秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

2024年米国選挙における外国勢力の干渉と生成情報のリスク:Microsoft脅威分析センターによる分析

この記事のポイント

  • マイクロソフトは、2024年米国大統領選挙へのジェネレーティブAI技術の影響について警告しています。
  • AIで強化されたコンテンツが大きな影響を及ぼす可能性があり、とりわけプライベートな設定を装ったフェイクコンテンツが効果的だと分析されています。
  • 選挙の安全性と信頼性を確保するためには、テクノロジー対策に加えてメディアリテラシーの向上や国際協力が求められます。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

現代における選挙は、さまざまな情報技術の影響を大きく受けています。
特に、2024年米国大統領選挙を前に、外国勢力による干渉が懸念される中、「マイクロソフト脅威インテリジェンスセンター」が提起するAI生成情報のリスクというテーマは、世界中の民主主義への挑戦として注目されています。

本記事では、マイクロソフトが分析した、ロシア、イラン、中国による選挙干渉活動と、それに伴うAI技術の進化が及ぼす影響について詳しく見ていきます。

選挙が民主主義の基盤であることを踏まえ、情報の真偽を見極める力や国際的対策の必要性も論じていくため、政治に関心のある方だけでなく、テクノロジーの刻々と変化する影響を理解したい全ての読者にとって重要な内容と言えるでしょう。

thumbnail

米国の2024年大統領選挙に対する外国勢力の干渉

マイクロソフト脅威分析センター(MTAC)は、2024年米国大統領選挙に向けた外国勢力による干渉活動に関する最新情報を公開しました。

ロシアはウクライナへの米国の支援を弱体化させることに注力し、過去2ヶ月でその活動を活発化させています。一方、中国は社会的分断を利用し、米国の民主主義システムへの信頼を損なうことを狙っています。

イランによる活動は現時点では限定的ですが、選挙日が近づくにつれて、サイバー攻撃と影響力作戦を組み合わせた独自の戦略を採用し、活動を活発化させると予想されています。

ロシアによる煽動
ロシアによる、AIフェイクコンテンツを用いた情報煽動

選挙に対するAIの影響とリスク評価

Microsoftによると、AIで完全に生成されたコンテンツよりも、「AIで強化されたコンテンツ」の方が影響力が大きく、動画よりも音声の方がインパクトがあることがわかっています。

たとえば、高度なディープフェイク動画よりも、ニュース機関のロゴを偽装したフェイクニュースなどのシンプルなAI強化コンテンツの方が、オーディエンスに受け入れられやすい傾向にあります。

また、公的な場での発言を偽装するよりも、電話などのプライベートな設定を装ったフェイクコンテンツの方が効果的です。
選挙期間中、ロシア、イラン、中国の活動ペースが上がることが予想されるため、マイクロソフトは引き続き悪意あるAIの使用を特定・分析し、リスク評価を更新していく方針です。

こういった背景から、AIディープフェイクの悪用による選挙に対する脅威に対抗するための国際的な取り組みの必要性も指摘されています。

中国による選挙プロパガンダ
中国によるディープフェイクを悪用した政治的プロパガンダ

選挙の健全性を守るための取り組み

マイクロソフトは、選挙の健全性を守るために、外国勢力による干渉活動とAIの悪用を監視・分析し、情報を共有していく方針です。
また、政府機関、民間企業、市民社会との連携を強化し、選挙の安全性と信頼性を確保するための取り組みを推進しています。

AIがもたらす脅威に対抗するためには、技術的対策だけでなく、メディアリテラシーの向上や国際的な協力など、多面的なアプローチが必要とされています。

出典:Microsoft

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!