秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

「とんかつKYK」運営、AI予測技術で食品ロス削減へ – 株式会社曲田商店導入事例

飲食・食品分野に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。飲食・食品の分野では、自社サービスに生成AIを活用する事例、画像動画生成AIを用いてマーケティングに活用する事例が多く報告されています。AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

とんかつKYK」運営、AI予測技術で食品ロス削減へ – 株式会社曲田商店

【概要】

「とんかつKYK」を運営する株式会社曲田商店は、食品ロス削減の一環として、AI予測技術を活用しました。

具体的には、ノーコードAI予測プラットフォーム「UMWELT」を導入することで、メニューごとの販売数の予測精度を向上し、食材の過剰な発注を防ぎながら売り逃すことのない経営を目指しています。

曲田商店

【導入の背景】

曲田商店では、以前から食品ロス削減を目指していましたが、予測システムの精度の低さによる現場の信頼性の問題や、食品の値上げを受けたコスト意識の高まりが背景にあります。

不正確な予測に基づく過剰発注が食品ロスに繋がっていたため、精度の高い予測システムの導入が急務となっていました。

【元々の課題】

適切な在庫管理が困難であったこと、予測に対する信頼性の低さ、食品価格の上昇などが課題でした。

これらは原材料の過剰発注や売り逃すリスクの問題として現れ、会社としてのコスト削減と環境に対する責任達成の妨げになっていました。

【解決策】

精度の高い需要予測が可能な「UMWELT」を導入し、このテクノロジーによって売上予測を正確化しました。

これにより、各メニュー項目に応じた適切な食材発注が可能となり、目に見える形で食品ロスの削減に繋がると考えられています。

【効果】

UMWELTの導入は、食品ロス削減に有効であり、高い費用対効果が見込まれています。

予測値の精度が向上することで社内での信頼を獲得し、将来的にはセントラルキッチンでの製造計画や店舗の運営管理にも応用して、企業経営全体における効率化を目指しています。

【出典】
株式会社曲田商店の事例、株式会社トライエッティングより

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!