秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

ChatGPTのメリットとデメリットをわかりやすく解説!

この記事のポイント

  • ChatGPTの多様なメリットを分かりやすく解説
  • 無料版提供でユーザーにとって利便性が高い
  • 24時間の情報収集とサポート、自然な会話が可能
  • 高速な情報収集と文章・コード作成の効率化
  • 継続的な学習と成長でAIが進化し、より良いサービスを提供

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

ChatGPTは多くの人に利用されていますが、そのメリットとは何でしょうか。
本記事では、ビジネスの効率化から日常の情報収集まで、ChatGPTがもたらす恩恵を様々な角度から丁寧に解説します。

無料版の提供や24時間利用可能な点、自然な会話や高速な情報収集など、ChatGPTの特長を理解することで、私たちの生活や作業がいかに向上するかを探ります。
また、言語の壁を越えたグローバルなアクセスや、継続的な学習によるAIの進化など、ChatGPTの多面的なメリットに迫ります。

ChatGPTの主要なメリット

ChatGPTを活用することには多くのメリットがあり、ビジネスから学術研究、教育の現場や日常生活に至るまで幅広い場面でその有効性が認められています。

ここでは、ChatGPTの主要なメリットについて詳しく解説していきます。

誰でも簡単に使える無料版の提供

ChatGPTの大きな魅力の一つは、無料版が提供されていることです。インターネット環境さえあれば、誰でも簡単に利用を開始できます。

AIを使うにはお金がかかると考える人も多いかもしれませんが、ChatGPTは以下のリンクからログイン不要かつ無料で利用可能です。
➡️ChatGPT

この無料版の提供により、個人からビジネスまで、幅広いユーザーがChatGPTの恩恵を受けることができます。
AIの活用に興味がある人は、まずはChatGPTの無料版を試してみることをおすすめします。

【関連記事】
➡️ChatGPTでできること一覧!Plusとの違いやビジネス活用も紹介【2024最新】

言語の壁を越えたグローバルなコミュニケーション

ChatGPTは多言語を理解し、対話できる能力を持っています。
これはグローバルなコミュニケーションにおいて極めて重要であり、さまざまな言語のユーザーが同一のプラットフォームでサービスを享受できるため、言語の壁を越えて知識を共有することが可能です。

活用例

ChatGPTに対して「日本の首都はどこですか」という質問を日本語、英語に加えてなじみのないマレーシアの公用語であるマレー語でしてみると、すべての言語に対してその国の言葉で回答を得られました。

多言語での質問
ChatGPTによる多言語での回答


この多言語対応は、国際ビジネスを行う企業にとっても大きなメリットとなります。
海外の顧客やパートナーとのコミュニケーションにChatGPTを活用することで、言語の壁を越えたスムーズな情報交換が可能になります。

また、その能力を活かし、英会話学習にも活用可能です。
➡️ChatGPTを英会話・英語学習に活用する方法!使い方やプロンプト例を紹介

24時間利用可能なサポートと情報提供

ChatGPTはオンライン上でサポートや情報提供するため、24時間いつでも使用可能です。これにより、企業や組織は顧客や利用者に迅速な対応を提供し、サービスの品質を向上させることができます。

活用例

この例として、銀行のチャット受付サービスが挙げられます。銀行のホームページに掲載されているチャットボットで簡単な質問等に24時間対応してくれます。

三井住友銀行のChat受付
三井住友銀行のChat受付サービス


また、教育や研究の分野では、学習者や研究者が必要な情報に即座にアクセスできるため、学習や研究の効率が向上することが期待されています。
疑問に思ったことをいつでも調べることが可能となり学習意欲の向上につながると考えられます。

自然な会話による効果的なコミュニケーション

ChatGPTは、多くの書籍、ウェブページ、その他のテキストソースから学習しているため、質問や日常会話のようなプロンプト(質問文)に対して実際に人が相手しているのと大差ない回答が可能です。

自然な人との会話でストレスがたまらないように、ChatGPTとの会話もストレスフリーに行うことができます。

また人に相談しずらいことがあり、悩みを抱えているときは一度ChatGPTに投げかけてみるのもいいかもしれません。
ChatGPTには役割を与える機能もあるため、自身が尊敬する人になりきってアドバイスをもらうとよいでしょう。例として、ナポレオンとして励ましの言葉をかけてもらいました。

ナポレオンになりきってアドバイスをくれた
ナポレオンとしてのアドバイス

高速な情報収集とタスク処理

ChatGPTは分野を問わずユーザーの質問に対して、要点をまとめた文章を生成してくれるため、格段に速い情報収集が可能です。
普段なら検索エンジンを用いてヒットしたサイトをそれぞれ読み、必要部分を自身で探して理解する必要があります。

しかし、ChatGPTに質問すると要点がまとまった文章として出力してくれるため必要な部分を探す必要がなくなり情報収集の時短につながります。

活用例

例えば、第一回オリンピックの種目について検索エンジンで調べると多くのサイトがヒットします。
しかし、求めている種目に関する情報は実際にサイトにアクセスし読まなければ分かりません。

検索エンジンで調べた第一回オリンピックの種目
検索エンジンで調べた第一回オリンピックの種目


一方でChatGPTによる回答ではユーザーの求めるどんな種目が行われたかがまとめて出てくるため、情報収集にかかる時間が格段に短くなります。

ChatGPTで調べた第一回オリンピックの種目
ChatGPTで調べた第一回オリンピックの種目

文書要約やプログラミングへの活用

さらに、ChatGPTはユーザーが質問をするとその直後から文章作成を行ってくれるためほんの数秒で質問に対する回答が得られます。

例えば、プログラミングにおいて時間を要するコードを書くといった作業も書きたい内容を入力することで、数秒でそのコードを回答してくれます。

人の力でコードを書くと時間を要しますがChatGPTを利用することで数秒で要求内容に準じたコードを提供してくれます。このように作業時間を短縮し効率よく作業を進めるアシストが可能です。

ChatGPTによるコード提供
ChatGPTによるコード提供

コード実行結果
Rでのコード実行結果


この性能を活かすと、専門知識が必要と考えられているプログラミングを誰でも簡単に始めることが可能となります。

【関連記事】

ChatGPTをプログラミングに活用!使い方や対応言語、活用例を紹介 | AI総合研究所

ChatGPTをプログラミングに活用する方法や使い方、プロンプト例を詳しく解説しています。コード生成・エラー訂正を簡単に行えます。

https://www.ai-souken.com/article/using-chatgpt-in-programming

他にも物語を即座に書くことも可能であるため、執筆活動などにも活かすことが可能であると考えられます。

【レポート作成への活用】

ChatGPTでレポート作成を効率化する方法をわかりやすく解説! | AI総合研究所

ChatGPTを活用して、レポート作成の効率を大幅に向上させる方法をわかりやすく解説します。教育現場や職場での適用例も紹介。

https://www.ai-souken.com/article/enhancing-report-writing-with-chatgpt

継続的な学習と成長

ChatGPTはリアルタイムでフィードバックを受け取り、学習を進化させています。
そのため、ユーザーが質問をするたびに、その質問に対する回答とフィードバックを利用してより良い回答を作れるようモデル性能を改善することができます。

この継続的な学習と成長の特性は、ChatGPTが時代とともに進化し、常に最新の知識を提供し続けることを意味します。
ユーザーは、ChatGPTを使い続けることで、常に最新の情報やサービスを享受できるのです。

また、この学習能力を活かして、企業や組織がChatGPTをカスタマイズし、自社のニーズに特化したAIアシスタントを開発することも可能です。

ChatGPTをベースに、独自のデータを学習させることで、より専門的で効果的なサポートを提供できるようになります。


ChatGPTのデメリットと注意点

ChatGPTは革新的なAIモデルであり、様々な場面で活用できる可能性を秘めていますが、利用する際には以下のような点に注意が必要です。

倫理的な配慮

ChatGPTは強力な言語生成能力を持っているため、悪用された場合、フェイクニュースの作成や詐欺行為、不適切なコンテンツの生成などに利用される可能性があります。ユーザーは、ChatGPTを倫理的に正しい方法で使用する責任があります。

また、ChatGPTが生成した情報を公開する際には、その内容が差別的、偏見的、または誤解を招くものでないか注意深く確認する必要があります。

AIが生成した情報が、社会に悪影響を及ぼさないよう配慮することが重要です。

ChatGPTポリシー違反とは?回避する方法や警告メールについて解説 | AI総合研究所

ChatGPTのポリシー違反の内容と対策を解説しています。警告メールによるOpenAIの対応や、安全で効果的な利用に役立つ記事です。

https://www.ai-souken.com/article/chatgpt-policy-violations

過度な依存の回避

ChatGPTは多くのタスクで優れた性能を発揮しますが、あくまでもツールの一つであり、人間の能力を完全に代替するものではありません。過度にChatGPTに依存すると、自分自身の思考力や創造性が損なわれる可能性があります。

ChatGPTを活用する際は、自分の判断力を維持し、必要に応じて人間同士のコミュニケーションや協力を大切にすることが重要です。ChatGPTは、人間の能力を補完し、向上させるためのツールであることを忘れないようにしましょう。

ChatGPTの問題点とは?セキュリティや著作権の観点から徹底解説 | AI総合研究所

ChatGPTの問題点とその解決策を徹底解説。学生や著作権への影響と対応策を専門家が分かりやすくご案内します。虚偽情報(ハルシネーション)や、社会への影響などについても解析します。"

https://www.ai-souken.com/article/chatgpt-challenges-discussion

情報の検証と確認

前述の通り、ChatGPTが生成する情報は必ずしも100%正確とは限りません。
重要な決定を下す際や、事実関係を確認する必要がある場合は、ChatGPTの回答を鵜呑みにせず、他の信頼できる情報源で内容を検証することが不可欠です。

また、ChatGPTの回答は、質問の仕方によって変化する可能性があります。同じトピックについて、異なる質問を投げかけることで、より多角的な情報を得ることができます。
ChatGPTの回答を参考にしつつ、自分で情報を整理し、判断することが大切です。

これらの注意点を理解し、適切に対処することで、ChatGPTをより安全かつ効果的に活用することができるでしょう。


まとめ

本記事では、ChatGPTの主要なメリットについて詳しく解説しました。
無料版の提供による利用のしやすさ、多言語対応によるグローバルなコミュニケーション、24時間利用可能なサポートと情報提供、自然な会話による効果的なコミュニケーション、高速な情報収集とタスク処理、そして継続的な学習と成長といった点が、ChatGPTの大きな魅力となっています。

これらのメリットを活かすことで、ビジネスの効率化、教育や研究の支援、日常生活における情報収集など、様々な場面でChatGPTが活躍することができます。
また、ChatGPTを取り巻く技術の発展により、人間とAIの協働に新たな可能性がもたらされています。

ただし、ChatGPTを活用する際には、プライバシーの保護や生成された情報の信頼性などにも注意が必要です。
これらの点に留意しつつ、ChatGPTの強力な機能を賢く活用することで、仕事や生活をより効率的でクリエイティブなものにしていきましょう。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!