秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

学生の宿題支援に変革を!生成AI利用実態とその影響に関するアンケート結果公開

教育分野に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。教育の分野では、学生に生成AIおよびAIのリテラシーを教育する事例、AIを用いて学習効率、オーダーメイド率の向上の事例が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

【概要】

ナイル株式会社が運営するアプリ情報メディア「Appliv」が、夏休みの宿題があった10~20代の学生533人を対象に生成AIの活用実態調査を実施しました。
その結果、約3人に1人が夏休みの宿題に生成AIを活用していたことが明らかになりました。

3人に1人が夏休みの宿題にAIを活用


最も多く使われたツールは「ChatGPT」で、利用者の7割以上が活用。

chatgptを宿題に活用した割合


また、生成AIを利用した学生の約9割が宿題の進行に役立ったと実感しており、特に「論文・レポート」「数学の問題」「読書感想文」などの課題で効果を発揮していました。
一方で、情報の不正確さや学習理解の浅さなどの課題も浮き彫りになりました。

生成aiの宿題への活用

【導入の背景】

生成AIの普及に伴い、学校における活用について議論が活発化しています。文部科学省は夏休み直前に小中高等学校向けの暫定ガイドラインを公表し、リスクを踏まえた限定的な活用を推奨しました。

こうした中、Applivは学生の生成AI利用実態を調査し、その効果と課題を明らかにしました。

【元々の課題】

調査の結果、生成AIを活用した学生の約9割が宿題の進行に役立ったと回答する一方、情報の不正確さや学習理解の浅さなどの課題も明らかになりました。

生成AIを効果的に活用しつつ、これらの課題を解決する方法の確立が求められています。

【解決策】

学生たちは、インターネットの記事やブログ、学校での質問、動画サイトなどを通じて、生成AIの適切な使い方を学んでいます。

情報収集や文章作成、問題解決などの学習効率化や創造的表現の促進に生成AIを活用することで、自主的な学びを深めています。同時に、生成AIの限界を理解し、適切な活用方法を習得することが重要です。

生成aiの使い方を学んだ方法

【効果】

生成AIの活用により、多くの学生が「論文やレポートの執筆」「数学問題の解決」「読書感想文の作成」など、様々な宿題の進行に役立ったと実感しています。

自主的な学びとAIの適切な組み合わせによって、学習効率の向上が期待できます。ただし、生成AIの限界を理解し、適切な活用方法を習得することが重要であり、教育現場におけるガイドラインの整備や指導の充実が求められます。

生成aiで宿題は捗るか

【出典】
PR TIMES

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!