秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Azure Bot Servicesとは?使い方や料金、連携サービスについて解説!

この記事のポイント

  • Azure Bot Serviceは、コーディング不要でボット開発が可能
  • 多様なプログラミング言語をサポートし、開発者のニーズに対応
  • LINEやTeamsなど複数のチャネルへのボット展開が可能
  • Azureエコシステムとの連携で、AI機能などを容易に統合

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

チャットボットの構築と展開を手軽かつ効果的に行いたいとお考えの方におすすめなのが、マイクロソフトが提供する「Azure Bot Service」です。
このクラウドベースのボット開発プラットフォームは、多彩なプログラミング言語のサポートや自然言語処理機能を備え、初心者から上級者まで幅広く利用できます。

本記事では、Azure Bot Serviceの概要や特長、料金プラン、活用事例などを解説し、その実力を明らかにします。

AI総合研究所では、お客様のクラウド移行やサービス選定をサポートするコンサルティングサービスを提供しております。
クラウド導入に関するご相談は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
➡️【無料相談可能!】Azure導入・運用支援の特設ページ

Azure Bot Serviceとは?

Azure Bot Serviceは、Microsoft Azureクラウドプラットフォーム上で提供されるサーバーレスなチャットボット開発環境です。プログラミングの専門知識がなくても、直感的な操作でボットを構築できるのが特徴です。

このサービスは、C#、JavaScript、Python、Javaなど幅広い開発言語をサポートするBot Framework SDKと緊密に統合されており、開発者はこのフレームワークを活用して高度な対話型ボットを設計し、デプロイすることができます。

BotServiceアイコン
Azure Bot Serviceのアイコン


Azure Bot Serviceの特徴

Azure Bot Serviceには、以下のような特徴があります。

多チャネル対応

Azure Bot Serviceを利用すれば、一度の開発でWeb、メール、Microsoft Teamsなど複数のチャネルへのボット統合が可能です。

これにより、ユーザーは好みのプラットフォームでボットとやり取りできるようになり、企業は顧客との接点を増やしてエンゲージメントを高められます。

多チャネル対応イメージ使用可能なチャネルの一部
統合先の例

【関連記事】
➡️Teamsチャットボットの作成方法や選定ポイント、活用事例を解説!

自然言語理解

自然言語処理機能を備えているため、ユーザーの自由な入力から意図を汲み取り、適切な応答を返すことができます

これにより、キーワードマッチングだけでは実現できない、より自然でスムーズなボットとの会話が可能になります。

柔軟なスケーリング

利用状況に応じて自動的にリソースを調整します。小規模なボットから大規模なエンタープライズ向けのボットまで、さまざまなニーズに対応可能です。

企業は、ビジネスの成長に合わせてボットを柔軟にスケールできるため、常に最適なパフォーマンスを提供し続けられます。

開発者フレンドリーな環境

.NET、Node.js、Python、Javaなど、開発者が慣れ親しんだプログラミング言語やツール、フレームワークを使ってボット開発ができる環境を提供しています。

この柔軟性により、開発者は既存のスキルセットを活かしてボットを構築でき、開発プロセスを効率化できます。また、ビジュアルデザイナーなどのツールを使えば、コーディング経験が浅い人でもボット作成に取り組めるでしょう。


Azure Bot Serviceの料金体系

Azure Bot Serviceには、FreeS1の2つの料金プランが用意されています。

以下は、2024年4月現在の東日本リージョンにおける各プランのチャネルごとの料金をまとめた表です。

Free S1
Standard チャネル メッセージ数無制限 メッセージ数無制限
Premium チャネル 10,000 メッセージ/月 1,000 メッセージあたり ¥75.793

料金計算時の注意点

  1. 価格は見積もりのみであり、実際の価格は契約の種類、購入日、為替レートなどによって異なる場合があります。

  2. 為替レートは、前月の最後の営業日前の2営業日に、ロンドン市場の引け値レートを使用して計算されます。

  3. 正確な価格については、Azure料金計算ツールにサインインするか、Azureの営業担当者に問い合わせる必要があります。


ボットの規模やニーズに応じて適切なプランを選択し、追加のリソース使用による費用も考慮に入れることが重要です。
また、為替レートの変動や契約条件により、実際の料金が変わる可能性があることにも注意が必要です。

Azureの料金計算ツールの使用方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。
➡️Azureの料金計算ツールの利用方法!基本機能や円表示の手順を解説

追加の料金が発生するリソース

Azure Bot Serviceを利用する際、料金プランとは別に、以下のリソース使用に応じて追加の料金が発生します。

Application Insights

Azure Bot Serviceでは、ボット作成時にBasicレベルのApplication Insightsインスタンスが必要に応じてプロビジョニングされます。

このインスタンスはAzureサブスクリプションに表示され、ボットの診断イベントやテレメトリの送信に使用されます。

Azure Cognitive Services(Azure AI Services)

ボット作成時に選択するテンプレートによっては、Language Understanding (LUIS)やQnA MakerなどのCognitive Servicesのインスタンスがプロビジョニングされる場合があります。

これらは無料または試用版レベルで作成され、Azureサブスクリプションに表示されます。

Azure App Service

ボット作成プランでは、ボットはAzure App Serviceによって動作します。
Azure Botの場合、ボットをホストするためのAzure Webアプリがプロビジョニングされるため、App Serviceの料金が適用されます。

Bot Channels Registrationの場合、プロビジョニングされるApp Serviceはありません。


Azure Bot Serviceを使用するメリット

Azure Bot Serviceを使用するメリットを下記に紹介します。

Azure エコシステムとの連携

Azure Bot ServiceはAzureのクラウドエコシステムと深く統合されているため、Azure AI Services(旧:Azure Cognitive Services)やAzure Functionsなど他のAzureサービスとのシームレスな連携が可能です。

これにより、開発者は高度なAI機能やバックエンドロジックをボットに容易に組み込むことができ、より洗練されたユーザーエクスペリエンスを提供できます。

グローバルなデプロイと管理

Azure Bot Serviceを使えば、Microsoftのグローバルなデータセンターインフラストラクチャを活用して、世界中のどこにでもボットをデプロイ・管理できます。
これは、グローバルなユーザーベースを持つ企業にとって大きなメリットです。世界各地のユーザーに、一貫した高いパフォーマンスと低遅延のボットサービスを提供できるからです。

さらに、需要の変動に応じた自動スケーリングにより、コスト効率も最適化できます。

セキュリティとコンプライアンス

Azure Bot Serviceは、Azureプラットフォームの一部として、高度なセキュリティ機能とコンプライアンス認証を提供します。
これには、データの暗号化、アクセス制御、監視、脅威の検出などが含まれます。また、GDPR、HIPAA、ISO 27001など、主要な業界標準やプライバシー規制にも準拠しています。

企業は、Azure Bot Serviceを使用することで、セキュアでコンプライアント重視のボットソリューションを構築できるのです。

【関連記事】
➡️Azureのセキュリティ対策を徹底解説!主要機能や製品、導入事例も


Azure Bot Serviceとの連携サービス

Azure Bot Serviceは、Microsoft Azureの幅広いサービスや外部サービスと統合することが可能です。これにより、ボットの機能を強化し、さらに高度なユーザー体験を実現することができます。

以下は、Azure Bot Serviceと連携できるAzure内の主要なサービスの例です。

Azure Functions

AzureFunctionsアイコン

【サービス概要】
イベント駆動型のサーバーレスコンピューティングサービス。特定のトリガーに応じてコードを実行し、スケーラブルなバックエンドロジックをボットに提供します。

【連携メリット】
ボットのロジックを簡単に拡張し、カスタムAPI呼び出し、データベース操作、サードパーティサービスとの連携などを実行できます。
これにより、ボットを使ってより複雑なタスクを効率的に処理することが可能になります。

【関連記事】
➡️Azure Functionsとは?その機能や使い方、料金体系を徹底解説!

Azure Logic Apps

LogicAppsアイコン

【サービス概要】
ビジュアルデザイナーを用いて、異なるサービス間でのデータの移動やビジネスプロセスの自動化を実現するサービス。

【連携メリット】
ノーコードまたはローコードで複雑なワークフローを構築できます。

例えば、ボットからの特定のユーザー操作をトリガーとして、CRMやERPシステムにデータを自動的に送信するプロセスを簡単に作成できます。

Azure QnA Maker

QnAMakerアイコン

【サービス概要】
質問と回答のペアを元にインタラクティブなQ&Aレイヤーを構築できるサービス。
FAQセクションやドキュメントから直接、知識ベースを作成し、ユーザーの質問に自動で回答します。

【連携メリット】
簡単にカスタマーサポートボットを構築でき、ユーザーからのよくある質問に即座に回答することが可能です。
これにより、サポートチームの負担を軽減し、ユーザー体験を向上させます。

外部サービス

以下は、Azure Bot Serviceと連携可能な外部サービスの例です。

  • Alexa
  • LINE
  • Communication Services - Chat
  • Direct Line Speech
  • Email
  • Facebook
  • GroupMe
  • Microsoft 365
  • Microsoft Teams
  • Omnichannel
  • Outlook
  • Skype
  • Slack
  • Telegram
  • Twilio (SMS)


    上記の外部サービスは、Standard チャネルを使用した場合にAzure Bot Serviceと接続できるサービスです。

Premium チャネルを使用すると、ユーザーのカスタムアプリケーションやウェブサイトとの統合が可能になります。

以下の記事では、実際にAzure Bot Serviceを使ってLINE上でChatGPTと対話できるようになるチャットボットを開発しています。
興味のある方はぜひご覧ください。
➡️ChatGPT APIを用いたLINEチャットボットの作成方法をわかりやすく解説!


まとめ

この記事では、Azure Bot Serviceの概要、特徴、メリット、料金体系、連携サービスなどについて詳しく解説しました。
Azure Bot Serviceは、柔軟性と拡張性に優れたプラットフォームとして、企業や開発者にとって強力なツールです。

Azure Bot Serviceを活用することで、企業はユーザーとのエンゲージメントを高め、業務効率を改善し、イノベーティブなソリューションを提供できるようになります。
この記事が、皆さまのAzure Bot Service活用の一助となれば幸いです。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!