秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Azure Static Web Appsとは?その特徴や料金体系、活用例を解説!

この記事のポイント

  • この記事ではMicrosoftのサービスであるAzure Static Web Appsについて紹介しています。
  • 静的なWebコンテンツの配信と動的機能の追加が容易にできる開発者向けプラットフォームです。
  • GitHubやAzure DevOpsと統合し、自動的なビルドとデプロイを可能にするCI/CDを支援しています。
  • 無料プランでの利用が可能で、より多機能を求める場合は有料プランを選択できます。
  • 利用シナリオとして、簡易的Webアプリの作成から、Azure Functionsを用いた動的アプリケーションの構築が挙げられます。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

静的Webアプリのホスティングにお悩みの開発者必見です。
Microsoft のAzure Static Web Appsなら、自動デプロイやAPI連携で開発を効率化可能です。さらに、無料のものから有料プランまで、ニーズに合わせたプランも提供されています。

本記事では、その特徴や利点、利用シナリオ、料金体系を詳しく解説します。他サービスとの比較も交えて、開発者の生産性向上への貢献をお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

Azure Static Web Appsとは

Azure Static Web Appsは、静的なWebサイトやシングルページアプリケーション(SPA)を簡単にデプロイし、ホストするためのサービスです。
すなわちStatic Web Appsによって開発者はHTML、CSS、JavaScript などの静的なコンテンツを簡単にデプロイして配信することができます。

さらにGitHubAzure DevOpsと統合することで、選択したブランチを監視し、**自動的なビルドとデプロイを行うCI/CD(継続的インテグレーションと継続的デリバリー)**を行うことが出来ます。

Azure Static Web Apps
Azure Static Web Apps

静的、動的Webアプリとは

静的WebアプリとはHTML、CSS、JavaScriptといったフロントエンド技術を使用して作成されたファイルをそのままユーザーに提供するアプリケーションです。

これらのファイルはサーバー上に静的に保存されており、サーバーはリクエストに応じてこれらのファイルをそのままユーザーのブラウザに送信します。


一方で動的Webアプリとは、サーバー上でプログラムが実行され、その結果として動的に生成されるコンテンツ(HTMLなど)をユーザーに提供するアプリケーションです。
この方式ではデータベースからの情報の読み取りや、ユーザー入力に基づくリアルタイムのレスポンス生成など、多様な動作が可能になります。


静的Webアプリは動作が早く、セキュリティが高いなどの利点がある一方で、コンテンツのカスタマイズ性やユーザとの対話の可能性の面では動的Webアプリに劣ります。

主な特徴と利点

Azure Static Web Appsの特徴と利点として、ここでは自動デプロイ、APIサポート、グローバルディストリビューションについて説明します。

自動デプロイ

GitHubまたはAzure DevOpsと統合することで、リポジトリにコミットがプッシュされると自動的にビルドとデプロイが行われます。
これにより開発者はコードを修正するだけで最新のアプリケーションがユーザーに提供可能となります。

組み込みAPIサポート

Azure Functionsを統合してバックエンドAPIを作成し、静的アプリと組み合わせることができます。
これによりデータベースとの接続や、ユーザー認証など、静的コンテンツだけでは実現が難し機能を追加することが出来ます。

グローバルディストリビューション

Static Web Appsによって提供されるコンテンツはAzureのグローバルなCDN(コンテンツ配信ネットワーク)を通じて配信されるため、どこからアクセスしても高速にサイトがロードされます。


Azure Static Web Appsの利用シナリオ

Azure Static Web Appsは、さまざまなシナリオで活用できます。

ここでは、簡易的なWebアプリケーションの作成と、Azure Functionsを用いた動的アプリケーションの構築という2つの実践的な例を取り上げます。

簡易的Webアプリ

Azure Static Web Appsによって、個人用ブログコーポレートサイトのような簡易的なWebアプリの作成、管理が容易になります。

ローカルで作成したアプリを、連携したGithubからAzure Static Web Appsへデプロイすることで、自動的なビルドとデプロイが行うCI/CDを行うことが出来るようになります。

Static web appsの作成画面
Static web appsの作成画面


この自動デプロイ機能により、開発者はコードの変更をすばやくテストし、レビューすることができます。
また、複数の開発者が同じプロジェクトに取り組む場合でも、GitHubを介してシームレスにコラボレーションできます。

これにより、開発のスピードと効率が大幅に向上します。

Azure Functionsを用いた動的アプリの作成

Azure Static Web Appsは、Azure Functionsと組み合わせることで、より高度な動的アプリケーションの構築にも対応できます。

Azure Functionsは、サーバーレスのイベント駆動型コンピューティングサービスであり、必要に応じてコードを実行できるため、コスト効率に優れています。

Azure Functions
Azure Functions


静的コンテンツをAzure Static Web Appsでホストし、動的な処理が必要な部分をAzure Functionsで実装することで、柔軟でスケーラブルなアプリケーションを構築できます。

例えば、ユーザーからのフォーム入力を処理したり、外部APIと連携したりするような機能を追加することが可能です。

また、Azure Functionsは、HTTPトリガー以外にも、タイマートリガーやストレージイベントトリガーなど、さまざまなトリガーをサポートしています。
これにより、定期的なデータ処理や、ファイルのアップロード時の自動処理なども実装できます。


Azure Static Web AppsとAzure Functionsを組み合わせることで、開発者は、フロントエンドとバックエンドの両方を効率的に管理し、拡張性の高いWebアプリケーションを構築できます。


Azure Static Web Appsの料金体系とプラン

Azure Static Web Appsは、無料プランと有料プランの2種類の料金体系を提供しています。

ここでは、それぞれのプランの特徴と、プロジェクトに適したプランの選び方について説明します。

無料プラン

Azure Static Web Appsの特徴として無料プランで使える機能が充実しており、簡単なWebアプリなら無料プランだけで実装することが出来ます。

ただし無料プランでは計算リソースやストレージ、帯域幅に制限があるため、個人プロジェクトや小規模なアプリケーションでの学習や実験に適しています。

またAzure Static Web AppsとAzure Functionsを組み合わせることで、簡単な動的Webアプリを作成可能になりますが、無料プランの場合Azure Functionの呼び出し回数にも制限があるため注意してください。

有料プラン

Azure Static Web Appsの有料プランは、商用プロジェクトや高トラフィックのWebサイトに適しています。
有料プランでは、無料プランの制限が緩和され、より多くのリソースが利用できます。

【有料プランの主な特徴】

  • 帯域幅の上限が増加し、超過分についても従量課金で対応可能
  • カスタムドメインの数が増加
  • ストレージ容量の増加
  • Azure Functionsの呼び出し回数の上限が大幅に増加
  • エンタープライズグレードのエッジサポートが利用可能
  • SLAの提供


有料プランは、月額9ドルから利用でき、アプリケーションの規模やトラフィック量に応じて、柔軟にスケールアップできます。

プランごとの詳細な違い

プランごとの詳細な機能の違いをまとめました。

項目 Free 標準
料金 Free $9/アプリあたり/月
含まれる帯域幅 100 GB (サブスクリプションあたり) 100 GB (サブスクリプションあたり)
帯域幅の超過 該当なし $0.20/GB/サブスクリプション
カスタム ドメイン アプリあたり 2 アプリあたり 5
SSL 証明書 Free Free
サービス定義認証 利用可能 利用可能
カスタム認証 該当なし 利用可能
ストレージ (含まれる量 / デプロイごとの最大サイズ) 0.50 GB / 0.25 GB / アプリあたり 2.00 GB / 0.50 GB / アプリあたり
Azure Functions マネージド マネージドまたは持ち込み
エンタープライズ グレードのエッジ 該当なし $17.52/アプリあたり/月
データベース接続 パブリック プレビュー中は無料 パブリック プレビュー中は無料
SLA 該当なし 利用可能

まとめ

本記事では、Azure Static Web Appsの概要から、その特徴、メリット、利用シナリオ、料金体系まで、幅広く解説しました。
Azure Static Web Appsは、静的Webアプリケーションのホスティングに特化したサービスであり、開発者にとって多くの利点があります。

自動デプロイ機能によって、コードの変更を簡単にテストし、デプロイできます。また、Azure Functionsとの統合により、動的な機能を追加することも可能です。グローバルなコンテンツ配信ネットワークを利用して、世界中のユーザーに高速なアクセスを提供できるのも大きなメリットです。

料金体系は、無料プランと有料プランの2種類が用意されており、プロジェクトの規模やニーズに応じて柔軟に選択できます。個人プロジェクトや小規模なアプリケーションなら無料プランで十分ですが、商用プロジェクトや高トラフィックのWebサイトには有料プランがおすすめです。

Azure Static Web Appsを活用することで、静的Webアプリケーションの開発とデプロイを効率化し、より高品質なWebサイトやアプリケーションを提供できます。ぜひ、Azure Static Web Appsの導入を検討し、開発のスピードアップと運用コストの削減を実現しましょう

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!