秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

大阪ガス・大林組共同開発:建設現場向けAI気象予測サービス、夢洲で実証実験開始

活用できるAIおよびDX導入事例を多様な業種でご紹介します。昨今のビジネス現場では、自社サービスに生成AIを活用する事例、自社効率性の向上の事例が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【概要】

大阪ガスと大林組は、建設現場における安全で効率的な施工管理を支援する「建設工事向けAI気象予測サービス」の開発に着手しました。

2025年大阪・関西万博開催予定地「夢洲(ゆめしま)」で実証実験を行い、サービスの有用性を評価する予定です。

建設工事向けAI気象予測サービス
取り組みの全体像

【導入の背景】

建設工事では、気象条件に合わせて工程を調整し、品質と安全を確保する必要があります。
一方、2022年12月の法改正により、気象予報士を介さない気象予測結果の提供が可能になりました。

大阪ガスは独自の気象予測技術を開発・運用してきた実績があり、大林組は複数の気象情報活用システムを開発してきました。

【元々の課題】

建設現場では、雨天時のコンクリート打設工事の延期、強風時のクレーン作業の中止、猛暑下での熱中症予防など、気象条件に応じた適切な対策が求められていました。
しかし、高精度な気象予測情報をタイムリーに入手することが課題でした。

【解決策】

大阪ガスの気象予測技術と、現地の気象観測データを学習したAIを組み合わせることで、高精度なピンポイント気象予測情報を迅速に提供します。

建設現場の各種作業に必要な気象情報を、適切なリードタイムで、活用しやすい形式で提供するサービスを開発します。

コンピュータが自動で提供するAIを活用した高精度な気象予測のイメージ
コンピュータが自動で提供するAIを活用した高精度な気象予測のイメージ

【効果】

「建設工事向けAI気象予測サービス」により、建設現場の施工管理者や作業員に対して、必要な情報を効果的に伝達することができます。

これにより、工程変更の判断や安全対策がスムーズになり、建設工事の生産性と安全性の向上が期待されます。夢洲での実証実験を経て、他の建設工事にも広く展開・活用していく予定です。

【出典】
大林組

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!