秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

2024年Microsoft Dynamics 365とPower Platformの進化:AI搭載の新機能発表

この記事のポイント

  • この記事は、Microsoft Dynamics 365とPower Platformに追加されるAIの新機能について説明しています。
  • 新しい機能は顧客サービスの質の向上と効率的な意思決定を可能にする自動化や分析強化を含んでいます。
  • 2024年リリースウェーブ1において、4月から9月にかけて新機能が順次導入されます。
  • MicrosoftはAIの統合機能の強化を進め、企業のデータ理解の深化と戦略的業務への集中を促しています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI技術の進化に伴い、企業のビジネス運営手法も大きく変わりつつあります。

この記事では、2024年にMicrosoftが革新的なAI搭載の新機能をDynamics 365とPower Platformに追加したことをご紹介します。自動化や分析の強化をはじめ、企業の日常業務に大きな改善をもたらすこのアップデートは、顧客サービスの向上や意思決定の質の向上に大きく貢献します。

今回発表された新機能は、4月から9月にかけて段階的に導入が予定されており、企業が競争力を高め、より効率的に業務を遂行する手助けとなるでしょう。

thumbnail

Dynamics 365&Power Platformの進化

2024年、MicrosoftはDynamics 365Power Platformの新たな進化を発表しました。これらのプラットフォームは、企業がビジネスを管理する方法を変革し続けています。

新しい機能には、自然言語処理やAIによる分析強化が含まれ、これまでにないレベルでの洞察と効率を提供します。また、ビジネスプロセスの自動化や顧客サービスの向上など、企業の日々の業務に大きな影響を与える多くのアップデートが予定されています。

Dynamics 365 と Microsoft Power PlatformのAI搭載

*参考:Microsoft Release Planner

生成AIでビジネスを変革

生成AIとは、AIが新しいコンテンツやデータを自ら生成する技術のことで、ビジネスに革命をもたらす可能性を秘めています。Microsoftはこの技術を活用し、Dynamics 365とPower Platformのユーザーがよりスマートな意思決定を行えるように支援します。
例えば、営業予測の精度を高めたり、顧客の質問に自動で答えたりすることが可能になり、従業員はより創造的な作業に集中できるようになります。

2024年新機能リリースウェーブ1

2024年リリースウェーブ1では、Dynamics 365とPower Platformに新しいAI機能が追加されます。これにより、企業は顧客サポートの質を向上させたり、ERP(企業資源計画)システムを最適化したりすることができます。

新しい機能は4月から9月にかけて順次リリースされ、従業員がより効率的に業務を遂行できるようになります。これにより、企業は競争力を高め、顧客満足度を向上させることが期待されます。

リリース計画

Microsoft、AI統合機能強化

Microsoftは、AIの統合機能をさらに強化しています。これにより、企業はデータをより深く理解し、顧客のニーズに迅速に対応できるようになります。

AI統合機能は、さまざまな業務プロセスを自動化し、従業員がより戦略的な仕事に集中できる環境を提供します。また、AIが提供する知見はビジネスの意思決定を支援し、新しいビジネスチャンスの発見に貢献することが期待されるでしょう。

出典:Microsoft

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!