秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

東北電力グループのDX推進方針策定:「よりそうnext」をデジタル化で加速

活用できるAIおよびDX導入事例を多様な業種でご紹介します。昨今のビジネス現場では、自社サービスに生成AIを活用する事例、自社効率性の向上の事例が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【導入事例の概要】

東北電力グループは、「よりそうnext」という中長期ビジョンを実現するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる指針「東北電力グループDX推進方針」を策定しました。

この取り組みは、デジタル技術を駆使して、顧客に新たな価値を提供し、エネルギー事業の競争力を強化することを目的としています。

よりそうnext:東北電力

【導入の背景】

東北電力グループは、「電力供給事業の抜本的変革」、「スマート社会実現事業の早期収益化」、「企業価値創造を支える経営基盤の進化」という3つの力点を掲げています。
社会環境のデジタル化に合わせて、これらの目標を達成し顧客にさらなる価値を提供するため、DX推進が不可欠と判断しました。

【従来の課題】

従来のエネルギー事業では、デジタル技術の活用が限定的であり、顧客への新たな価値提供や内部のビジネスプロセス改革が課題となっていました。
また、社内でのDXに対する実践力の不足や、変革に積極的に取り組むための人材開発が求められていました。

【関連記事】
➡️DX推進の課題とは?変革を阻む3大要因とその解決策を解説

【解決策】

DX推進方針の下、以下の取り組みを進めます。

  1. AIなどのデジタル技術を用いて電力供給の効率化を図り、エネルギー事業の価値向上を目指す。

  2. 発電所や送配電設備などのフィールド業務におけるデジタルデバイスの活用拡大や、グループ企業間のデータ活用を通じてビジネスプロセスを変革する。

  3. グループ全従業員を対象にDXの実践力を高める教育を行い、社内認定制度を設けるなど、DX推進に積極的に取り組む人材のキャリア形成を支援する。

DX推進方針

【効果と今後の展望】

このDX推進により、電力供給の安全性や安定性が向上し、新ビジネスの展開も可能となります。社内教育と認定制度の設置により、従業員のDXに関する実践力が高まり、結果として組織全体の成長と変革が促進されると期待されています。

東北電力グループは、デジタル化する社会環境に適応し、顧客に寄り添うデジタルサービスを提供するとともに、地域社会の持続的な成長と発展に寄与できるよう、グループ全体でDX推進に取り組んでいく見込みです。
 
よりそうnextのビジョン

【出典】
東北電力株式会社

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!