秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

NVIDIA技術で航海の安全を革新するSEA.AIのAI船長システム

この記事のポイント

  • オーストリアのスタートアップSEA.AIによる、NVIDIAの技術を用いた海上安全のためのAIシステム開発について解説しています。
  • SEA.AIのAIシステムは、海洋物体をリアルタイムで認識・分類し、衝突回避などに貢献することで、海上での安全を高めます。
  • 商業船舶やレジャーボートなど、さまざまな種類の船に対応した製品ラインアップが提供されています。
  • SEA.AIの製品は、NVIDIA JetsonエッジAIプラットフォームを活用して高速かつ効率的なデータ処理を実現しています。
  • このシステムは従来の海事安全システムを補完し、船舶のオペレーターが潜在的な脅威に迅速に対応できるよう支援します。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

オーストリアのスタートアップ企業SEA.AIが、NVIDIAの最先端技術を利用し、海上の安全を高めるためのAI船長システムを開発し、話題を集めています。

このシステムは、あらゆる海洋物体をリアルタイムで認識・分類する能力を持ち、海事事故のリスクを軽減することを目指しています。
さらに、SEA.AIはセイルボートから商業船舶まで、多様な海洋活動に応じた製品ラインアップを提供しており、それらは40か国以上で利用可能な広範な流通ネットワークを通じて提供されています。

本記事では、NVIDIA技術を駆使したSEA.AIのイノベーションと、それが海上を航行する船々の安全にどのように貢献しているのかをご紹介します。

thumbnail

SEA.AIによる未来の海事安全の実現

オーストリアのスタートアップ企業SEA.AIが、海上での安全を守るために。NVIDIAのエッジAIおよび画像認識技術を活用したAIシステムを開発しています。

このシステムは、900万以上の海洋物体を注釈付けして学習したデータベースを用いて、リアルタイムで物体を認識し分類することができます。海上での人命救助や衝突回避に役立ち、海上での安全を大幅に向上させることを目指しています。

SEA.AIは、最初はオーシャンレース向けのセイルボートから始めましたが、現在ではレジャーボートや商業船舶など様々なタイプの船に対応するシステムを提供しており、それぞれのニーズに合わせた製品ラインアップを揃えています。

sea.ai

SEA.AIの製品ラインアップ

SEA.AIは総合的な海事安全を提供するために、3つの製品ラインを展開しています。

  • SEA.AI Sentry
    360度の状況認識を提供し、衝突回避、物体追跡、周囲監視などの機能を備えた商業船舶やモーターヨット向けの製品です。

  • SEA.AI Offshore
    ブルーウォーターのセイラーに向けた高度な安全性と利便性を提供し、異なる検出や技術的要件に適応できるように設計されています。

  • SEA.AI Competition
    海上レースやパフォーマンスヨットセーラー向けに信頼性の高い物体検出を提供し、高速航行時の最大パフォーマンスを確保する超軽量設計です。


これらの製品は、60名以上の成長しているチームによって開発され、40か国以上に広がる流通ネットワークを通じて提供されています。

NVIDIA Jetson エッジ AI プラットフォーム

NVIDIAテクノロジーを活用した先進の安全システム

SEA.AIのシステムは、NVIDIA JetsonエッジAIプラットフォームを活用して、前例のない処理能力と効率を達成しています。これにより、海上のオペレーターは、危険が迫る前に潜在的な脅威を特定し、即座に対応することができます。

このシステムは、従来のレーダーや衛星信号に依存する海事安全システムを補完するものであり、海上での旅をより安全にするために不可欠な技術です。
SEA.AIのソリューションは、業界をリードするメーカーの中央海洋ディスプレイユニットだけでなく、AndroidおよびiOSベースのモバイルデバイスとも統合することが可能です。

これにより、さまざまな船舶が海をより自信を持って航行することができるようになるとされています。

出典:NVIDEA

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!