秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

AI革命が支えるゲーム開発_アートからプロモーションまでの効率化事例

活用できるAIおよびDX導入事例を多様な業種でご紹介します。
昨今のビジネス現場では、自社サービスに生成AIを活用する事例、自社効率性の向上の事例が多く報告されています。

AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。

また、弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

AI革命が支えるゲーム開発:アートからプロモーションまでの効率化事例の紹介画像

【導入事例概要】

昨今のゲーム業界において、AI技術の導入は開発効率とクリエイティブ性の向上において重要な要素となっています。

本記事では、アート作成からプランニング、プロモーションに至るまでの幅広い分野でAIを活用し、革新を遂げたゲーム開発の事例を紹介します。

【導入の背景】

時間とコストがかかるゲーム開発プロセスをより効率的かつ創造的に進めるため、多くのゲーム開発会社がAIの力を借りようとしています。

特にアート作成やプランニングの段階では、膨大な量の案出しを行う必要があるため、AIの自動化とアイデア生成能力が大きな利点となっています。

レイアウト アイデア生成
レイアウト アイデア生成

【元々の課題】

ゲーム開発では、有限のリソースと時間の中で質の高いコンテンツを生み出すことが要求されます。

具体的には、ゲームタイトル画面のデザインから、3Dテイストの案出し、マップレイアウト、背景美術、キャラクタークエストの設定など、各ステップで創造的かつテクニカルな課題が存在しました。

【解決策】

今回紹介するゲーム開発会社では、AI技術を活用し、これらの課題に対処しました。

StablediffusionなどのAIを使ってレイアウト案を生成し、それを基にイラストや映像を作成。また、VOICEVOXを使用した音声合成やGenieAI, GitHub Copilotを利用したコーディング補助など、開発プロセス全体を支える多様なAIツールを駆使しています。

コーディング補助
コーディング補助

【効果】

AI技術を導入することで、アイデア生成のスピードは飛躍的に向上し、クリエイティブな作業にさらに集中できる環境が整いました。

特にSwinIRによる高解像度化は、画質向上でプロモーションにおけるイメージの鮮明さを確保するなど、具体的な成果が見受けられました。

【出典】

株式会社レベルファイブの事例、官邸より

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!