秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

au三太郎がAIリメイク!新春特別CMと自分だけのオリジナルMVを創る体験を提供

ITシステム開発分野に活用できるAIおよびDX導入事例をご紹介します。
ITシステム開発の分野では、自社サービスに生成AIを活用する事例、自社効率性の向上の事例が多く報告されています。

AIの導入の活用法は、業界ごとに異なり、採用されるシステムも多様です。
この記事を通して 「導入アイデア・あなたに使えるサービス・導入のポイント」 の参考になれば幸いです。

また、弊社ではAI導入の最初の窓口としてAI総合研究所を運営しています。導入のお悩みはご気軽に弊社にご相談ください

au三太郎がAIリメイク!新春特別CMと自分だけのオリジナルMVを創る体験を提供の紹介画像

【導入事例の概要】

KDDI株式会社は、2024年の新春を迎えるにあたり、10年目を迎える三太郎シリーズを記念して、生成AIを活用した新しいコンテンツを2点公開しました。

まず、過去の三太郎CM約160本から厳選したシーンを生成AIがアニメーションにリメイクした年始限定CMを放映。

AIリメイクの三太郎シリーズCM
AIリメイクの三太郎シリーズCM


さらに、ユーザーが2024年にやりたいことを入力すると、生成AIが内容に応じた歌詞やイラスト、歌声を作成し、オリジナルのMV(ミュージックビデオ)を制作できる特設サイトを公開しました。

生成AIで楽曲作成
特設サイト:生成AIで三太郎MV作成

【導入の背景】

三太郎シリーズCMは、9年連続でCM好感度No.1を獲得するなど、KDDIにとって重要な資産です。

10年目を迎えるにあたり、これまでの伝統を守りつつ、最新のAI技術を取り入れることで、ユーザーに新鮮な驚きと楽しさを提供したいと考えました。

【解決策】

KDDIは、生成AIを用いて過去の三太郎シリーズCMから厳選したシーンをアニメーション化し、新春限定のCMとして放映しました。

また、特設サイトでは、ユーザーが自分の2024年にやりたいことを入力すると、それに基づいた歌詞やイラスト、歌声をAIが生成し、オリジナルのMVを作成するサービスを開始しました。
イラスト作成には、画像生成AI「Stable Diffusion」を提供する、Stability AI Japan株式会社の技術が活用されています。

【効果】

リメイクされたCMと特設サイトの提供により、ユーザーは自身の2024年の抱負を自由に映像化する体験ができるようになりました。

また、新年の期待感とエンターテイメントを融合させた独自の体験を提供することで、auのブランド価値が向上し、ユーザーとのエンゲージメントが強化されました。

KDDIは今後も「おもしろいほうの未来へ。」を体現し、視聴者に楽しんでいただけるようなCMを展開していく方針です。

【出典】
KDDI株式会社

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
編集者

坂本将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!