秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTの何がすごいのか?その特徴や強みを徹底解説!

この記事のポイント

  • ChatGPTは、OpenAIが開発した高度な自然言語処理モデル
  • 人間のような自然な対話を実現し、様々なシナリオで柔軟な応対が可能
  • 教育、医療、プログラミングなど多様な分野で活用できる豊富な知識を保有
  • ユーザーとの対話を通じて継続的に学習・進化
  • クラウドベースで柔軟な運用が可能、企業向けプランも用意

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

ChatGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理AIモデルで、人間のような対話を生成し、幅広い分野で活用できる先進的なツールです。
その卓越した言語理解と生成能力、膨大な知識、学習と進化する力、柔軟な運用性から、世界中で大きな注目を集めています。

本記事では、ChatGPTの驚異的な特徴と具体的な活用例を詳しく解説し、AIがもたらす未来の可能性について探ります。

ChatGPTの多面的な能力と魅力を紐解きながら、私たちの生活やビジネスにどのような変革をもたらすのか、その将来像に迫ります。

そもそもChatGPTとは?

ChatGPTは、人工知能(AI)に関する最新の研究を基にアメリカの企業であるOpenAIによって開発された、大規模言語モデル(LLM)です。

その核心技術は、人間と自然言語で対話をすることができる能力にあり、テキストベースのやりとりにおいて人間らしい応答を生成することができます。

公開されて以来、その高度な理解能力と自然言語処理能力が注目を集めており、ユーザー数は1億人を突破しています。

ChatGPT(チャットGPT)とは?機能や始め方、使い方を徹底解説! | AI総合研究所

ChatGPT(チャットGPT)とは何か、無料の始め方やログイン方法、日本語での使い方まで解説します。面白い使い方など、実際につかった時の感想も踏まえて丁寧に紹介しています。

https://www.ai-souken.com/article/introduction-to-chatgpt

背景と開発者

ChatGPTは、より自然で人間に近い応答をコンピュータにもたらすことを目的として開発されました。開発したのはAIの分野で画期的な研究機関として知られているOpenAIです。

当時の開発者の中には、自動車会社のテスラやスペースXのCEOとして全世界に知られているイーロン・マスク氏もいました。

【関連記事】
➡️OpenAIとは?各サービスの特徴や使い方、AGI開発について解説

OpenAIのホームページ
OpenAIのホームページ


ChatGPTの主な特徴

ChatGPTの主な特徴としては、与えられたプロンプトや質問に対してテキストの内容理解および答えの生成を行います。

この2つの機能により、ChatGPTはユーザーが問いかける複雑な問いに答えたり、詳細な解説をすることが可能です。

基本的な使用方法

ChatGPTの基本的な使用方法は、ChatGPTのサイトにアクセスし、そこでユーザーがテキスト入力をすることでそれに対する応答を生成してくれるというものです。

ChatGPTは、簡単なアカウント作成のみでアクセスでき、初めての人でも容易に使用することが可能です。

【関連記事】
➡️ChatGPTでできること一覧!Plusとの違いやビジネス活用も紹介【最新】

ChatGPTのアカウント作成画面
ChatGPTのアカウント作成画面


ChatGPTは何がすごい?

ChatGPTは、他のAIモデルと比較して際立った特徴を持っており、その能力の高さから大きな注目を集めています。

ここでは、ChatGPTの主な特徴と応用可能性について、具体的な例を交えて詳しく説明します。

①自然な対話と高度な応答

ChatGPTは、人間との対話に非常に近い自然な対話を実現することが可能です。これは、ChatGPTが複雑な文脈を解釈し、それに応じた適切な応答を生成できるためです。

顧客サポートのシナリオを考えてみましょう。従来のシステムでは、事前に用意されたテンプレートや予め設定されたキーワードに基づいて顧客との対話を行うことが一般的でした。

しかし、ChatGPTを導入することで、顧客からの質問や問い合わせに対して、実際の人間の職員のようなより自然で柔軟な対応が可能になります。
顧客が疑問や要望を述べると、ChatGPTはそれに応じて適切な回答を生成し、会話をスムーズに進めることが可能です。

実際の解答例

以下の例では実際にChatGPTに横浜のホテルの受付になりきってもらい観光地を尋ねた例です。

ChatGPTにホテルの顧客サポートをお願いしてみた
ChatGPTにホテルの顧客サポートをお願いしてみた例

ChatGPTの回答はユーザーが求めた徒歩圏内といった詳しい条件に当てはまる回答であることに加えて、敬語の使い方まで完璧です。
実際のホテル受付との会話といわれても一切違和感がありません。


また、ChatGPTは多言語に対応しておりそこでも自然な会話をすることが可能です。

フランス語会話
ChatGPTとのフランス語会話


【関連記事】
➡️ChatGPTで翻訳を行う方法は?DeepL・Google翻訳との比較も紹介


②幅広く豊富な知識と柔軟性

ChatGPTは、膨大な学習データから得た情報により幅広いトピックに対応できるため、多様な用途に活用することができます。

教育分野では、生徒が様々な質問をする場面があります。そのような場面でChatGPTを導入することで、生徒が学習したいトピックに関する質問に応じて、即座に適切な解説や補足情報を提供することができます。

実際の解答例

以下に科学分野の質問に対するChatGPTの回答を示します。

質問の情報(今回では理想気体or実在気体)が欠けている場合でも、回答の際に情報を補填して解説してくれました。

理系分野の質問にも詳しい回答
科学分野の質問にも適切な回答


また、医療分野では、患者が症状や治療法に関する質問をする場面があります。ChatGPTを利用することで、医療従事者が効果的な情報提供や助言を行うことができます。

**コーディングにも活用可能

さらに、ChatGPTの豊富な知識はプログラミング分野にも通じています。

プログラミングにおいて時間を要するコードを書くといった作業も書きたい内容を入力することで、数秒でそのコードを回答してくれます。

ChatGPTにRのコードを教えてもらった
ChatGPTにRのコードを教えてもらった

人の力でコードを書くと時間を要しますがChatGPTを利用することで数秒で要求内容に準じたコードを提供してくれます。
このように作業時間を短縮し効率よく作業を進めるアシストが可能です。

【関連記事】
➡️ChatGPTをプログラミングに活用するコツを解説!対応言語や使用例も


③ユーザーとの対話を通じた継続的な学習と進化

ChatGPTは大規模なデータセットから学習し、継続的に更新されています。我々ユーザーが入力したプロンプトもその学習データの1つであり、質問や要求を行うことで新しいデータや情報をChatGPTに蓄積させることが可能です。
また、間違えている情報の修正も同様の過程を経ることで可能です。

このように、ChatGPTはユーザーと二人三脚で学習し進化することが可能な点がすごいのです。

OpenAIのホームページでChatGPTの紹介がされていますが、そこではChatGPTに対してFeedbackを積極的に行ってほしいと書かれており、ChatGPTの学習をユーザー自身で促すことが支持されています。

2022年の年末から2023年の年明けにかけては、ChatGPT Feedback Contestが開催されました。
これは、良いFeedbackを行った人にはOpenAIから$500の「OpenAI APIクレジット」がもらえるという大会です。

ChatGPT Feedback Contest

④柔軟な運用とビジネスでの活用

ChatGPTはクラウドベースのサービスとして提供されており、柔軟な運用が可能です。必要に応じてスケーリングやカスタマイズを行い、さまざまなニーズに対応することができます。

また、企業用のChatGPT TeamChatGPT Enterpriseといった法人向けプランも存在するため、セキュリティやプライバシーの要件を満たしながらビジネスの場面でも利用することが可能です。

ChatGPT Enterpriseは、以下のようなコンサルティング会社をはじめとした大企業にも利用されており、今後も利用業界や企業は増加していくと考えられます。

ChatGPT 利用企業
ChatGPT 利用企業①

ChatGPT 利用企業②
ChatGPT 利用企業②



上記で紹介した事例以外にも、医療、金融、クリエイティブ産業など、様々な分野でChatGPTの活用が広がっています。

詳しくは以下の記事で50の活用事例を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。
➡️ChatGPTの活用事例50選!企業や自治体、教育現場での例を徹底解説!


ChatGPTの利用における注意点

ChatGPTは革新的なAIモデルであり、様々な場面で活用できる可能性を秘めていますが、利用する際には以下のような点に注意が必要です。

情報の正確性について

ChatGPTが生成する情報は、学習データに基づいているため、100%正確とは限りません。
また、ChatGPTは時折、ハルシネーションと呼ばれる、事実とは異なる情報を生成することがあります。

重要な意思決定を行う際には、他の信頼できる情報源と組み合わせて判断することが大切です。

個人情報や機密情報の取り扱い

ChatGPTとのやりとりの中で、個人情報や機密情報を共有しないように注意しましょう。
ChatGPTはクラウドベースのサービスであり、入力された情報はOpenAIのサーバーに保存される可能性があります。

【関連記事】
➡️ChatGPTの情報漏洩事例とは?実際に起きた事例を交えて対策方法を解説

ChatGPTの継続的な進化と変化

ChatGPTは常に進化し続けているため、過去の応答と現在の応答が異なる場合があります。定期的にChatGPTの最新の能力を確認し、適切に活用することが重要です。

ChatGPTの応答の変化は、ユーザーにとって有益な場合もあれば、混乱を招く場合もあります。
例えば、以前は対応していなかった機能が新たに追加されたり、応答の質が向上したりすることがあります。

一方で、過去に有効だった命令が使えなくなったり、応答の内容が変わったりすることもあります。

これらの点に留意しつつ、ChatGPTを賢く活用することで、業務の効率化やコミュニケーションの円滑化など、様々なメリットを得ることができるでしょう。


まとめ

本記事では、OpenAIによって開発された自然言語処理モデル「ChatGPT」について、その基本的な概念から特徴、応用可能性まで詳しく解説しました。ChatGPTは、自然な対話能力、幅広い知識、継続的な学習と進化、柔軟な運用といった特徴を持ち、顧客サポート、教育、医療、プログラミングなど、様々な分野で活用されています。

また、ChatGPTは日々進化し続けており、ユーザーからのフィードバックを取り入れながら、さらなる性能向上を目指しています。企業でのChatGPT活用も進んでおり、業務の効率化やコミュニケーションの円滑化に寄与しています。
一方で、ChatGPTを利用する際には、情報の信頼性や個人情報の取り扱いなどに注意が必要です。

これらの点に留意しつつ、ChatGPTの強力な能力を活かすことで、私たちの生活やビジネスに革新的な変化をもたらす可能性があります。
ChatGPTは、AI技術の未来を示す一例であり、今後もさらなる発展が期待されています。このすばらしいツールを賢く活用し、より効率的でクリエイティブな仕事や生活を実現していきましょう。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!