AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTの誤回答とは?その例や対策方法をわかりやすく解説!

この記事のポイント

  • ChatGPTの誤回答の典型的なパターンと具体例を紹介
  • 学習データの古さによる誤回答と最新情報の確認の必要性を説明
  • 文脈理解の難しさから生じる誤回答と明確な質問の重要性を解説
  • 専門的な質問への対応の限界と専門家の意見を求める必要性を指摘
  • 誤回答への適切な対処法を知ることでChatGPTを効果的に活用できることを強調

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

ChatGPTは注目を集める一方、その回答の正確性は保証されていません。学習データの最新性の欠如、文脈理解の難しさ、専門的内容への対応の限界などにより、誤回答が生じることがあります。

本記事では、ChatGPTが誤回答しやすい典型的なパターンと具体例を示し、AIを効果的に使いこなすためのヒントを提供します。
AIに質問することが日常的になりつつある今、その限界と正しい使い方を理解することが求められています。

ChatGPTの概要や活用例については、こちらの記事で解説しています。
➡️ChatGPTとは?今さら聞けない基礎知識を徹底解説!

ChatGPTの誤回答とは

ChatGPTをはじめとするAIが誤った回答をする場面には、いくつかの典型的なパターンがあります。大きく分けると以下の3つに分類できます。

  • 学習したデータが現在の情報と一致しない
    ChatGPTの学習データは最新のものではないため、新しい情報に基づく正確な回答ができないことがあります。

  • 文脈をうまく把握できずに回答がずれてしまう
    特に長い対話や複数のトピックが絡み合う場合、ChatGPTは会話の文脈を完全に理解できず、不適切な回答をすることがあります。

  • 特定の専門領域やニッチな問いに対する対応力が不足している
    一般的でない専門的な質問は、ChatGPTが対応する上で最も誤りが多いとされています。
    これは、そのような状況に関するデータがトレーニングセットに十分に含まれていないことが一因です。


以下では、それぞれのパターンについて、具体的な事例を交えながら詳しく解説していきます。

学習したデータが現在の情報と一致しない

ChatGPTの学習データは2022年1月までのものであるため、それ以降の新しい科学的発見や社会的イベントに関する情報は正しく回答できないことがあります。

例えば、ChatGPTに2024年のドル円為替レートについて質問すると、「2024年現在の1ドルは約100円前後」という誤った回答が返ってきました。実際の2024年5月2日の為替レートは1ドル約155円でした。

ChatGPTの最新情報は2022年1月まで
ChatGPTの最新情報は2022年1月まで


以下に学習したデータが現在の情報と一致していない例を示します。

ChatGPTにドル円の為替レートについて質問すると、2024年現在の1ドルは約100円前後という誤回答が得られました。
ドル円相場について
ChatGPTの回答による2024年のドル円相場


実際の2024年5月2日では1ドル約155円で取引されていました。

実際の20224年のドル円相場
実際の2024年のドル円相場

もう1つ例を以下に示します。男子マラソンの世界記録に関する質問をChatGPTにすると2時間1分39秒で、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手と回答が得られました。

ChatGPTで調べた男子マラソンの世界記録
ChatGPTで調べた男子マラソンの世界記録


しかし、現在2024年5月ではケニアのケルビン・キプタム選手が2時間35秒の世界新記録を更新しています。

実際の男子マラソンの世界記録
実際の男子マラソンの世界記録

このように、ChatGPTでは最新の情報が更新されていません。
そのためドル円為替レートやスポーツの新記録といった結果が刻々と変動する更新が必要な情報に弱い特性があります。

【関連記事】
➡️ChatGPTの学習データはいつまで?最新情報を取得する方法を解説

文脈をうまく把握できずに回答がずれてしまう

ChatGPTは、特に長い対話や複数のトピックが絡み合う場合、会話の文脈を完全に把握できずに不適切な回答をすることがあります。

例えば、ChatGPTに「タンザニアの食事に関する情報を400文字で教えてとリクエストすると結果として448文字の回答が返ってきました。
ChatGPTへの問いに文字数を条件に加えた
400文字でに対して400文字をオーバーする回答


対人での会話において、400文字でというと320文字~400文字以内で回答しますが、ChatGPTでは具体的に何文字~何文字以内というように伝えるのが重要です。

320文字~400文字で回答して
320文字~400文字で回答に対して320文字の回答


これに対する対策としては、問いかけをよりシンプルにし、具体的な情報を提供するよう心がけることが挙げられます。
また、状況が複雑な場合は、問題を分割して一つずつ解決していくというアプローチが有用と考えられます。

【関連記事】
➡️ChatGPTが文字数指定を守らない?その対処法を徹底解説!

特殊な事例への対応の難しさ

一般的でなく、特殊で専門的な質問は、ChatGPTが対応する上で最も誤りが多いとされています。
これは、そのような状況に関するデータがトレーニングセットに十分に含まれていないことが一因です。

例えば、登山業界では有名なミャンマー最高峰であるカカボラジ山についてChatGPTでは一般的でないとの回答がありました。

しかし、有名雑誌であるNational Geographicではミャンマー伝説の最高峰カカボラジと特集が組まれるほどのコンテンツとなっています。

ChatGPTによるカカボラジの説明
ChatGPTによるカカボラジに関する回答

National Geographicによるカカボラジの説明
National Geographicによるカカボラジの説明


このような専門的な事象については、ChatGPTに正確な回答を求めるよりも、アシスタントや参考程度として使用することが推奨されます。

専門的な情報が必要な場合は、その分野の専門家から直接アドバイスを得るのが賢明でしょう。


ChatGPTの誤回答に対処するための対策

ChatGPTの誤回答に適切に対処し、AIを効果的に活用するためには、以下のような点に注意しましょう。

最新の情報を自分で確認する

ChatGPTの学習データは2022年1月までのものであるため、それ以降の最新情報は反映されていない可能性があります。
重要な情報については、必ず自分で最新のデータを確認するようにしましょう。

一方、Microsoft CopilotのようにWeb検索機能を備えたAIアシスタントを使用する場合は、最新の情報に基づいた回答が得られる可能性が高くなります。

【関連記事】
➡️GPT-4搭載!Microsoft Copilotとは?できることや料金をわかりやすく解説

ただし、Web上の情報も完璧ではないため、やはり重要な情報については複数の情報源を確認し、ファクトチェックを行うことが大切です。

質問をシンプルかつ明確にする

ChatGPTに質問する際は、「プロンプトエンジニアリング」の考え方を取り入れ、できるだけシンプルで具体的な質問をするよう心がけましょう。

質問を明確に構造化し、必要な情報を過不足なく提示することで、ChatGPTはより正確で有用な回答を生成できるようになります。
プロンプトエンジニアリングのテクニックを身につけることは、ChatGPTを効果的に活用するための重要なスキルと言えるでしょう。

【関連記事】
➡️プロンプトエンジニアリングとは?コツやChatGPTで使える例文も紹介

情報を鵜呑みにしない

ChatGPTの回答には、学習データに含まれていない情報を補完するために、時としてハルシネーションと呼ばれる虚偽の情報が含まれることがあります。
そのため、ChatGPTの回答をそのまま信じ込むのではなく、常に批判的な目を持つことが重要です。

特に重要な意思決定に関わる情報については、複数の情報源を確認し、ChatGPTの回答の正確性を検証するようにしましょう。

また、専門的な質問については、ChatGPTではなく、その分野の専門家に相談するのが賢明です。専門家は最新の知見を持ち、文脈を踏まえたアドバイスを提供してくれるでしょう。

これらの点に注意しながらChatGPTを使いこなすことで、AIの力を借りつつ、その限界を補うことができるでしょう。


まとめ

ChatGPTは、適切に使用することで強力なツールとなり得ますが、その可能性を最大限に引き出すためには、ユーザーの理解と使い方がカギを握ります。

本記事では、ChatGPTの誤回答の典型的なパターンとして、学習データの最新性の欠如、文脈理解の難しさ、専門的な質問への対応の限界を取り上げ、それぞれの具体例を交えて解説しました。

これらの問題に適切に対処するためには、最新の情報を自分で確認し、質問を明確に構造化し、ChatGPTの回答を鵜呑みにせず批判的に吟味することが重要です。また、専門的な事象については、ChatGPTではなく専門家の意見を求めるのが賢明でしょう。

ChatGPTの長所と短所を理解し、適切に活用することで、AIの力を借りつつ、その限界を補うことができます。AIアシスタントが日常的になりつつある今、その特性をしっかり理解し、うまく付き合っていくことが求められています。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!