秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

丸紅株式会社とEnlitic社が推進するAI医療画像診断システムの革新と臨床応用

ヘルスケアおよび福祉業界分野に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。ヘルスケアおよび福祉業界では、セキュリティとAIが回答を間違わないことは非常に重要です。特に患者さんなどの顧客に触れるサービスでの活用は十分に留意しましょう。
AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。
弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

丸紅株式会社とEnlitic社が推進するAI医療画像診断システムの革新と臨床応用の紹介画像

丸紅株式会社は、Enlitic社と協力してAI医療画像診断システムを革新し、臨床現場での実用化を推進しています。胸部単純X線画像の解析や脳CT医療画像診断などを含むこのシステムは、画像診断を飛躍的に向上させ、デジタルヘルスケア分野での新たなビジネスモデル創造に寄与しています。

【導入の背景】

医療分野における正確かつ迅速な画像診断の重要性が高まる中、AIの進化は診断精度の向上と医師の負担軽減への期待を高めました。丸紅は、Enlitic社のAI画像診断システムの導入を通じて、臨床現場での診断支援とデジタルヘルスケア分野でのビジネスモデル革新を目指しています。

【元々の課題】

放射線科医師が直面していた課題は、大量の医療画像から異常を正確に検出することでした。特に胸部X線画像では、14種類の異常所見を判断する必要があり、診断の精度と効率化が求められます。また、脳疾患の検出も、脳腫瘍や脳卒中など多岐にわたる疾患の特定が課題でした。

【解決策】

丸紅はEnlitic社のAI技術を利用して、畳み込みニューラルネットワークを用いた医療画像診断システムを開発。ROC曲線の評価で高い性能が確立され、胸部X線画像や脳CTの異常検出に有効であることが示されました。さらに、自然言語処理(NLP)を組み合わせることで誤検知率の低減にも貢献しています。

【効果】

AI医療画像診断システムの導入により、診断の精度向上と迅速化が期待されます。特に胸部単純X線画像や脳CTの診断では、AIによる分析支援が放射線科医の誤りを減少させ、迅速な医療対応を促すことができるようになりました。これは医療の質の向上に寄与し、長期的な健康ケアシステムにとって有益です。

【出典】

丸紅株式会社とEnlitic社が推進するAI医療画像診断システムの革新と臨床応用、医用画像情報学会雑誌より

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!