秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTを使ってTwitterを運用を効率化する方法を徹底解説!

この記事のポイント

  • この記事では、ChatGPTを使用したTwitter運用方法について解説しています。
  • 投稿するアカウントのテーマやコンセプト、ビジュアル方向性を事前に明確にすることが重要です。
  • 運用におけるプロンプトの具体例を紹介し、運用フローでの質問と回答を通じてコンテンツ作成を行います。
  • ChatGPTを活用することで、リアルタイム対応の能力向上やコンテンツ生成の効率化などのメリットがあるとしています。
  • しかしながら、ChatGPTが生成する内容が嘘を含む可能性や、最新情報にアクセスできない等の注意点も挙げられています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

SNS運用において効率化とクオリティの向上は欠かせない要素です。特にTwitterのようなリアルタイム性を重視したプラットフォームでは、タイムリーかつ魅力的なコンテンツを常に提供することが求められます。

そこで本記事では、AIの中でも特に自然言語処理に長けた、OpenAIの「ChatGPT」を使ったTwitter運用方法を解説します。 ChatGPTを用いることで、リアルタイムでの応答能力を向上させたり、コンテンツ生成を効率化したりといったメリットを享受できるほか、トレンドに基づいたマーケティング戦略の立案も可能になります。

さらには、使用上の注意点や最適化のためのアドバイスについても触れ、AIと人間が効果的に協力する方法を探求していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、弊社ではAI搭載マーケティングツール「リーチバイ」を提供しています。
現在、先行予約を受け付けていますので、興味のある方はぜひ以下のリンクをご覧下さい。

▼サービスの詳細・お申し込みはこちらから▼
AIマーケティングツール「リーチバイ」

ChatGPTを使ってX(旧 Twitter)を運用する方法

実際にChatGPTを使ってX(旧 Twitter)を運用する方法を解説していきます。
これから紹介するプロセスに沿って進めることで、誰でも簡単かつ効率的にXを運用することが出来ます。

AIのSNS運用イメージ


事前準備:ペルソナとテーマの設定

インスタグラムでアカウントを運営する際、以下の2点を意識するとフォロワーを引き付け、エンゲージメントを高められます。

  • アカウントのテーマやコンセプトを明確にする
    アカウントの中心となるテーマを決め、そのテーマに沿ったコンテンツを発信しましょう。ターゲットとなるオーディエンスを意識し、彼らに価値のある情報やメッセージを届けることが大切です。

一貫性のあるテーマ性の高いコンテンツは、フォロワーの興味を引き付け、リピーターを増やします。

  • ビジュアルやブランドイメージを構築する
    アカウントの色使い、フォント、写真・イラストのテイストなど、ビジュアル面での統一感を出すことも重要です。フォロワーがサムネイルを見ただけで「あ、このアカウントだ!」とわかるような視覚的な特徴を作りましょう。


ビジュアルでのブランディングができていると、認知度や信頼度が上がり、フォロワーとの絆も深まります。

ChatGPTを活用したペルソナ作成については、こちらの記事で詳しく解説しています。
➡️ChatGPTを用いたペルソナの作り方!実際のプロンプトを交えつつ解説


ChatGPTをX(Twitter)に活用するプロンプト

それでは、X運用に効果的なChatGPTのプロンプトを紹介していきます。
今回は、自身の企業のサービスや商品をSNSコンテンツに紹介 する場合のプロンプトをご紹介します。

ぜひ、コピーして使用してみてください。

【プロンプト例】


#前提条件:
- タイトル: ソーシャルメディアで商品に注目を集めるSNSコンテンツの作成
- 依頼者条件: 小売業(EC含む)で自社商品にソーシャルメディア上での注目を集めたいと考えている人
- 制作者条件: ソーシャルメディアマーケティングとコンテンツ制作に関する知識と経験を持つクリエイティブな人材
- 目的と目標: ソーシャルメディア上で興味を引くコンテンツを通じて、商品に対する注目度と関心を高めること
- リソース: 商品情報、ターゲットオーディエンスのデータ、ブランドアイデンティティのガイドライン、
 過去のマーケティングデータ、過去の広告で使われたビジュアルデザインの知識
- 評価基準: コンテンツのエンゲージメント率(いいね、シェア、コメントの数)、リーチ数、ウェブサイトへの流入増加
- 明確化の要件:
  - ターゲットオーディエンスの特定とそのニーズの理解
  - ブランドの声と一致する魅力的なビジュアルとコピーの開発
  - 異なるソーシャルメディアプラットフォームごとのコンテンツ戦略の策定
  - 定期的なコンテンツの公開スケジュールの作成と実施
  - コンテンツのパフォーマンス分析と改善策の実施

##End Prerequisites
##条件
1.不要なものは出力しない。
2.理解したら「質問出力例」を参考に質問から開始する。

##参考情報

@商品:””
@ビジュアルの方向性:””
@テキストコンテンツ:””
@画像コンテンツ:””

@画像情報:””
@テキスト追加情報:””
@画像追加情報:””

##出力手順
1.依頼者に「どのような商品なのか」を質問する。その内容を${商品}に代入する。依頼者に「どのようなビジュアルなのか」を質問する。その内容を${ビジュアルの方向性}に代入する。

2.${商品}から最適な${テキストコンテンツ}を提案する。
3.${テキストコンテンツ}に「2」の結果を代入する。
4.コンテンツ制作を洗練するために不足している情報あれば質問する。
5.「4」の結果を${テキスト追加情報}に追加する。
6.正確なコンテンツプランを出力するうえで、最低でも「4」、「5」を3回以上繰り返してください。
7.${ビジュアルの方向性}から最適な${画像コンテンツ}を提案する。
8.${画像コンテンツ}に「7」の結果を代入する。
9.コンテンツ制作を洗練するために不足している情報あれば質問する。
10.「9」の結果を${画像追加情報}に追加する。
11.正確なコンテンツプランを出力するうえで、最低でも「9」、「10」を3回以上繰り返してください。

##回答行動
・${商品}、${ビジュアルの方向性}、${テキストコンテンツ}、${画像コンテンツ}、${追加情報.1}、${追加情報.2}から依頼者が満足するような「コンテンツ」を出力する。
・最終的なコンテンツを出力するときのみ「##コンテンツ結果出力形式」に従ってコンテンツを出力してください。
・コンテンツの形式は、画像とテキストのセットでお願いしたいます。
・テキストは140字程度で、絵文字を使ったり、キャッチーでポップな言い回しを意識してください。
・画像はテキスト内容からおおきく離れない形で出力してください。画像のテイストを選択肢形式で依頼者に質問し、それを踏まえたアートワークをしてください。

##質問出力例
あなたの商品について教えてください。SNS向けのコンテンツ(画像,テキスト)を生成します。

##コンテンツ結果出力形式
【テキスト】
【画像】


実際の使用例

今回は、ある企業が自社の商品である「持続可能な素材から作られたスマートウォッチ」を投稿し、ビジュアルの方向性として「未来的で環境に優しいイメージ」を持つアカウントを運用する状況を想定しました。

まず、先程紹介したプロンプトを入力したところ、以下のような応答が返ってきました。

X運用その1
実際の使用例その1


そこで、事前に準備しておいた情報を入力したところ、次は以下のような応答が返ってきました。

X運用その2
実際の使用例その2


先ほど紹介したプロンプトを見て頂くと分かる通り、追加情報を質問するようになっているので、ChatGPTからの質問に応じて回答してください。

今回は、以下のような回答にしました。
X運用その3
実際の使用例その3


最終的にChatGPTが生成してくれたテキストと画像は以下の通りです。

🌊⌚ 海を救う技術、あなたの手首から。海洋プラスチックを再利用したスマートウォッチで、毎日のアクティブライフをサステナブルに。太陽光充電で地球にもやさしい💡🍃 #サステナブルテクノロジー #エコライフ

X運用その4生成された画像


テキストや画像が好みでないような場合には、修正の指示を重ねて、自分のイメージに近いものを生成してもらうようにして下さい。


このように、ChatGPTを活用することで効率的にX運用を行うことが可能です。

本記事で紹介したプロンプト以外にも、スライドやタスクリスト、デザイン作成に特化したプロンプトテンプレートを多数紹介しています。
興味のある方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

【関連記事】
➡️【すぐに使える】ChatGPTのプロンプトテンプレート30選【ビジネス】


ChatGPTを活用したX運用のメリット3選

ChatGPTをX運用に取り入れることで、以下の3つのメリットが期待できます。

コンテンツ生成の効率化

新しい投稿のネタ探しから文章作成まで、ChatGPTが支援してくれます。アイデア出しや文章校正などの作業を任せられるので、運用者の負担が大幅に減ります。
結果的に、投稿の質を落とすことなく、安定的に発信し続けられます。

更に、ChatGPTではDALLE-3という画像生成機能も備わっているため、投稿用の画像や広告バナーも簡単に作成することが可能です。

【関連記事】
➡️ChatGPTを使って広告バナーを作成する方法!作成例やプロンプトも紹介

マーケティング戦略の最適化

ChatGPTは、Instagram運用における頼れるパートナーです。トレンド分析とデータに基づいたマーケティング施策の提案により、フォロワーの属性や関心に合わせた最適なコンテンツを発信できます。

適切なプロモーションを実施することで、エンゲージメント率やリーチ数の向上が期待できるでしょう。

【関連記事】
➡️ChatGPTをマーケティングに活用!そのコツやプロンプトを徹底解説!

フォロワーとのコミュニケーション促進

ChatGPTを導入すれば、フォロワーからのコメントや質問にいち早く返信できます。レスポンスの速さは、フォロワーとのエンゲージメントを高め、親密な関係性を築くのに役立ちます。双方向のコミュニケーションが活発になることで、アカウントへの愛着も深まるでしょう。

このように、ChatGPTを有効活用することで、コミュニケーション、コンテンツ作成、マーケティングなど、運用における様々な場面でChatGPTのサポートを受けられます。

ぜひChatGPTを味方につけて、X運用の効率化を目指しましょう。


ChatGPTを活用したX運用における注意点

情報の正確性を確認する

ChatGPTが生成する内容は、学習データに基づいているため、時として**不正確な情報(ハルシネーション)**が混ざることがあります。
誤情報の発信はアカウントの信頼性を損なう恐れがあるので、AIが作成したコンテンツは必ず人間が内容をチェックし、事実と異なる部分があれば修正を加えましょう。

【関連記事】
➡️ハルシネーションとは?その原因やリスク、対策方法を解説


画一的な回答を避ける

ChatGPTの回答は、一般的で中立的な内容になりがちです。アカウントの個性を打ち出し、フォロワーの心を掴むためには、AIの提案をベースにしつつも、ブランドの特徴を盛り込んだオリジナリティのある投稿を心がけましょう。

また、明確かつ詳細なプロンプトを与えることで、ChatGPTにアカウントの特性を理解させ、より的確でユニークな提案を引き出すことができるでしょう。
ChatGPTの能力を最大限に引き出すためにはプロンプトエンジニアリングという手法が効果的です。

興味のある方はぜひこちらの記事もご覧ください。

【関連記事】
➡️プロンプトエンジニアリング完全ガイド!ChatGPTで使える例文も紹介


最新トレンドへの対応に工夫が必要

ChatGPTの知識は、トレーニングデータが収集された時点で停止しています。
そのため、リアルタイムの出来事やトレンドをキャッチアップして投稿に反映させるためには、運用者自身が最新情報をインプットし、ChatGPTの出力内容を適宜アップデートする必要があります。

最終的には、ChatGPTの提案をもとに、運用者自身の創造性とブランドへの理解を織り交ぜて、オリジナルのコンテンツを生み出すことが理想的です。
AIの力を借りつつ、人間ならではの感性と戦略的思考を発揮することが、X運用での成功につながります。

【関連記事】
➡️ChatGPTをネット検索・接続をする方法は?プラグイン不要の方法も紹介!


まとめ

本記事では、ChatGPTを活用したX運用の方法について解説しました。Xは個人や企業にとって重要なマーケティングチャネルであり、ChatGPTは運用効率化と価値向上に寄与する強力なツールです。

ただし、ChatGPTを導入する際には、情報の正確性の確認最新トレンドへの対応画一的な回答の回避など、いくつかの注意点に留意する必要があります。
また、プロンプトエンジニアリングの技術を駆使し、アカウントの特性に合わせた最適な指示を与えることで、ChatGPTの能力を最大限に引き出すことができます。

最終的にはInstagramの運用者自身が、フォロワーとの関係性や、ブランドの個性を理解し、AIの提案をベースにしつつも、人間らしい感性とオリジナリティを投稿に込めることが不可欠です。

今後、ChatGPTと人間がうまく協働し、お互いの長所を生かしながらXを運用していくことが、より効果的で魅力的なデジタルコミュニケーションにつながるでしょう。新しい時代のX運用のあり方を模索し、フォロワーとの絆をさらに深めていきましょう。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!