秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

「エネットとPwCコンサルティングによる電力業界の制度改正影響分析:生成AI活用の実証実験」

活用できるAIおよびDX導入事例を多様な業種でご紹介します。昨今のビジネス現場では、自社サービスに生成AIを活用する事例、自社効率性の向上の事例が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【導入事例の概要】

エネットとPwCコンサルティングは、生成AI技術を活用し、電力業界に対する規制改正が与える影響を分析・評価するための実証実験を開始しました。

この取り組みにより、制度変更内容の把握や影響評価の効率化、事業活動や政策提言への迅速な反映、お客さまに対するより迅速かつ正確な情報提供を実現できるものと期待されています。

【導入の背景】

電気事業制度は、小売全面自由化による競争拡大、燃料価格高騰による市場価格のボラティリティの顕在化、再生可能エネルギー導入加速に伴う火力発電所の稼働率低下などの諸課題解決のため、適宜改正されています。

その論点・情報は多岐にわたるため、一元的に把握・理解し、迅速かつ適切に対処することの難易度が高くなっています。

【元々の課題】

電気事業の制度改正に関する論点や背景が複雑で多岐にわたるため、制度改正の内容を把握し、影響を評価することが困難でした。
このため、事業者間で情報格差が生じ、制度変更への対応や新たなビジネスチャンスの特定に影響を与えていました。

【解決策】

今回の実証実験では、生成AIを活用し、制度改正の論点や背景を体系的に分析・整理します。

これにより、制度変更内容の把握や影響評価の効率化、事業活動や政策提言への迅速な反映、お客さまに対するより迅速かつ正確な情報提供を実現できるものと期待されています。

【効果】

本取り組みにより、電力業界の事業者は規制改正による影響をより素早く正確に評価できるようになります。

これは、電力業界の健全な発展に寄与し、EV(電気自動車)やVPP(バーチャルパワープラント)などに取り組む新たなプレイヤーを含む他産業からの電気事業への進出を促進することにもつながると考えられています。

PwCコンサルティングは、得られた知見を活用し、電力システム改革を進める政府・省庁および関連する事業者間の情報格差を解消し、業界全体の発展を支援していく方針です。

【出典】
株式会社エネット

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!