AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

マーケティングDXとは?具体的な手法や企業事例をわかりやすく解説

この記事のポイント

  • マーケティングDXは、デジタル技術を活用してマーケティング活動全体を変革する取り組み
  • AIは大量のデータ分析や個別化されたマーケティングを可能にし、効率性と顧客体験の向上に貢献
  • CRMやマーケティングオートメーションなどのツールがマーケティングDXを支え、組織にメリットをもたらす
  • データ活用の効率化、リアルタイムな分析と対応、顧客体験の向上がマーケティングDXの主なメリット
  • 課題克服には、技術的ハードル、組織文化、スキルセット不足、変化への抵抗感への対処が必要

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

デジタル化が急速に進む現代において、企業が競争力を維持し、成長を続けるためには、マーケティング活動のデジタルトランスフォーメーション、いわゆるマーケティングDXが不可欠です。

本記事では、マーケティングDXの概要から、AIの活用、具体的な手法とツール、メリットと課題、そして克服法に至るまで、幅広く解説します。

時代の変化に適応し、柔軟な戦略を展開するための重要なステップであるマーケティングDXについて理解を深め、企業が顧客との関係を強化し、持続的なビジネス成果を上げるための実践的な情報をお届けします。

また、弊社ではAI搭載マーケティングツール「リーチバイ」を提供しています。
現在、先行予約を受け付けていますので、興味のある方はぜひ以下のリンクをご覧下さい。

▼サービスの詳細・お申し込みはこちらから▼
AIマーケティングツール「リーチバイ」

マーケティングDXとは

マーケティングDXとは、データ管理やデジタル技術を活用して、マーケティング活動全体を変革していく取り組みです。
情報技術が急速に発展し、社会に浸透している現代において、企業は「デジタル化」を考慮せざるを得ない状況にあります。

マーケティングDX
マーケティングDXとは


例えば、テレビ全盛期の「モノを売る」マーケティングと、スマートフォンを常に持ち歩く現代人を対象にした「モノを売る」マーケティングでは、生活習慣や情報収集の方法が大きく異なります

また、現場でのデータ収集と分析に時間をかける「従来型の組織」と、AIやITツールを駆使してデータ分析とアイデア創出を高速で行う、「現代型の組織」では、戦略立案のアプローチにも大きな差が生まれます。

マーケティングDXの特徴

マーケティングDXは、このような情報環境の変化を踏まえ、市場、顧客、組織体制など様々な要因を考慮しながら、マーケティング活動を再定義していく試みなのです。

デジタルマーケティングとは異なり、マーケティングDXは「戦略レベル」の話であり、営業やバックオフィスとの連携など、部門横断的な意思決定やコミュニケーションが求められます。


マーケティングDXとAIの関係性

マーケティングDXにおいて、AIは中核を担う重要な役割を果たします。

デジタルツールを介してユーザーとのやりとりを行うことで、膨大なデータを蓄積することができます。
そして、そのデータをAIで分析することで、個々のユーザーの行動や嗜好に基づいたカスタマイズされたコンテンツの提供や、リアルタイムでの顧客フィードバックの活用による継続的なサービス改善が実現できます。

AIを活用したマーケティングの事例

例えば、Eコマースサイトでは、ユーザーの閲覧履歴や購買履歴をAIで分析することで、個々のユーザーに最適な商品レコメンデーションを提供することができます。

また、ソーシャルメディア上でのユーザーの反応をAIで分析することで、キャンペーンの効果を即座に把握し、必要に応じて戦略を調整することも可能です。

AIによるマーケティングオペレーションの自動化

さらに、AIを使ってメールキャンペーンのトリガー設定、ソーシャルメディアの投稿スケジューリング、顧客対応チャットボットの活用など、マーケティングオペレーションの自動化を進めることもできます。

これにより、マーケターは戦略的な意思決定により多くの時間を割くことができるようになります。

AIは、マーケティングDXを推進する上で欠かせない存在であり、企業がデータを最大限に活用し、顧客との関係を強化するための強力なツールとなっています。

【関連記事】
➡️DXとAIの関係は?その違いと融合がもたらすデジタル変革を解説


マーケティングDXの具体的な手法

マーケティングDXを実践するには、まずマーケティングの全工程をデジタル化し、データを集約・活用できる環境を整備することが重要です。

自動化や個別化されたマーケティングを実現するためには、データ管理体制と顧客とのコミュニケーションシステムの構築が不可欠です。

AIを基盤としたマーケティングサービス

弊社では、AIとITを組み合わせてマーケティングを業務全体を変えるサービス基盤の構築 を行っています。
例えば、広告のキャッチコピーを行う際に、今までであればマーケターが悩みに悩み抜いてコピーを作成していたと思います。

そのアイデア出し部分をAIが担うことで、質を落とさず効率の良いコピー作成を実現することが可能です。
今までの経験や知識が無駄になるのでは?という質問をいただくこともありますがそんなことはありません。

今まで培った経験、ポイントを学習する(RAG構築と呼ばれたりします)、機械学習と組み合わせることで閾値を設定することで一般化したコピーではなく、貴社や担当者の嗜好にあったコピーの生成を促すことが可能です。

弊社のシステムではマーケティングに関するあらゆる業務をAI✖️システムで自動化可能です。

Webページとヒートマップとの連携
Webページとヒートマップとの連携

上記は、WebページとMicsoftシステムとの連携です。これにより、Webページのどの部分をどの程度見られているのか一目瞭然に把握することが可能です。

マーケティングデータの分析
マーケティングデータの分析


こちらは、マーケティングに関するデータ分析、将来予測を行った結果の一部分になります。
上記の画像のように常にマーケティングに必要な数値を取得、可視化することでデータドリブンなビジネス展開が可能になります。

AI マーケティングツール「リーチバイ」(先行予約受付中) | AI総合研究所

AI技術を活用した最新のマーケティング支援ツール リーチバイについてご紹介します。自動化でコスト削減と効果を最大化。先行予約は限定で受付中です。

https://www.ai-souken.com/service/50000

マーケティングDXに興味のある方はぜひご気軽にご相談ください。


マーケティングDXにおすすめなツール

一般的なマーケティングDXを支えるツールとしては、以下のようなものがあります。

【CRM(Customer Relationship Management)システム】

顧客データの収集、分析、管理を行い、マーケティング活動をパーソナライズするために広く利用されます。

例えば、SalesforceやHubSpotは、効果的な顧客関係構築を支援するための機能を提供しています。

【マーケティングオートメーションツール】

リードの定義から顧客へのフィードバック収集まで、マーケティング活動の多くを自動化し、効率化するのに役立ちます。MarketoやPardotなどが有名です。

【データ分析ツール】

Google AnalyticsやAdobe Analyticsといったサービスを通じて、ウェブサイト訪問者の行動を詳細に理解し、マーケティングキャンペーンの効果を計測するのに役立ちます。

【SNSマネジメントツール】

HootsuiteやBufferなどが企業のソーシャルメディア戦略を支え、コンテンツの配信と顧客エンゲージメントの管理を容易にします。

これらのツールを適切に組み合わせ、ビジネスに最適なデジタルトランスフォーメーション戦略を展開することが重要です。


マーケティングDXのメリット

このセクションでは、マーケティングDXを導入することで企業が享受できる主要なメリットについて解説します。

データ活用の効率化

マーケティングDXにより、顧客の購買履歴、ウェブサイト上での行動、ソーシャルメディアでのエンゲージメントなどのデータを収集・分析することで、データに基づいた意思決定が可能になります。

これにより、個々の顧客に最適な商品やサービスを提供し、マーケティング戦略をより効果的に展開できます。

例えば、顧客のセグメンテーションを行い、各セグメントに合わせたメッセージやオファーを提供することで、コンバージョン率の向上につなげることができます。

リアルタイムな分析と対応

マーケティング活動の効果をリアルタイムで把握できるため、状況に応じた素早い戦略変更が可能です。
Webトラフィック、コンバージョン率、クリック率などの指標をモニタリングし、キャンペーンの効果を即座に把握することで、必要に応じて戦略の改善や変更を行うことができます。

例えば、あるキャンペーンの反応が芳しくない場合、リアルタイムのデータ分析により問題点を特定し、迅速に修正を加えることで、キャンペーンの成果を最大化することができます。

顧客体験の向上

顧客の行動やニーズを分析し、それに基づいたパーソナライズされたサービスを提供することで、顧客満足度を向上させることができます。

例えば、オンラインストアで購入した商品に関連する商品や、同じブランドの新商品を紹介するメールを送信することで、顧客の興味に合った情報を提供し、購入意欲を高めることができます。
また、チャットボットを活用することで、24時間365日、顧客の問い合わせに迅速に対応することができ、顧客の利便性を高めることができます。

マーケティングDXを導入することで、データ活用の効率化、リアルタイムな分析と対応、顧客体験の向上といったメリットを享受することができます。

これらのメリットは、企業の競争力強化と収益向上に直結するものであり、デジタル時代におけるマーケティングの成功には欠かせません。


マーケティングDXの課題とその解決策

マーケティングDXを進める上では、技術的ハードル、組織文化、従業員のスキルセットの不足、変化への抵抗感など、様々な課題に直面します。

技術的ハードルの克服

技術的ハードルについては、適切なツールやシステムの選定、導入、運用が求められます。
社内のITリソースが不足している場合は、外部のベンダーやコンサルタントとの連携を検討する必要があります。

また、データの質や一貫性を確保するためのデータガバナンスの確立も重要です。

【関連記事】
➡️DX成功の鍵!デジタル時代の必須技術10選と効果的な活用方法

従業員のスキルセット不足の克服

従業員のスキルセットの不足については、デジタルに精通した人材の育成や外部からの採用が求められます。
社内トレーニングプログラムの実施や、外部の教育機関との提携により、従業員のデジタルスキルを向上させることができます。

また、デジタルマーケティングの専門家を採用することで、社内のノウハウを蓄積し、他の従業員への知識の波及を図ることができます。

【関連記事】
➡️DX人材育成のポイント:企業の成功事例を交えてわかりやすく解説

組織文化と変化への抵抗感の克服

変化への抵抗感を克服するためには、従業員が変化を受け入れやすくするための継続的なコミュニケーションと教育が必要です。
マーケティングDXがもたらすメリットと、それが個人の業務にどのように反映されるかを明確に伝え、理解を深めることが重要です。

また、チーム内での知識共有と自己啓発へのモチベーションを高める環境を整えることも、長期的な成功のカギとなります。

【関連記事】
➡️DX推進の課題とは?変革を阻む3大要因とその解決策を解説

マーケティングDXの課題を克服するためには、組織全体の意識改革と、適切な人材、プロセス、テクノロジーの組み合わせが求められます。

これらの要素を適切にマネジメントし、継続的な改善を図ることで、マーケティングDXの真の価値を引き出すことができるでしょう。


まとめ

本記事では、マーケティングDXの概要から、AIの活用、具体的な手法とツール、メリットと課題、そして克服法に至るまで、幅広く解説しました。デジタル化が進む現代において、マーケティングDXはビジネスの持続的な成長と競争力を支えるために欠かせない要素です。

マーケティングDXを成功させるためには、経営層のコミットメント、チームワーク、持続的なイノベーション、顧客中心の思考が重要です。また、適切なツールやサービスの選定、データガバナンスの確立、従業員のスキル向上などが求められます。

変革は一夜にして達成されるものではありません。継続的な学習と進化を組織文化に根付かせ、デジタル技術を活用しながらデータドリブンな意思決定を行うことで、顧客により良い体験を提供し、ビジネスの成長を加速させることができるでしょう。

マーケティングDXは、企業がデジタル時代に生き残るために避けては通れない道のりです。本記事が、読者の皆様のマーケティングDXへの理解を深め、実践のための一助となれば幸いです。変化の激しい時代において、柔軟な思考と行動力を持ち、絶え間ない挑戦を続けることが、成功への鍵となることを忘れないでください。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!