秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

歯科技工業のDXを加速-エミウムが開発した革新的な自動セグメンテーション技術

ヘルスケアおよび福祉業界分野に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。ヘルスケアおよび福祉業界では、セキュリティとAIが回答を間違わないことは非常に重要です。特に患者さんなどの顧客に触れるサービスでの活用は十分に留意しましょう。
AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。
弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【概要】

エミウム株式会社は、歯科医療・歯科技工業のデジタル化を支援するため、3Dモデルの歯抽出及びアノテーション(ラベル付け)作業を自動化する技術を独自に開発しました。

この技術は、補綴領域への応用を目指し、デジタルデンチャーの設計・製作に欠かせない要素技術として位置付けられています。

エミウムが開発した革新的な自動セグメンテーション技術で歯科技工業DXを加速

【導入の背景】

従来の歯のセグメンテーション作業は、手作業による部分が多く、時間とコストの面で大きな課題がありました。

AIや機械学習の導入にも関わるこのプロセスの改善は、歯科技工業のDX化にとって必要不可欠なステップです。

【元々の課題】

エミウムは、高品質なデータセットの整備がAIの精度を左右するとともに、その前処理として行われる歯の抽出とアノテーション作業には非効率性が高いという問題を指摘しています。
これらの作業は専門的な技術を要し、業界全体の生産性を阻害していました。

【解決策】

エミウムは、自社のデジタル製造技術とAI技術を応用し、効率的な歯のセグメンテーション自動化技術を開発。
これにより、歯の3Dモデルからのデータ抽出とアノテーション工程が効率化され、さらなる技術開発への道が開かれました。

【効果】

自動セグメンテーション技術は、デジタルデンチャー設計・製作へのシステム応用だけでなく、歯科医療全般および歯科技工業務の効率化と経営改善へと波及する可能性を秘めています。

エミウムは、この技術を重要なデンタルプラットフォームの開発に活用する計画を持っています。

【出典】
PR TIMES

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!