秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

伊賀市×FIXER共創、AI行政サービス実証

この記事のポイント

  • 伊賀市では、FIXERとの協力のもと、AIを用いた行政サービスの向上に向けた実証実験を行っています。
  • クラウドAI環境「Gaixer」を活用して、伊賀市固有の問題に答えるシステムが開発され、24時間365日の即時対応や多言語対応が期待されています。

監修者プロフィール

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

デジタルトランスフォーメーションが進む現代において、伊賀市は行政サービスの質の向上と職員の労働環境改善を目指し新たな一歩を踏み出しました。その一環として、株式会社FIXERと協力し、AIを活用した先進的な取り組みを開始。本記事では、伊賀市がどのようにAI行政サービスの実証に取り組み、どんな効果が期待されているのかをご紹介します。「Gaixer」というクラウドAI環境を利用し、24時間365日の住民サービスを支えるこの試みは、即時性や多言語対応の実現に向けた大きな挑戦です。AIがもたらす行政業務の自動化や効率化によって、住民と職員双方にメリットをもたらすことが期待されています。

自治体で活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。自治体では、生成AIをチャットボットとして自治体独自の情報を活用する事例が多く報告されています。セキュリティの観点からAzureクラウド上で構築されている例が大半を占めています。
AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

伊賀市×FIXER共創、AI行政サービス実証

導入事例概要

伊賀市の市章
伊賀市の市章
伊賀市と株式会社FIXERが協力し、AIを利用した行政サービスの実証実験を行っています。ChatGPTを活用したクラウドAI環境「Gaixer」を通して、伊賀市独自の質問に回答するシステムを開発しました。そこでは安全で効率的な情報提供を目指しています。

導入の背景

伊賀市では、住民サービスの向上と職員の負担軽減を目的に、デジタル技術を積極的に取り入れる試みが進められていました。特に、総合窓口の問い合わせ対応や議事録作成といった、行政業務の自動化・効率化が必要とされていました。

元々の課題

以前の伊賀市では、問い合わせ対応や文書作成に多くの時間が割かれ、職員の負担が増加していました。また、24時間365日の即時対応や多言語対応といったニーズに迅速に応える体制を整えることが急務でした。

解決策

伊賀市独自のクラウドAI環境「Gaixer」を整備し、ChatGPTと連携させることで、伊賀市特有のデータに基づく回答生成が可能になりました。これにより、効率的な窓口対応や文書作成が期待されています。

AI環境Gaixerの導入
AI環境Gaixerの導入

効果

このシステム導入により、住民サービスの向上が見込まれています。即時対応や音声対応、多言語対応により、多様なニーズに応じたサービス提供が可能になります。また、職員の業務時間が短縮され、他の業務に集中できる環境が整いました。

AI環境Gaixerの導入効果
AI環境Gaixerの導入効果

【出典】

三重県伊賀市の事例、伊賀市より

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!