秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

Microsoft Azure IoTの革新的産業戦略-2024年ハノーバーメッセ

この記事のポイント

  • 2024年ハノーバーメッセで発表されたMicrosoft Azure IoTの産業革新戦略について紹介しています。
  • MicrosoftはITとOTの統合を促進し、さまざまな産業の生産性向上に貢献する適応型クラウドアプローチを導入しています。
  • データ活用の強化やエッジとクラウドを通じたデータ処理最適化により、特に製造業界の生産性向上を目指しています。
  • Microsoftはオープンスタンダードへのコミットメントとパートナーシップ拡大を進め、AIクラウドインフラストラクチャを提供しています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

マイクロソフトが提供するAzure IoTは、2024年ハノーバーメッセでその最新の産業革新戦略を披露しており、ITとOTの統合を進展させることで、さまざまな業界の生産性向上に貢献しています。

本記事では、Azure IoTの技術革新、最適化の取り組みや、オープンスタンダードへのコミットメント、さらには統合プラットフォームとAIクラウドインフラストラクチャに関するMicrosoftの動きを詳しく紹介します。

適応型クラウドアプローチ」などの新技術を活用し、現場でのデータ活用を強化し、エッジとクラウドを通じたデータ処理最適化を図ることで、製造業などの分野における生産性向上や効率化を目指しています。

Azure IoTによる産業の変革戦略

2024年ハノーバーメッセで展示されるMicrosoftのAzure IoTは、産業変革のための新しいビジョンを示しています。
Azure IoTは、IT(情報技術)とOT(運用技術)の協力を促進することで、さまざまな業種での生産性向上に貢献します。

Microsoftは、適応型クラウドアプローチという新技術を導入し、IoTソリューションをより相互運用可能にし、統一されたデータ基盤を提供することで、工場などの現場でのデータ活用を強化しています。

アダプティブクラウドアプローチの仕組み
適応型クラウドアプローチ (参考:Microsoft)


例えば、ロボット組立ラインを使ったデモンストレーションでは、工場の床から集められるデータをどのように統合して活用するかを見せてくれます。

https://youtu.be/tTqs4iOGQUs?si=kWzGkL2jP6FNRjR2

Azure IoTの技術革新と最適化

MicrosoftはAzure IoTによって、エッジとクラウドを通じたデータ処理の最適化に力を入れています。これは、データの断片化を減らし、ITとOTシステム間の統合をより簡単に行うためのものです。

azure iot アーキテクチャ
Azure IoT アーキテクチャの概要 (参考:Microsoft)


特に製造業界では、AI技術を活用するために必要なコンテナ化や中央デバイス管理などの現代化トレンドに対応しています。
これにより、製造業における生産性向上や品質管理の効率化が期待されます。

【関連記事】
エッジAIとは?その概要や活用事例、クラウドAIとの違いを徹底解説

Microsoftのオープンスタンダードへのコミットメント

Microsoftはオープンスタンダードへのコミットメントを通じて、エッジ相互運用性の向上を目指しています。
デジタルツイン定義言語をW3C Web of Things標準と統合し、プロジェクトMargoを推進していることで、異なるデバイスやサービス間での連携を容易にし、より柔軟なIoTソリューションの提供を実現しています。

また、Azure学習リソースを無料で提供し、パートナーエコシステムの構築を進めることで、ユーザーやパートナーからのフィードバックを積極的に取り入れています。

Azureの統合プラットフォームとAIクラウドインフラストラクチャ

Microsoftは、Azure IoTを通じて統合プラットフォームのリーダーシップを強化しています。
MongoDBとのパートナーシップを拡大し、Azure OpenAIサービスを特徴とする専用のAIクラウドインフラストラクチャを提供することで、企業がAIを活用しやすい環境を整えています。

これらの取り組みによって、企業はAI技術を利用して新たな価値を創造し、競争力を高めることができます。

出典:Microsoft

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

ご相談
お問い合わせは
こちら!