秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

DX人材育成のポイントとは?企業の成功事例を交えてわかりやすく解説

この記事のポイント

  • この記事はDX人材の育成方法に焦点を当てています。
  • DX人材は、デジタル技術の知識とビジネス応用能力を兼ね備え、企業のデジタル化推進に中心的役割を果たす人材です。
  • DX人材の育成は、教育プログラムの設計や実践的学習など、段階的かつ継続的なアプローチが求められます。
  • 成功企業の事例を通じて、DX人材育成の実際の取り組みが示されています。
  • DX人材育成では、技術の急速な進展への対応やモチベーションの維持など、複数の課題に対処する必要があります。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

デジタルトランスフォーメーション(DX)は現代のビジネス環境において欠かせない変革ですが、その成功の鍵を握るのが「DX人材」の育成です。DX人材は、技術とビジネスを結びつけ、新しい価値を生み出す重要な役割を担っています。しかし、その育成には多くの課題があります。

本記事では、DX人材の重要性について明らかにし、実効性のある育成ステップや企業の成功事例を紹介することで、どのようにしてビジネスがデジタル時代において優位性を築くために人材を育成すべきかを考察します。さらに、進化する技術に対応する育成方法や、育成過程におけるモチベーション維持の方法を提案し、企業がDXの波に乗り遅れることなく、競争力を高めていくための指針をお伝えします。

「そもそもDXについてよく分かっていない」「DXについて包括的に知りたい」という方は、こちらの記事もご覧ください。
➡️DXとは?その定義や必要性、IT化との違いや、実際の事例を徹底解説

DX人材とは

DX人材は、デジタル技術の知識とビジネスにおけるその応用能力を兼ね備えた人材を指します。これらの人材はデジタル化による変化を理解し、それを組織の戦略と結びつけることができるため、DXの推進において重要な役割を担います。

DX人材はDX 推進指標において、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とされています。
つまり、ただITを支える人材ではなく、テクノロジーを利用して会社に影響を与えるような、包括的な役割を担う人材を指します。

なぜDX人材が必要なのか

DX人材が必要な理由は、デジタル変革がもたらす変化に迅速に対応し、それをビジネスの成長エンジンとして活用するためです。彼らは新しいテクノロジーを理解し、それを使ってビジネスモデルを革新したり、効率的なオペレーションモデルを構築したりすることができます。
その結果、企業は顧客ニーズをより正確に把握し、新たな価値を提供することが可能になります。

経営者が描いた実現したい未来ビジョンを実現するためにデジタル技術を用いながら取り組んでいくことが重要です。
DXとは
DXとは、経済産業省より引用

また、日本ではDX人材は大きく不足しています。「IT人材需給に関する調査」によると、2030年には最大79万人のDX人材が不足する可能性が報告されています(参考:みずほ情報総研株式会社)。
特に大手企業においてDX人材を育成するのは困難であり、中小企業で内製的に育成するには高いハードルがあり、そのような場合は、ITベンダーIT企業の育成プログラムの活用、サポートを受ける事例が多くあります。

【関連記事】
DXはなぜ必要?その理由やメリット、社内DXの推進方法を徹底解説


DX人材育成のステップ

DX人材を育成するには、段階的かつ継続的なアプローチが必要です。人材育成のプロセスを理解し、実施することで、効率良く、かつ有効に人材をデジタル変革の中核に育て上げることができます。

教育プログラムの設計

DX人材の育成には、実際のビジネス課題を解決する力を培うための教育プログラムの設計が欠かせません。プログラム設計には、デジタルスキルの理解だけでなく、戦略的な思考や問題解決能力も含める必要があります。また、教育カリキュラムは市場や技術の動向に合わせて定期的にアップデートすることが重要です。

実践を通じた学習

理論的な学習と同様に、オンザジョブトレーニング(OJT)やプロジェクトベースの学習を通じた実践は、DX人材育成において極めて有効です。実際の業務において新しい技術を使いこなし、ビジネス成果に結び付ける経験を積むことで、理解を深め、より実践的なスキルを身につけることができるでしょう。

【関連記事】
DXリテラシーとは?デジタル時代の必須スキルを分かりやすく解説


企業によるDX人材育成事例

成功している企業がどのようにDX人材を育成しているのかを見ることは、他の企業にとって非常に有益です。他社の事例から学び、自社のDX人材育成プログラムに反映させることで、より効果的な育成戦略を練ることができます。

有限会社ゑびや 株式会社 EBILAB(エビラボ)人材育成事例

飲食業界におけるDX人材育成の重要性を示す事例です。伝統的な飲食店がデータに基づく経営へシフトする過程で、DX人材の確保と育成が中心となりました。店舗は最初、紙ベースで運営されていましたが、経営者の手によるExcelを用いたデータ収集からデジタル化への取り組みを始め、人材育成には、コロナ禍で客数減少時にホールスタッフをデジタル技術習得に専念させるなどの施策がありました。

結果として、AI予測ツールの開発やデジタルツールの商業化など、DX人材による経営改善と新事業創出が実現しました。この事例は、DX人材の育成が組織のデジタルトランスフォーメーションと持続可能な成長の鍵であることを強調しています。
有限会社ゑびや 株式会社 EBILAB(エビラボ)人材育成事例
有限会社ゑびや 株式会社 EBILAB(エビラボ)人材育成事例,経済産業省のデジタルガバナンスコード手引きより引用

マツモトプレシジョン 株式会社人材育成事例

マツモトプレシジョン株式会社では、DXによる生産性向上と長期的な変革を支えるために人材育成に重点を置いています。社内で勉強の機会を提供し、技能士資格を持つ職員の育成に励んでいます。また、必要な知識や技術が社内にない場合は、外部から積極的にヘッドハンティングを行い、そのギャップを埋めています。

この取り組みは、ただITに詳しい人材を確保するのではなく、企業のビジョンに基づいて必要な技術やノウハウを持つ人材を確保する戦略の一環として位置づけられています。これにより、同社は継続的な変革と成長を目指しています。
参考:中小製造業のデジタル変革により日本全体の生産性向上実現へ


DX人材育成における課題と解決策

技術の急速な進展への対応

デジタル技術の進展は非常に速く、DX人材は常に新しいスキルや知識を学び続ける必要があります。この課題への対処法として、企業は定期的な研修プログラムを実施し、最新のトレンドに即したカリキュラムを提供することが挙げられます。

【関連記事】
DX成功の鍵!デジタル時代の必須技術10選と効果的な活用方法

モチベーションの維持

DX人材が持続的に成長し続けるためには、学習へのモチベーションを維持することが重要です。キャリアパスの明確化、達成感を感じられるプロジェクトの割り当て、適切な報酬システムの設計などが、モチベーション維持のためのアプローチとして考えられます。

【関連記事】
DX推進の課題とは?変革を阻む3大要因とその解決策を解説


まとめ

DX人材の育成は、技術革新の波を捉え、企業がデジタル時代における持続可能な成長を実現するために不可欠です。この記事では、DX人材とは何か、なぜ必要なのか、どのようにして育成するべきかのステップ、および成功している企業による育成事例を紹介しました。また、DX人材育成において直面する課題とその解決策についても議論しました。

DX人材育成のプロセスは困難な場面も含まれますが、教育プログラムの適切な設計、実践的な学習機会の提供、技術動向への迅速な適応、そして学習意欲の維持といった要素を取り入れることで、その効果は大きく向上します。企業はこのような取り組みを通じて、DXに必要なスキルとマインドセットを持った人材を内部に育成し、未来への投資としてその価値を最大化できるでしょう。

今は、全ての業界がデジタル化の波に飲まれながら新たなビジネスモデルを模索しています。この中で、DX人材が持つ洞察力と革新的なアプローチは、企業が新しい機会を捉え、より競争力のあるポジションを築くための鍵となります。社内にDX文化を醸成し、継続的な人材育成のサイクルを構築することこそが、DX時代を生き抜くための戦略的なステップです。

DX人材の育成方法に関する本記事が、皆さんの企業がデジタルトランスフォーメーションを推進し、未来にわたる成功への道を切り開く一助となることを願っています。

参考:
経済産業省「DX 推進指標」とそのガイダンス
経済産業省、デジタルガバナンス・コード

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!