秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

荒瀬研究室【東京工業大学大学院情報理工学院】

荒瀬研究室
荒瀬由紀教授

研究室の概要

東京工業大学大学院情報理工学院の荒瀬研究室は、自然言語処理(Natural Language Processing、NLP)、すなわち言葉を操るコンピュータの研究を中心に行っています。

荒瀬教授の今までの研究では特に、文章の言い換えや書き換え、スタイル変換に焦点を当てて研究を行っています。

以下では、より具体的な研究実績を紹介します。

言い換えの生成と認識

言い換えとは、テキストの簡略化、書き換え、スタイル変換など、様々な形で単言語テキスト変換を行うことを言います。
荒瀬研究室で注目している技術として、フレーズアライメント制御可能な言い換え表現生成があります。

フレーズアライメントは、構文構造を持つフレーズ言い換えを識別するための技術です。この技術は、機械翻訳や自動QAなどのテキスト生成モデルを評価する際の、テキスト間の意味的類似性を推定するためにも有用です。

また現在のテキスト生成モデルの問題点として、その構造がブラックボックス化しており、どのような文章が生成されるかは生成されるまでわからない(予測が難しい)ということがあります。

そのため出力テキストをきめ細かく制御できるように、テキスト生成における制御性を実現することが非常に重要です。

言語教育、言語学習への応用

荒瀬教授の今までの自然言語処理技術の研究成果の応用として、言語学習や教育支援のための技術を開発しています。

開発された技術は、細かい語彙レベルの変換から、テキストレベルの処理までカバーしています。

入試関連情報

荒瀬研究室に参加するには、東京工業大学工学院情報工学系を受験する必要があります。詳しい入試情報に関しては東京工業大学工学院情報工学系情報工学コースを確認することをお勧めします。

参照:
研究室ホームページ

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!