秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

岸田総理主導の第1回AI戦略会議: ポテンシャルとリスクの議論から始まる新たな展開

ビジネス全般に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。日本では、ChatGPTの登場から生成AIを用いたシステム、Azureなどのセキュリティを高めた生成AI活用が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【概要】

日本政府は、経済社会のポテンシャルを最大化しリスクに対応するため、新たなAI戦略会議を開催しました。

岸田総理主導のもと、AIに関する幅広い知見を有する専門家たちが集い、研究、ビジネス、法律、倫理など多角的な視点から今後の方向性を議論しました。

岸田総理主導の第1回AI戦略会議: ポテンシャルとリスクの議論から始まる新たな展開

【導入の背景】

AI技術は経済や社会に大きな変革をもたらすポテンシャルを秘めており、岸田総理はその重要性を認識されています。
早急に検討を進めるべく、第1回目となるAI戦略会議が開催され、国益を最大にし、国際舞台でのルール作りにおいてリーダーシップを発揮するための土台作りが始まりました。

【元々の課題】

各国がAIの利用を推進する中で、日本もまたAIを経済社会の発展のために最大限活用する方法と、それに伴うリスクを如何に管理するかが大きな課題でした。
AIに規制一辺倒、推進一辺倒になることなく、バランスの取れたアプローチが問われていました。

【解決策】

解決策としてAI戦略会議が設置され、AIが引き起こす変化への適応策が提案されました。村井補佐官の下で設置されたAI戦略チームは、各省と連携し検討作業を進め、AIのポテンシャルを最大化し、リスクへの対応に向けたプランを練ることが決定されました。

【効果】

本会議と戦略チームによる検討作業を通じて、将来の政府方針や国際ルール作りに反映される有効な提言が期待されます。
また、G7議長国として共通理解の形成や国際的なルール作りに向けた日本のリーダーシップの発揮に繋がる効果が見込まれます。

【出典】
首相官邸HPより

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!