秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

GoogleのAIツールが生み出す経済効果と新たなキャリア機会

この記事のポイント

  • Googleの製品はアメリカ経済に7390億ドルをもたらし、多くのアメリカ人による新技術の活用が経済成長に寄与しています。
  • AIツールGeminiを使用することで、ビジネスオーナーは迅速な広告キャンペーン作成を実現し、効率的な顧客リーチと洞察を得ています。
  • 「Googleキャリア認定プログラム」を介し、デジタルスキルの向上とキャリア進歩に必要なトレーニングを提供しています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

現代のビジネス環境において、GoogleのAIツールの影響力は際立っています。特に、その経済への貢献は著しく、Google自身による最新のレポートによればアメリカ経済への寄与額は7390億ドルにものぼります。

この記事では、GoogleのAIがいかにして企業や個人のキャリア機会を刷新し、経済成長に貢献しているかに焦点を当てながら、AIツールが生み出す経済効果とその具体的な事例について詳しくご紹介します。

さらに、Googleが提供するトレーニングプログラムを通じた人材育成の取り組みも解説し、テクノロジーと共に歩む新しいキャリア形成の可能性に触れていきます。

thumbnail

Google、米国経済に大貢献

GoogleのCEOであるサンダー・ピチャイ氏は、2023年の経済影響レポートを発表し、その中でGoogleの製品がアメリカ経済に7390億ドルの貢献をしたと述べました。

この巨額な経済活動は、多くのアメリカ人が新しい技術を受け入れ、自分たちのビジネスやキャリア、そしてアメリカ経済全体の成長に役立てていることから生まれています。

Googleは1998年に小さなガレージからスタートしましたが、現在ではアメリカの誇り高い企業となっており、10万人以上の雇用を創出しています。特に、Google検索は多くのビジネスが顧客にリーチするための重要なツールとなり、デジタル経済の発展に大きく貢献しています。

AIの利用でビジネスが効率化

GoogleのAIツール、特にGeminiは、ビジネスオーナーが新しい顧客にリーチしたり、迅速に反応を得たりするための広告キャンペーンを構築する手助けをしています。
これにより、ビジネスは数時間ではなく数分で有用な洞察を得ることができるようになりました。

例えば、ブラジル出身のイヴォ・マチャドは、AIを活用してビデオ編集を効率化するWisecutを立ち上げ、Google検索や「Google for Startups Latino Founders Fund」を通じて顧客基盤を拡大しました。

また、ミズーリ州カンザスシティのModa Domaniでは、Geminiを活用してマーケティングメールを作成し、時間を節約しています。

こうした事例は、AIがビジネスの成長と効率化にどれだけ貢献しているかを示しています。

Moda Donamiの事例
Moda Domani

「Googleで成長」プログラムによる個人の支援

Googleは「Googleキャリア認定プログラム」を通じて、アメリカの労働者がスキルを向上させ、キャリアを前進させるための支援を提供しています。
このプログラムは1100万人以上のアメリカ人にデジタルスキルと新しい技術をトレーニングし、250,000人以上がサイバーセキュリティ、データアナリティクス、ITサポートなどの分野で就職に役立つトレーニングを受けています。

googleキャリア認定プログラムの紹介
キャリアプログラムの一例 (参考:Grow with Google)

たとえば、スカーレット・カスティーヨ・サンチェスはGoogleデータアナリティクス証明書プログラムを経て、通信会社のデータアナリストとしてポジションを獲得し、家族に安定をもたらしました。

このように、Googleは個人が新しい技術を学び、より良いキャリアを築く手助けをしています。

出典:Google

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!