秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

AIのグローバルガバナンス:国際機関の教訓と発展への道筋

この記事のポイント

  • この記事ではAIのグローバルガバナンスについて詳述しています。
  • AIガバナンスには業界標準、国内規制、国際ガバナンスという3つの相互に関連するレイヤーが存在します。
  • 国際ガバナンスの目的はリスク管理、規制の調和、AIの恩恵の公平な分配を図ることです。
  • AIガバナンスを支える国際ガバナンス機能には4つの柱があり、これらは既存の国際機関から学ぶことができます。
  • AIガバナンスの発展のためには、多くの政府や機関が協力し、効果的なグローバルガバナンスシステムを構築する必要があります。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

現代社会において、AI技術の先進性が高まる中、グローバルなガバナンスは避けて通れない課題となっています。

本記事では、Microsoftが発表したAIの国際ガバナンスにおける教訓と発展道筋に注目し、民間航空やグローバルな資本フローで用いられるガバナンスの3つの層や、重要な成果、効果的な機能を考察し、それをAIガバナンスにどのように応用するかを解説していきます。

さらに、これらの国際ガバナンスがAIの安全性、信頼性、そして公平性を高めるためにどのように機能するか、具体的な事例をもとに紐解いていきます。

thumbnail

AIガバナンスの3つのレイヤー

民間航空やグローバルな資本フローと同様に、AIガバナンスには、業界標準、国内規制、国際ガバナンスという3つの相互に関連するレイヤーが含まれます。

業界標準は、AIの開発と利用における最良の実践を確立するために重要です。国内規制は、各国政府がAIの開発と利用を監督し、公共の利益を保護するための手段です。

国際ガバナンスは、国境を越えるAIの課題に対処し、グローバルなリスク管理、規制の調和、AIの恩恵の公平な分配を目指します。

https://youtu.be/EssEY-T4hXo?si=L6jj445NPNE_Podx

国際ガバナンスの重要な成果

国際ガバナンスのレイヤーでは、世界的に重要なリスクガバナンス、規制の相互運用性、包摂的な進歩という3つの成果がAIにとって特に重要です。

世界的に重要なリスクガバナンスは、AIがもたらす潜在的な危険を特定し、管理するための国際的な協力を必要とします。
規制の相互運用性は、各国のAI規制が整合性を保ち、イノベーションを阻害しないようにするために不可欠です。

包摂的な進歩は、AIの恩恵が社会全体に公平に分配され、誰一人取り残されないようにすることを目的としています。

国際ガバナンス機能の4つの柱

グローバルリスクの監視と管理、基準の設定、科学的コンセンサスの構築、資源への適切なアクセスの強化という4つの国際ガバナンス機能が、AIガバナンスの重要な成果を達成するために必要です。

これらの機能は、国際民間航空機関(ICAO)、国際原子力機関(IAEA)、金融安定理事会(FSB)など、さまざまな分野の国際機関の経験から学ぶことができます。

これらの機関の教訓は、AIのグローバルガバナンスの枠組みを形作る上で貴重な洞察を提供してくれます。

AIガバナンスの発展に向けて

AIガバナンスはまだ初期段階にありますが、多くの政府、国際機関、民間および非営利セクターのメンバーが、AIの安全性、信頼性、責任ある開発と利用を促進するためのイニシアチブに取り組んでいます。

効果的なグローバル・ガバナンス・システムを導くための永続的な枠組みと、過去の教訓に基づいた新しいアプローチが必要です。

出典:Microsoft

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!