秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

StripeとOpenAIの戦略的提携:GPT-4とAI決済でイノベーションを加速

金融および保険業界に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。金融および保険業界では、自社金融機関内業務の効率性の向上の事例が多く報告されています。また、セキュリティが非常に重要であるため、Azure OpenAIでセキュリティを確保している特徴があります。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

StripeとOpenAIの戦略的提携:GPT-4とAI決済でイノベーションを加速の紹介画像

StripeとOpenAIは戦略的提携を行い、決済基盤としてStripeのシステムを用いつつ、新しい自然言語処理技術GPT-4をStripeのサービスに導入しました。この取り組みによって、OpenAIのサブスクリプションサービスや画像生成AI技術などの商品化が可能となり、顧客に対して多様な決済オプションを提供しています。

【導入の背景】

OpenAIは、自社のAI技術を商品化し、それを利用したサービスを世界中のユーザーに提供したいと望んでいました。この目的を達成するためには、信頼性の高い決済パートナーを選定し、迅速で安全な決済システムの実現が必要でした。

【元々の課題】

OpenAIは決済サービスにおいて、グローバル市場での多様な支払い方法の対応、定期課金、税務コンプライアンスの遵守など、幅広い課題に直面していました。これらをクリアすることで、彼らの技術を世界に広めるための基盤を築く必要がありました。

【解決策】

Stripeとの提携を通じて、OpenAIはStripeの決済ソリューション、Billing、Checkout、Link、Taxなどを活用し、複雑な決済処理を簡潔にし、税務コンプライアンスの課題を克服しました。加えて、GPT-4技術をStripeのサービスに組み込むことで、ユーザー体験の向上も図られています。

【効果】

この提携によって、OpenAIは迅速な市場投入が可能になり、Stripeの「Remember Me」機能を使った支払い情報の自動入力により、顧客の決済プロセスが平均40%短縮されました。また、税務コンプライアンスの負担が軽減され、OpenAIの財務業務が自動化されるなど、複数のメリットが生まれています。

【出典】

Stripeの事例、PRTIMESより

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!