を織り交ぜながら、オリジナリティあふれるLPを制作していくことが求められます。

【関連記事】
➡️ChatGPTでデザイン作成をする方法を解説!活用例やプロンプトも紹介


ChatGPTでLP制作を行う時のポイントと注意点

ChatGPTのメリットを最大限に活かしつつ、注意点にも配慮することで、LP制作の基盤を驚くほど短時間で構築できます。ここでは、ChatGPTを用いてLP制作の効率を飛躍的に高めるためのポイントを紹介します。
先程説明したChatGPTのメリットと注意事項を理解し、効果的に利用することで、LP制作の土台部分を驚くほど迅速に用意できるでしょう。

効果的なプロンプト(指示文)の作成方法

ChatGPTに的確な指示を与えることは、優れたLPコンテンツを生成するための鍵となります。以下のようなポイントを意識してプロンプトを作成しましょう。

  • LPの目的と対象とするユーザー層を明確に伝える
  • 各セクションで記述すべき内容を具体的に指示する
  • 文章の語調やスタイルを指定する
  • 必要であれば参考となる例を提示する
  • 生成された文章を吟味し、改善点を指摘して再生成を求める

プロンプトの作成には一定の慣れが必要ですが、これらのコツを抑えることでChatGPTとのやり取りがスムーズになり、理想的な文章を効率よく生成できるようになるでしょう。

【関連記事】
➡️プロンプトエンジニアリング完全ガイド!ChatGPTで使える例文も紹介

生成された文章の編集・修正

ChatGPTが生成した文章は、あくまでも土台であることを忘れてはいけません。以下の点に注意しながら、人間の手で調整していくことが重要です。

  • 事実関係の確認と誤った情報の修正
  • ブランドのトーンや価値観に合うような表現への調整
  • 説得力を高めるための文章構成の最適化
  • 読み手の心を動かす、印象的なコピーへのブラッシュアップ

ChatGPTの出力をベースに、人間の創造性と戦略的思考を融合させることで、オリジナリティ溢れる、説得力の高いLPを制作できます。

【関連記事】
➡️ChatGPTで文章校正する方法は?プロンプト例や実際の手順を解説


ChatGPTのアウトプットを修正する「チューニングプロンプト」

これまでのセクションでは、ChatGPTの基本的な使い方からLP制作での活用法、効果的なプロンプトの作成方法を順に解説してきました。
その応用として、ChatGPTの初回の回答が期待通りの品質ではない場合、チューニングプロンプトを使って修正していくプロセスにフォーカスします。

具体的には、以下の手順でChatGPTのアウトプットをブラッシュアップしていきます。

  1. 最初の回答を分析し、改善が必要な点を洗い出す
  2. 改善点を具体的にChatGPTに指摘する
  3. 望ましい内容例を示す
  4. 指摘した点を修正した上で、再度文章生成を依頼する

ステップごとのチューニング

それでは実際にビーガンチョコレート用のLP制作を例に、実際の出力例を交えつつチューニングプロセスを解説します。

ステップ1.最初の回答を分析し、改善点を洗い出す

こちらが、チューニング前の回答です。
最初の回答例
最初の回答

改善点として、以下の2つをChatGPTに指示します。

  • より具体的な説明と特徴を強調する。
  • 読み手を引き付けれるような魅力的な文章にする

ステップ2.改善点を具体的にChatGPTに指摘する

改善が必要な点をChatGPTに指摘し、具体的な修正を求めます。
プロンプト例:
この回答は私たちのチョコレートはオーガニックフルーツをビーガン用チョコレートで上からコーティングしているという点がうまく説明されていません。製品の詳細や特徴を詳しく説明してください。また、もう少し読み手を惹きつける文章に書き替えてください。

実際に、先ほどの出力の改善点をChatGPTに与えてみます。
実際のプロンプト例 
実際のプロンプト例

すると以下の様に修正された文章が生成されました。
実際の回答例
実際の回答例

このように、改善点を具体的に提示することでより高い質の文章を生成することができます。

ステップ3.参考となる解答例を与える

改善点とともに、具体的な例を示してChatGPTに示唆します。
実際のプロンプト例2
実際のプロンプト例

すると以下の様に望ましい内容の追加された文章が再生成されます。
実際の回答例2
実際の回答例

ステップ4. 指摘した点を修正した上で、再度文章生成を依頼する。
再度文章生成
再度文章生成を依頼

このように、ChatGPTが生成した文章をさらに洗練させるには、段階的なアプローチが有効です。最適化されたチューニングプロンプトを準備することで、ChatGPTは、ユーザーのニーズに合致した高品質な文章を生成できるようになります。

的確なフィードバックを与えながらChatGPTとの協働を重ねることが、優れた文章創出のカギとなるでしょう。


まとめ

この記事では、ChatGPTを活用した効果的なLP制作の方法、そのメリットと注意事項、そして使い方のコツを段階を踏んで詳しく解説しました。
新規顧客の獲得や利益率の向上にLPは欠かせませんが、その制作には多くの時間と労力を要します。しかしChatGPTの高度な文章生成能力を適切に活用することで、このプロセスを大幅に効率化できるのです。

ただし、ChatGPTはあくまでも制作のサポートツールであり、その長所と限界を理解した上で使いこなすことが重要です。本記事で紹介したノウハウを活用し、ChatGPTとの協働によるLP制作に取り組むことで、より説得力の高いLPを効率的に制作できるでしょう。
本記事で紹介したポイントを参考に、ChatGPTとの協働によるLP制作にぜひチャレンジしてみてください。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!