AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTの登録ができない原因は?よくあるエラーと対処法を解説

この記事のポイント

  • ChatGPT登録時に発生するエラーの原因と解決法をQ&Aで説明しています。
  • SMS認証の失敗やパスワードの規則未達成など、登録に際してよくあるトラブルが網羅されています。
  • 登録がそれぞれQ&A形式で、ケース別の対処法を紹介しています。
  • また、登録が完全にできない場合の代替案として、他のAIチャットサービスの情報も提供しています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

ChatGPTは非常に便利な会話型AIですが、アカウントの登録がうまくいかず利用できない場合があります。代表的なパターンとしては、SMS認証の失敗やパスワードの設定ミスなどが挙げられます。

本記事では、ChatGPTの登録で一般的なトラブルの原因とそれを解決する具体的な方法を、わかりやすいQ&A形式で解説します。アカウント作成でつまずいた際に、どのような点をチェックし、どう対応すればよいのか、この記事を参考に一つ一つ解決していきましょう。
また、どうしても登録がうまくいかない方に向けて、代替のAIチャットサービス情報もあわせて紹介しています。

ChatGPTの概要や活用例については、こちらの記事で解説しています。
➡️ChatGPTとは?今さら聞けない基礎知識を徹底解説!

ChatGPTの登録ができない原因とその対処法

ここではChatGPTの登録ができない場合の対処法を、Q&A形式でケース別に解説しています。

当てはまる症状があるか確認してみてください。

Q1: 「電話番号が認識されない」「認証用コードが届かない」

A:これは地域コードの入力ミスや、間違った電話番号やメールアドレスの入力が原因であることが多いです。スペルミス等がないか確認してみましょう。
また、SMSやメールが届かない場合は、受信拒否の設定をチェックしたり、迷惑メールフォルダ等に入ってないかについても確認してみてください。

Q2: 「ChatGPT is at capacity right now」といったエラーが出る

A:これは通信障害が原因である可能性があります。Wi-Fiやモバイルデータの接続を確認し、ルーターを再起動してみてください。
また、ユーザー側の問題ではなく、ChatGPTのサーバー混雑による通信エラーも考えられます。ChatGPTのサーバー状態は公式ウェブサイトやSNS等で確認する事ができます。

【関連記事】
➡️ChatGPTのネットワークエラーの原因と対処法をわかりやすく解説

Q3: パスワードを設定しても「条件を満たしていない」と表示される

A: ChatGPTでは、セキュリティを確保するために特定のパスワード基準が設定されています。
パスワードが最小文字数を満たしているか必要な文字種(大文字、数字、特殊文字)が含まれているかを確認し、基準を満たすパスワードを設定してください。

Q4: 「The user already exists」と出てメールアドレスが登録できない

A: そのメールアドレスが既に別のアカウントに使用されている可能性があります。新しいメールアドレスを使用するか、心当たりのあるアカウントにアクセスして情報を更新してください。

Q6: 「The email you provided is not supported」というエラーが出る

A: 登録しようとしているメールアドレスの形式がChatGPTにサポートされていない可能性があります。yahooや Gmailなどのフリーメールアドレスを試してみてください。
また、Microsoft・Google・Appleのアカウントでも登録可能ですので、そちらを試してみてください。

Q5: 上記のケースにあてはまらないが登録できない

A: 紹介した事例に当てはまらないが登録がうまくいかないという場合は、デバイスのバグや、ブラウザのキャッシュ問題が原因である可能性が高いです。
デバイスを再起動し、ブラウザやアプリを最新の状態に更新してください。また、ブラウザのキャッシュやCookieの削除も試してみてください。


どうしても登録できない場合:他のAIツールの利用も検討する

ChatGPTに登録できない場合、MicrosoftのCopilot、GoogleのGeminiなど、他のAIチャットサービスを利用する事もオススメです!

また、ChatGPTをAPI経由で利用できる「リートン(wrtn)」や、LINEアプリでChatGPTと会話できる「AIチャットくん」といったサービスが無料で提供されています。

どうしても登録が上手くいかない時は、紹介したサービスの利用を検討してみてください。


まとめ

本記事では、ChatGPT登録時に多いエラーのケースとその対処法についてQ&A形式で紹介しました。
SMS認証の失敗やパスワードの細則不遵守、サーバー混雑による接続障害など、様々な場面で引っかかりやすいポイントがあります。
しかし、原因と対策さえ理解していれば簡単に解決できる問題が多いです。本記事を参考に適切に対処いただければスムーズにChatGPTへの登録が可能となるはずです。

もしどうしても登録できないという場合は、公式の問い合わせフォームを活用したり、紹介したサービスの利用を検討してみて下さい。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!