秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTで卒業論文を作成する方法を解説!ポイントや注意点も紹介

この記事のポイント

  • 本記事はChatGPTを活用し、卒業論文を効率的に執筆する方法を丁寧に解説しています。
  • ChatGPTを使ってテーマ決定、アウトライン作成、文章生成、編集、最終校正までのプロセスをサポートし、時間短縮に寄与します。
  • 最終的には、自己責任での執筆や学術的なルール及び倫理の遵守が強調されています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。


ChatGPTは卒業論文作成の強力なアシスタント機能を持ち、論文の質を向上させるだけでなく、時間短縮にも寄与します。
しかし、ChatGPTが提供する助けはあくまでサポートに過ぎず、最終的な責任は著者にあることを忘れず、学術的なルールや倫理を遵守して活用することが重要です。

本記事では、ChatGPTを使って卒業論文を作成するための方法を、テーマ決定、アウトラインの作成、データ収集、文章の生成、編集、参考文献の追加、最終校正という7つのステップに分けて詳しく解説します。
ぜひ記事を参考にChatGPTを有効に使いこなし、充実した卒業論文を完成させましょう。

ChatGPTで卒業論文を書くステップ

ChatGPTを活用して効率的に卒業論文を作成する方法を7つのステップに分けて解説します。

ChatGPTの言語生成能力を活かすことで、論文執筆のプロセスを大幅に簡略化できます。

ChatGPTで卒業論文のテーマを決定する

ChatGPTに「卒業論文の研究テーマを考えて」と尋ねると、様々な関連するトピックについて提案してくれます。
ChatGPTで卒業論文のテーマを決定する
ChatGPTでテーマを決定


ChatGPTに「卒業論文の研究テーマを考えて」と尋ねると、関連するトピックを提案してくれます。
ただし、テーマの幅が広すぎる場合があるので、興味のある分野や研究の方向性を加えて質問するとより具体的なテーマを提案してもらえます。

例えば、「AIと観光業を組み合わせたテーマ」と尋ねると、より絞り込まれたテーマ案が得られます。
テーマがまだ確定していない場合やアイデアを広げたい場合に、この方法は特に有効です。

ChatGPTで分野を絞って卒業論文のテーマを決定する
ChatGPTで分野を絞って卒業論文のテーマを決定する

ChatGPTで卒業論文の概要とアウトラインを作成する

次に、ChatGPTで卒業論文のテーマに関する概要およびアウトラインの作成をします。

今回は上記のChatGPTによって提案されたテーマから「AIを活用した観光情報の個別化と推薦システムの効果の分析」を選択し卒業論文を書いてみます。

このステップではテーマに関する概要とそれを踏まえたアウトラインを作成します。
テーマに関する大まかな情報、キーポイント、下調べに役立つ素材を収集します。

「テーマ+概要を説明して」とChatGPTに投げかけます。
すると、論文構成に必要な背景、目的、方法、結果などの項目ごとに、詳細な回答が得られます。

ChatGPTで作成した概要とアウトライン
ChatGPTで作成した概要とアウトライン

卒業論文のデータ収集とChatGPTの活用

データ収集の段階では、実際に自分で実験やアンケートを行って生データを集める必要があります。ここでもChatGPTを活用できます。

前のステップで提案してもらった方法を、さらに具体的なものにグレードアップしてもらいましょう。
ChatGPTに詳細な実験方法を尋ねると、手順やポイントを詳しく教えてくれます。

あとはその方法に従ってデータを収集するだけです。

具体的な実験方法を考える
具体的な実験方法にグレードアップ

ChatGPTで卒業論文の解析と本文執筆をする

データが集まったら、ChatGPTを使って解析と本文執筆を進めます。

まず、適切な検定方法の提案や解析ソフトのコードをChatGPTに作成してもらいます。人が手動で書くと時間のかかるコードも、ChatGPTなら瞬時に生成してくれるので非常に便利です。

Rのコードを作成してもらう
ChatGPTで作成した解析ソフトのコード*


次に実際にChatGPTを用いて論文を書くステップを説明します。
ここでは、ステップ③で作成したアウトラインに厚みを持たせることが重要です。

例えば、「イントロダクションを300文字で生成してください」と尋ねることで、ChatGPTが適切なイントロダクションの文章を生成してくれます。

ChatGPTによって書かれたイントロダクション
ChatGPTによって書かれたイントロダクション

この作業を背景、目的、方法、結果、考察でそれぞれ行うことでChatGPTで卒業論文の執筆をすることが可能となります。

ChatGPTで文章の編集と修正

このステップではChatGPTが生成した文章を校閲し、必要に応じて修正や改善を行います。ChatGPTに修正してほしい具体的なポイントや指示を伝えることがポイントです。

例えば、文法ミスの修正、不明瞭な表現の改善、スタイルの統一、論理的な流れの確立などを指定します。

もし、修正に不満がある場合は、ChatGPTに再度修正を要求することが重要です。必要に応じて具体的な指示をさらに追加しましょう。

【関連記事】
➡️ChatGPTで文章校正する方法は?プロンプト例や実際の手順を解説

ChatGPTで参考文献の追加

ChatGPTを使って論文中に引用する参考文献を見つけ、適切な形式で追加します。

ChatGPTに「論文テーマに関連する引用文献を見つけてください」と尋ねることで、関連する文献を提案してもらえます。

ここで得られた論文をGoogle scholarなどで実際に検索して読むことが重要です。

ChatGPTによる参考文献の提案
ChatGPTによる参考文献の提案

ChatGPTで最終校正

最後に、論文全体を見直し、フォーマットやスタイルの統一性を確認します。必要ならば誤字脱字の修正や改行の調整を行います。


ChatGPTを使った卒業論文の編集と校正のコツ

ChatGPTに生成してもらった文章は、そのままでは論文として使えない場合があります。
文法ミスの修正、不明瞭な表現の改善、全体の流れの調整など、人間の目で確認し、手直しする必要があります。

ChatGPTに修正すべき点を具体的に指示し、納得のいく文章になるまで何度でも修正を依頼しましょう。

また、参考文献の追加や、フォーマットの統一、誤字脱字のチェックなども、ChatGPTを活用しながら丁寧に行うことが重要です。

【関連記事】
➡️ChatGPTで生成した文章はバレるのか?特定方法と対策を解説


ChatGPTの適切な活用法と注意点

ChatGPTは卒業論文執筆の強力なアシスタントですが、あくまでも補助的なツールであることを忘れてはいけません。最終的な責任は執筆者自身にあります。

ChatGPTが生成した内容をそのまま使うのではなく、自分の知識と分析で補強し、文脈に沿ったオリジナリティのある論文に仕上げることが求められます。

学術的・専門的な内容については、指導教員の助言を仰ぐことも大切です。さらに、論文執筆の一般的なルールやアカデミックスタンダードは、ChatGPTを使う場合でも遵守が必要です。

まとめ

ChatGPTは、卒業論文の作成において非常に有用なツールであり、様々な方法で活用することができることを紹介しました。合わせてその便利さに伴う注意点とChatGPTはあくまでアシスタントであるということを紹介しました。この記事での内容をよく理解しChatGPTを卒業論文を書く際、適切に活用しましょう!

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!