秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

DXにおけるPoCの役割とは?その重要性と実施手順を徹底解説!

この記事のポイント

  • DXにおけるPoCの必要性と実施手順を説明
  • PoCは新技術の実現可能性とリスクを事前評価するために重要
  • PoCはPoV、PoBと連携し、技術導入の効果を段階的に検証
  • 実施手順は計画と目標設定、実施、評価と次ステップ決定
  • 明確な目標、適切なスコープ、リアルなテスト環境がポイント

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

DXの加速に伴い、新技術導入や革新的プロジェクト成功のためのPoC(概念実証)の重要性が増しています。

本記事では、DX推進におけるPoCの意義と役割を解説します。PoCは新技術の実現可能性やリスク評価、費用対効果の検証プロセスであり、関連するPoV(価値の証明)やPoB(ビジネスの証明)との関係も紹介。
具体的な実施手順や成功のポイント、落とし穴にも触れ、実践的なガイドラインを提供します。

PoCとは?

PoCとは
PoCとは

DX推進におけるPoCとは、新しいデジタル技術やサービスを導入する際、実際にそれらが有効であるか、期待通りの結果をもたらすかを事前に確かめることを指します。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)が進行する現代、ビジネスの成功においてPoC(Proof of Concept、概念実証)は重要な役割を果たします。PoCは新しいアイデアや技術の実現性を検証し、そのリスクや効果を評価するためのプロセスです。

PoCの定義と重要性

PoCは新しいアイデアや技術を実際に導入する前に、その価値や実現性を確認するための重要なステップであり、プロジェクトの成功に不可欠な役割を果たします。

以下の表で、PoCの目的とその重要性を確認していきましょう。

目的 説明
1.実現性の確認 - PoCを通じて、新しい技術やアイデアが実際に機能するか、具体的な問題を解決できるかを確認し、プロジェクトの成功可能性を評価する。
2.リスクの評価 - 新しい技術の導入に伴うリスクを事前に評価する。
3.費用対効果の確認 - 新しい技術やプロジェクトの導入にかかる費用に見合った効果があるかどうかを検証する。
4.プロジェクトの進行方向の決定 - PoCの結果をもとに、技術やアイデアを本格的に導入するか、または別のアプローチを検討するかを決定する。

PoC、PoV、PoBとの関係は?

PoC・PoV・PoBは、新しいプロジェクトや技術の導入時に使われる概念です。似たような文字列ですが、いずれも、新しいプロジェクトや技術の導入をより確実かつ効果的に進めるための手順であることを押さえておきましょう。

一般的には、PoCで技術的な実現性▶️PoVでもたらすメリット▶️PoBでビジネスとして成立するかを検証する流れです。

それぞれの詳細を一緒に見ていきましょう。

  1. PoC(Proof of Concept、概念実証)
    新しいアイデアや技術が実際に動作するか、その実現性を確認するためのプロセスです。
    プロジェクトの初期段階で行われ、技術的な面での成功可能性を評価します。

  2. PoV(Proof of Value、価値の証明)
    新しい技術やプロジェクトが実際にビジネスにとって価値をもたらすか、その有用性を評価します。
    PoCの次の段階として行われることが多く、導入することでどの程度の利益や効率向上が見込めるかを評価します。

  3. PoB(Proof of Business、ビジネスの証明)
    新しいプロジェクトや技術がビジネスとして成立するか、その持続可能性や市場性を評価するプロセスです。
    市場に投入した後も長期的に利益を生み出せるか、ビジネスモデルが安定しているかを検証します。

PoCの実施手順

PoCの実施手順
PoCの実施手順

このセクションでは実際にPoCを実施する際の手順について解説していきます。各段階で何を行うべきかを理解し、PoCの進行に役立てましょう。

1.計画と目標の設定

PoCの目的を明確にし、検証する項目や成功基準を設定します。

また、必要なリソース(予算、技術、人材)やタイムラインを決定します。

2.実施

計画に基づいてPoCを実行し、目標に対する進捗や成果を記録します。

この段階では、収集したデータや情報を元に、実現性や期待される価値を検証します。

3.評価と次のステップの決定

PoCの結果を評価し、成功基準に合致するかを確認します。
その結果をもとに、技術やプロジェクトを本格的に導入するか、さらなる改善を加えるか、または別の方法を検討するかを判断します。

PoCとDXとの関係

デジタルトランスフォーメーション(DX)において、PoC(Proof of Concept、概念実証)は非常に重要な役割を果たします。

主な目的は、新しい技術が実際のビジネスで期待される効果を持ち、導入するに値するかを確認することです。

以下でDXにおけるPoCの特に重要な役割5つを見ていきましょう。

役割 説明
1.リスクの低減 新技術の実用性とリスクを評価し、大規模な投資を行う前にリスクを軽減します。
2.技術適合性の評価 新しい技術やソリューションが既存のシステムやプロセスにどう統合されるかを評価します。
3.イノベーションの促進 革新的なアイデアを試す機会を提供し、組織の創造性とイノベーションを促進します。
4.ステークホルダーの説得 PoCの成果を通じてプロジェクトの潜在的な利益を示し、支持を得るための強力なツールとなります。
5.投資の正当化 期待される投資収益率(ROI)を示し、デジタル変革への投資を正当化します。


つまり、PoC(概念実証)は企業はより確信を持って新しい技術やプロセスを採用し、全体的なビジネス戦略において効果的な意思決定を行うための重要なステップです。


PoCを用いたDX推進例

ここでは、実際にPoCを用いたDX推進の成功事例を紹介します。
企業による先進的な取り組み事例がPoCでは行われているため、プレスリリース等で「実証実験」「PoC」等の単語を見つけた際には要注目です👀!

ブロックチェーンを活用した資産管理システムの概念実証(PoC)実施|三井住友ファイナンス&リース株式会社

三井住友ファイナンス&リース株式会社はセキュリティ・トークンの発行・管理に長けた米国のVertaloと共同で、ブロックチェーン技術を活用した資産管理システムを開発し、PoC(概念実証)を行いました。

資産管理システムのコンセプト図
資産管理システムのコンセプト図 (出典PR TIMES

そのPoCの第一弾として、セキュリティ・トークンに関わるデータ管理とST発行業務を一元管理する仕組みが導入されました。
これにより、関係者間の情報受け渡しやデータの精度、安全性の向上が図られています。

このシステムを利用することで、従来手管理で行われていた作業をデジタル化し、手間を省くとともに、より高いデータの正確性と安全性を実現しています。

また、ブロックチェーンの特性を活かしたデータの改ざん防止と正確な履歴管理が、再利用可能な使用済み製品の可視化や円滑な製品の調達に寄与することが期待されています。

航空機の運行ダイヤ修正の高速・最適化|ANA・日立製作所

ANAと日立製作所は日常的に発生する運行ダイヤの修正を短時間かつ高精度にて自動立案するシステムを開発し、本格導入に向け、PoC(概念実証)を行いました。

ANAと日立のシステム概念図
ANAと日立のシステム概念図 (参考:公式プレスリリース|日立製作所)


このシステムの導入により、従来は熟練者が手作業で1日あたり約1000便の修正を行なっていた手間を省き、効率的にダイヤの同時立案を可能にすることが期待されます。

5Gを活用した鉄道システムの実証実験|東京メトロ

東京メトロ・鉄道総合技術研究所・日立・三菱電機・NTTコミュニケーションズは5Gを利用した鉄道システムの国内初・実証実験を2024年8月より開始します。

5G鉄道システムの概要
5G鉄道システムの概要 (参考:国内初、5Gを活用した鉄道システムの実証試験を2024年度に開始|東京メトロ)

地下のトンネル内や地上の線路内に設置された設備と列車間の5G通信を実現する事で、現在一括した鉄道津用通信システムが存在しない、という問題を解決することが期待されています。

このシステムの実現により、開発コストや維持管理コスト・就労人口減に伴う熟練技術者の減少といった問題の対処しています。

また、本実証実験後には都市圏だけではなく、地方路線や国際標準化への提案といった海外鉄道ビジネスへの展開も今後の注目点です。


PoC成功のポイント

PoC(Proof of Concept、概念実証)の成功は、新しい技術やソリューションの実現可能性を示す重要なステップです。

成功するために焦点を当てるべきポイントと、避けるべき落とし穴についてこのセクションでは解説します。

ポイント

ポイント 説明
1. 明確な目標と期待値の設定 PoCの目的と、期待する結果を明確に定義します。
2. 適切なスコープとリソースの確保 実現可能な範囲でPoCを設計し、必要なリソースを事前に確保します。
3.関係者のコミットメントとコミュニケーション 全関係者が目的と期待結果を理解し、定期的なコミュニケーションを保ちます。
4.リアルなテスト環境の設定 実際のオペレーション環境に近い条件でPoCを実施し、効果や問題点を正確に評価します。
5.データ駆動の意思決定 収集したデータを元に効果を評価し、改善点や次のアクションを決定します。

注意点

注意点 説明
1.目標の曖昧さ 不明確な目標は、評価の難しさを招き、プロジェクトの方向性をぼやけさせます。目標は具体的で測定可能であることが重要です。
2.スコープの過大評価 スコープが大きすぎるとリソースが分散し、焦点を失います。スコープクリープを避けるために、初期の段階で厳密に定義することが必要です。
3.過度の期待 PoCは探索的な試みであり、必ずしも最初の試行で成功するとは限りません。現実的な期待値を設定し、学ぶ機会として捉えることが重要です。
4.不十分な準備とリソース不足 十分な準備と適切なリソースがなければ、PoCは失敗に終わる可能性が高まります。計画段階で必要なすべてのリソースを確保し、リスクを評価して対策を講じておくべきです。
5.関係者間のコミュニケーション不足 PoCは多くの場合、複数の部門やチームが関与するため、効果的なコミュニケーションが不可欠です。意思決定過程での誤解や情報の非共有がプロジェクトの遅延や失敗を引き起こす原因となります。


【関連記事】
➡️【DXの落とし穴】DXを失敗に導く10の要因と、成功へのポイントを解説


まとめ

本記事を通じて、PoCの実施がもたらす可能性やその適用における注意点について理解が深まったかと思います。
PoCは新しい技術やアイデアの有効性を確認する手段として非常に有力ですが、その成功には明確な目標設定、適切なリソースの配分、そして関係者間のコミュニケーションが鍵となります。

この記事が、これからPoCを計画している皆さんの一助となれば幸いです。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!