秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

東京都、職員向け「文章生成AI利活用ガイドライン」を策定

ビジネス全般に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。日本では、ChatGPTの登場から生成AIを用いたシステム、Azureなどのセキュリティを高めた生成AI活用が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【概要】

東京都は、職員が文章生成AIを正しく活用することで、都政のサービス品質向上を目指すガイドラインを策定しました。

このガイドラインでは、効果的な活用事例を公表し、新しい技術がもたらす効果を都政サービスに取り入れています。また、約5万人の職員を対象に利用できる環境を整備し、業務への活用を進めていきます。

![東京都の文書生成ガイドラインの概要]](https://aisouken.blob.core.windows.net/case/159/東京都の文書生成ガイドラインの概要].webp)

【導入の背景】

デジタル技術の進展は、行政サービスの改善に大きく貢献しています。東京都では、行政作業の効率化とサービスの質的向上を同時に図るため、文章生成AIを導入することで、新たな価値を創造しようとしています。

【元々の課題】

従来の行政サービスにおいては、文書作成に多くの時間が費やされる一方で、文章品質のばらつきや人的リソースの不足などが課題となっていました。これらの課題を技術の力で解決し、より良い都政サービスの提供へとつなげる必要がありました。

【解決策】

東京都は、文章生成AIを活用したガイドラインを策定し、AIの特性を尊重しつつ、利用上のルールを明確にしました。職員がこれらのルールに従ってAIを用いることで、文書作成業務の効率化と品質向上を図っています。

ガイドラインでは、文章生成AIの特徴、利用環境、利用上のルール、効果的な活用方法、今後の展望などが示されています。

東京都文書生成ガイドライン

【期待される効果】

ガイドラインに基づくAI活用は、東京都政のサービス品質向上(QOSの向上)に寄与することが期待されています。
具体的には、時間を要する文書作成業務が効率化され、職員がより本質的な業務に集中できる環境が整います。このガイドラインの策定にあたっては、有識者からの意見も取り入れられています。

東京都生成aiガイドラインの展望

【出典】
PR TIMES

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!