秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPT登録時に誕生日は必要!注意点やエラー時の対処法を解説

この記事のポイント

  • 本記事は、ChatGPTで誕生日を登録する際の注意点をわかりやすく解説しています。
  • エラーや問題の対処法を含む、誕生日登録時の詳細なプロセスが紹介されています。

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

ChatGPTを利用する際、個人情報の一つである「誕生日」を登録することは、多くの機能をスムーズに享受するために重要です。しかし、登録する際には注意点が存在します。

本記事では、ChatGPTにおける誕生日の登録手順から、よくあるエラーや問題への対処法、プライバシーとセキュリティへの配慮、さらには補足情報まで、幅広く解説していきます。

誕生日を登録する前に知っておきたいポイントを明確にし、後から困ることのないように、正しい情報入力とセキュリティ意識の向上を促します。ChatGPTを使いこなすためのヒントが満載ですので、ぜひ最後までお読みください。

最新モデル、ChatGPT4o(GPT-4o)について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください⬇️
ChatGPT-4o(GPT4 omni)とは?使い方、料金など詳細を徹底解説!

ChatGPTの登録時に誕生日は必要

ChatGPTの新規アカウント作成時には、誕生日の登録が必須となっています。
個人情報の収集はプライバシー保護の観点から重要ですが、同時に利用者が安心してサービスを利用できる環境を提供するための措置でもあります。

誕生日情報を収集することで、OpenAIは「未成年者によるChatGPTの不適切な使用」を防ぐことができます。また、年齢に応じたコンテンツのフィルタリングや、利用者の年齢層に合わせたサービス改善にも役立てることができるでしょう。


ChatGPTで誕生日を登録する方法

ChatGPTにおける誕生日の登録プロセスは、通常、ユーザーアカウントの作成時やプロフィール情報の編集時に求められます。

正確な日付を入力することが重要であり、日/月/年の順序や、使用するカレンダー(グレゴリオ暦など)に注意しながら、適切なフォーマットで入力する必要があります。

ユーザーアカウントの作成の流れ

  1. ChatGPTにアクセス
    右側の『sign in 』ボタンを選択する。
    アクセス画面
    アクセス画面

  2. メールアドレスを登録して認証
    メールアドレスを登録
    メールアドレス登録画面

  3. 名前と生年月日を入力
    名前と生年月日を入力
    個人情報入力欄

ChatGPTの詳しい登録方法については、こちらの記事をご覧ください。
➡️ChatGPTの始め方・ログイン方法をわかりやすく解説!


ChatGPT登録時のよくあるエラーとその原因

ChatGPTにおける誕生日の登録は簡単なプロセスに思えるかもしれませんが、様々な問題が生じる可能性があります。

ここでは一般的に遭遇する可能性のある問題と対処法を探ります。

誕生日の入力エラー

誕生日の入力エラーは、先程紹介したように間違った日付が入力されるか、フォーマットが不適切であるケースで発生します。

間違った情報を入力した場合やフォーマットが誤っている場合、次のようなエラーメッセージが表示されます。

  • Sorry, we aren't able to create your account
  • Invalid birthday

実際に存在しない生年月日を入力してみると以下の様に、Invalid birthdayというエラーメッセージが表示されました。
誕生日の入力エラー
誕生日の入力エラー

未成年者の登録における制限

ChatGPTを利用する際、特に未成年者は留意すべき事項がいくつかあります。

2024年4月現在、13歳以上でなければ、ChatGPTにアカウントを登録することができないと利用規約に明記されています。
また、18 歳未満の場合、ChatGPTを使用するには親または法定後見人の許可が必要です。

年齢制限に関する利用規約

Minimum Age. You must be at least 13 years old or the minimum age required in your country to consent to use the Services. If you are under 18 you must have your parent or legal guardian’s permission to use the Services.
最低年齢。サービスの使用に同意するには、13 歳以上、またはお住まいの国で必要とされる最低年齢である必要があります。あなたが 18 歳未満の場合、サービスを使用するには親または法定後見人の許可が必要です。
参考:OpenAI


実際に、未成年の生年月日をランダムに入力してみると以下の様にSorry, we aren't able to create your accountというエラーメッセージが表示されました。

未成年者の登録
未成年者の登録の際のエラーメッセージ

【関連記事】
➡️ChatGPTに年齢制限がある理由は?他のAIサービスの年齢制限も交えて解説


その他、ChatGPTへの登録がうまくいかない原因やその対処法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
➡️ChatGPTにログインできない原因と対処法をエラー別に解説!


ChatGPTを利用する際の注意点

ChatGPTなどのAIテクノロジーを使用する際には、単にプラットフォームを利用するだけではなく、その背景にある利用規約やプライバシーポリシー、サポートリソースにも気を配る必要があります。

このセクションでは、ChatGPTをスムーズかつ有意義に利用するための補足的な情報とヒントを提供します。

利用規約と合意事項の確認

オンラインプラットフォームを利用する際には、利用規約に同意することが一般的です。ChatGPTも例外ではありません。利用規約を事前に確認し、内容を理解することは、ユーザーとしての責任です。

ChatGPTの利用規約には、プロンプトに入力された情報はOpenAIに利用されることに同意したとみなされるとの記載があります。そのため、利用者は個人情報などの機密情報を書き込まないように注意する必要があります。

情報の保護とプライバシーを守るために、利用規約をよく理解し、適切に利用することが重要です。安心してChatGPTを利用するために、利用規約をしっかり把握しましょう。

【関連記事】
➡️ChatGPTのオプトアウトとは?入力データを学習させない為の設定方法

関連リソースとサポート

何らかの問題や疑問が生じた場合には、ChatGPTのFAQセクション、ヘルプセンター、オンラインフォーラムなどの関連リソースを活用しましょう。
迅速かつ適切なサポートを受けるためにも、問題を明確に伝えられるよう、具体的な情報やスクリーンショットを準備しておくと良いでしょう。

ChatGPTにすでにログインしている場合は画面左下の❔マークからヘルプ&FAQを選択することで直接アクセスすることができます。

ヘルプセンターに移動
ヘルプ&FAQを選択

また、これらのリソースから解決しない問題については、メールでカスタマーサポートに直接問い合わせることが推奨されます。

オープンAIに関する主なサポートへの連絡のメールアドレスはこちら


まとめ

この記事では、ChatGPTの新規アカウント作成の際の誕生日登録の基本的な登録の流れ、よく発生するエラーとそれらの原因、未成年者の登録における制限、補足情報とサポートなど、誕生日登録に関しての情報を詳しく解説しました。

ChatGPTでの誕生日登録は、ユーザーエクスペリエンスの個別化に重要な役割を果たしますが、その過程でいくつかの重要な注意点を意識しなければなりません。
これらを理解し活用することで、ユーザーは効果的かつ安全にChatGPTを利用できるようになります。さらに、万が一のトラブルへの対処方法として、関連リソースやサポートチームへの適切な問い合わせが役立ちます。

皆さんも今回の記事を参考にChatGPTの誕生日登録について理解を深め、安全かつスムーズにChatGPTを活用してみてください。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!