秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

Microsoft Peeringとは?直接接続のメリットと設定手順を解説

この記事のポイント

  • この記事は、Microsoft Peeringの概要、設定手順、およびビジネスへのメリットについて解説しています。
  • 企業がクラウドサービスとのセキュリティの強化された直接接続を利用できるサービスとして紹介されています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

Microsoft Peeringとは、企業のネットワークとMicrosoftクラウドサービス間の直接接続を強化し、データのセキュリティとプライバシーを保つためのサービスです。

この記事ではMicrosoft Peeringの概要を紹介し、その設定方法や利用シナリオ、ビジネスへのメリットを分かりやすく解説します。特にExpressRouteを用いたプライベート接続の確立が、セキュリティの向上とともに帯域幅の増大やレイテンシーの削減にどのように寄与するのかを、具体的なステップごとに詳しく説明していきます。
さらに、Cloudサービスの利用が進む中で、企業が直面する接続性とパフォーマンスの課題を、Microsoft Peeringを通じてどのように解決できるのかについても触れていきます。

Azureの基本知識や料金体系、利用方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
➡️Microsoft Azureとは?できることや各種サービスを徹底解説

Microsoft Peeringとは

Microsoft Peeringとは、企業のネットワークとMicrosoftのクラウドサービス間の直接的なネットワーク接続を提供するサービスです。これにより、インターネットを経由せずにデータを交換できるため、接続性が向上し、セキュリティが強化されます。

Microsoft Peeringを利用すると、Azure Virtual Network (VNet) とオンプレミスネットワーク間でプライベートな接続が確立されます。この接続は、Microsoftのグローバルネットワークを介して行われ、ExpressRouteというサービスを通じて実現されます。

ExpressRouteを使用することで、ユーザーはAzureサービスへの高帯域幅で安定した接続を得られるようになり、レイテンシーを大幅に削減できます。

【関連記事】
➡️Azure VNetとは?主要機能や利用シナリオをわかりやすく解説

Microsoft Peeringの特徴

  • データのセキュリティ
    エンドツーエンドの暗号化により、データの機密性が保たれます。
  • 高い接続性
    レイテンシーの低減と帯域幅の向上により、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。
  • グローバルアクセス
    世界中のMicrosoftのデータセンターへの接続は、高い信頼性を持ち、企業の重要なビジネスアプリケーションの稼働に貢献、広範なアクセスポイントを提供します。

Microsoft Peeringの設定と構成手順

Microsoft Peeringの設定は、AzureポータルやPowerShellコマンドを通じて行います。設定には、適切な帯域幅の選択、ルーティングポリシーの定義、セキュリティルールの設定などが含まれます。

Azure portal を使用した ExpressRoute 回線のピアリングの作成と変更のアーキテクチャ
参考:microsoft learn

ステップ1: ExpressRouteサーキットの作成

  1. Azureポータルにログイン: Azureポータルにアクセスしてログインします。
  2. ExpressRouteサーキットの作成: 「リソースの作成」から「ネットワーク」カテゴリを選択し、「ExpressRoute」を選びます。必要な情報を入力し、サーキットを作成します。
  3. プロバイダーの選択: ExpressRouteの接続にはネットワークサービスプロバイダー(NSP)またはエクスチェンジプロバイダー(IXP)が必要です。利用可能なプロバイダーリストから選択します。

ExpressRouteの画像
ExpressRouteの画像

ステップ2: ピアリングの設定

  1. ExpressRouteサーキットへのナビゲート: 作成したExpressRouteサーキットにナビゲートします。
  2. ピアリングの設定: 「ピアリングの設定」セクションを選択し、「Microsoft Peering」を追加します。
  3. 必要な情報の入力: ルーティング、BGPセッション情報など、Microsoft Peeringに必要な情報を入力します。

ステップ3: オンプレミスネットワークとの接続

  1. オンプレミスルーターの設定: オンプレミスのルーターにExpressRouteのBGP情報を設定し、Microsoft Peeringを介したルーティングを可能にします。
  2. VPNゲートウェイの設定オプション: 既存のVPNゲートウェイを使用してオンプレミスネットワークとAzure VNetを接続する場合は、ExpressRouteとの統合を設定します。

ステップ4: バリデーションとテスト

  1. 接続の確認: ExpressRouteサーキットの「概要」ページで、サーキットとピアリングのステータスが「成功」であることを確認します。
  2. ネットワークパフォーマンスのテスト: ピンやトレースルートなどのツールを使用して、オンプレミスネットワークとAzureリソース間の接続をテストします。これにより、設定が正しく行われ、期待通りのパフォーマンスが得られているかを確認できます。特に重要なのは、レイテンシーやデータのロスがないことを確認することです。

まとめ

Microsoft Peeringを設定することで、企業はオンプレミスネットワークとMicrosoftのクラウドサービス間の高速でセキュアな接続を確立できます。このプロセスは、ExpressRouteサーキットの作成から始まり、ピアリング設定の構成、オンプレミスネットワークとの接続、そして接続のバリデーションとパフォーマンステストによって完了します。これにより、データのセキュリティが強化され、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、グローバルなアクセスが可能になります。正しく設定されたMicrosoft Peeringは、ビジネスの要求に応える信頼性と効率性を提供します。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!