秘密厳守WEBからお問い合わせまずは資料請求
AI総合研究所

SHARE

X(twiiter)にポストFacebookに投稿はてなブックマークに登録URLをコピー

AIを活用したマーケティングとは?活用事例とおすすめツールを徹底解説

この記事のポイント

  • AIを活用したデジタルマーケティングの現状と将来性を解説
  • データ分析や消費者行動予測によるマーケティングの可能性を探る
  • コカ・コーラ、GRL、テレビ東京ダイレクトの企業導入事例を紹介
  • AIマーケティングのメリットとデメリットをバランス良く説明
  • AI時代に求められるマーケターの能力と適切なツール選定の重要性を提示

監修者プロフィール

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

AIの進化に伴い、デジタルマーケティングは新たな局面を迎えています。
データ解析や顧客行動の予測、パーソナライズされた広告配信など、AIを活用した効率的で効果的なマーケティング手法が注目されるようになりました。

この記事では、AIを導入したデジタルマーケティングの現状と、これからのマーケティング戦略におけるAIの役割を、実際の企業導入事例を交えて深掘りします。

AIの基本機能から、そのメリットとデメリット、効果を引き出すための戦略まで、読者がこの新たなトレンドを理解するのに役立つ内容を提供します。

また、弊社ではAI搭載マーケティングツール「リーチバイ」を提供しています。
現在、先行予約を受け付けていますので、興味のある方はぜひ以下のリンクをご覧下さい。

▼サービスの詳細・お申し込みはこちらから▼
AIマーケティングツール「リーチバイ」

マーケティングにおけるAIの活用例

AI(人工知能)は、データの解析、パターンの学習、そしてそれに基づく予測や判断を自動で行う技術です。
この技術はマーケティングにおいて、顧客データの深い洞察を提供し、ターゲティングの精度を向上させることができます。

AI技術は、主に学習、解析、予測の三つの基本機能を持っています。これらの機能により、大量のデータから有用なパターンを抽出し、未来のイベントを予測し、それに基づいて最適な意思決定をサポートします。

AIでできること
AIでできること

広告のターゲティング

AIは消費者の興味や過去の行動データを分析して、関連性の高い広告をターゲットオーディエンスに配信します。
これにより、広告のリーチと効果が最大化されます。

顧客セグメンテーション

AIは大量の顧客データから洞察を抽出し、類似の行動パターンや好みを持つグループに顧客をセグメント化します。
これにより、マーケティング戦略をさらにパーソナライズできます。

パーソナライズされたコンテンツ作成

AIはユーザーの過去の行動と好みに基づいてカスタマイズされたコンテンツを生成し、エンゲージメントを高めます。
例えば、推薦システムやカスタマイズされたニュースフィードがこれに該当します。

顧客サービスの自動化

AIを利用したチャットボットや自動応答システムが顧客からの問い合わせに対してリアルタイムで対応します。
これにより、顧客満足度が向上し、オペレーショナルコストが削減されます。

ユーザー行動の予測

AIは顧客の過去の行動データを分析し、将来の行動を予測します。この情報を用いて、キャンペーンのタイミングや内容を最適化し、成果を向上させます。

AI(人工知能)とは


AIをマーケティングに活用するメリットとデメリット

AIをマーケティングに活用する際には、メリットとデメリットの両面を理解することが重要です。

ここでは、AIマーケティングの主なメリットとデメリットを詳しく解説し、それぞれの特徴を把握することで、自社に適した活用方法を見つけるヒントを提供します。

メリット

メリット 詳細
ターゲティングの精度向上 AIが消費者データを深く分析し、精密なターゲティングを実現。関連性の高い顧客に効率的にリーチ可能。
効率的な顧客セグメンテーション 大量データからパターンを抽出し、類似の行動や興味を持つユーザーグループにセグメント化。
リアルタイムのパーソナライゼーション 顧客の現在の行動や過去データに基づき、リアルタイムでコンテンツやオファーをパーソナライズ。
ROIの向上 AIの分析と最適化でマーケティング効果を最大化し、投資対効果を向上。
顧客行動の予測精度の向上 過去の行動データから未来の消費者行動を予測し、マーケティング戦略に役立てる。

デメリット

以下は、デメリットを簡潔にまとめた表です。

デメリット 詳細
高い初期コスト AI導入と統合には高額な初期投資が必要で、小規模企業には大きな負担となる場合がある。
プライバシーとセキュリティの懸念 大量の顧客データ収集・分析によるプライバシー侵害やセキュリティ違反のリスク。
過度の依存問題 AIに過度に依存すると、システム障害がビジネスに大きな影響を与える可能性。
倫理的な問題 AIが不適切な方法でデータを使用する場合、倫理的な問題が発生することがある。
技術の複雑さによる適応の困難 AI技術の複雑さと急速な進化により、企業が技術を理解し適切に管理するのが難しい。


これらのメリットとデメリットを考慮しながら、AIをマーケティング戦略に統合する際のリスクと利益をバランス良く管理することが重要です。

AIのメリットとデメリット
AIのメリットとデメリット


【企業別】マーケティングにおけるAI活用事例

コカ・コーラ株式会社

日本コカ・コーラが展開する「LIVING MART by Coca-Cola ZERO」のキャンペーンは、AIを活用したデジタルマーケティング戦略の典型例です。

このキャンペーンでは、AI生成のキャラクタープロファイルを商品に組み込むことで、消費者に対してユニークなインタラクティブ体験を提供し、製品との新しい形のエンゲージメントを創出しています。

  1. 生成AIの活用
    各コカ・コーラ ゼロ製品には、生成AIによって作成された1万通りの独自のプロファイルが付与されています。これにより、消費者はただの飲料ではなく、個性を持った「存在」として製品を捉えるようになります。

  2. 消費者のインタラクション強化
    店舗での体験は、商品が消費者に直接話しかける形式をとっています。これは、従来の受動的なサンプリングから参加型体験を実現するもので、消費者の記憶に深く残る印象を与えます。

  3. デジタルとリアルの融合
    店舗内での体験は、デジタル技術と物理的空間の融合を示しています。これにより、消費者はオンラインでは得られない独特のリアル体験を得ることができ、ブランドへの没入感を深めます。

  4. ソーシャルメディアとの連携
    店舗内の体験はSNSでシェアしやすい内容となっており、訪問者が自らの体験をオンラインで共有することを促します。これにより、キャンペーンのビジュアルや消費者の体験が瞬く間に広がり、大きな話題となることが期待されます。

  5. マーケティング戦略の転換
    このキャンペーンは、日本コカ・コーラのマーケティング戦略が大きく変化していることを示しています。新しい技術を活用して、製品の魅力を直接的かつ創造的に消費者に伝える方法を探求しています。


これらの戦略は、消費者が製品と対話する新しい形を創出し、コカ・コーラ ゼロのブランドイメージを強化するとともに、新しい消費者層の獲得を目指しています。
AI技術の進化とそのマーケティングへの応用が、今後のブランド戦略において重要な役割を果たすことは間違いありません。


レディースファッション通販サイト「GRL(グレイル)」

レディースファッション通販サイト「GRL(グレイル)」
レディースファッション通販サイト「GRL(グレイル)」

Contentsquareと株式会社DearOneは、アートデコ株式会社が運営するレディースファッション通販サイト「GRL(グレイル)」に、デジタル顧客体験分析プラットフォームを導入しました。

この導入の主な目的は、顧客のデジタル体験を向上させることにあります。
具体的には、顧客が初回購入に至るまでのジャーニーにおいて、ユーザーが感じるストレスや不便を特定し、AIインサイト機能を通じて、より快適なショッピング体験を実現することを狙っています。

Contentsquareの機能と利点

  1. 顧客体験の可視化
    Webサイト上の顧客の行動データや体験データを自動収集し、離脱原因などを迅速に特定します。
    これにより、デジタル体験を直感的かつ定量的に理解することが可能となり、マーケターや開発チームが顧客インサイトを発見し、改善策を実行できます。

  2. エラーと機会損失の定量化
    コンバージョンを妨げる不満やエラーを早期に発見し、セッションリプレイ機能を通じて顧客が困っているポイントを直接確認します。
    これにより、問題解決までの時間を短縮し、収益やリードの損失リスクを抑制します。

導入後の期待効果

Contentsquareの導入により、GRLは顧客のデジタル体験を根本から理解し、サイトの使いやすさを向上させることで、より多くの顧客を惹きつけ、リピート購入につながるようなポジティブな顧客体験を提供できることを期待しています。

さらに、セッションリプレイなどの機能を活用することで、顧客がどのようにサイトを利用しているかの具体的な理解を深め、マーケティングやプロモーションの施策に直接活かすことが可能となります。

株式会社テレビ東京ダイレクト

株式会社テレビ東京ダイレクト
株式会社テレビ東京ダイレクト (参考CustomerRings 導入事例

株式会社テレビ東京ダイレクトでは、顧客データの可視化と効率化を目指してカスタマーリングスというツールを導入し、顕著な成果を挙げています。

特に、同社の通販事業部が運営する「虎ノ門市場」において、メールマーケティングの自動化とセグメンテーションが可能になり、売上が前年同月比で最大170%増加するという成果を達成しました。

導入前の課題

課題 詳細
メール施策の限定性 手作業によるリスト作成が必要であり、全配信でしかメール施策が実施できなかった。
集計の困難 様々なツールを行き来して集計を行っていたため、思うような効果測定ができなかった。
作業の手間 メルマガ配信対象者リストの作成に1日45分もの時間がかかっていた。

導入後の効果

効果 詳細
情報の可視化 CVの状況などを誰でも見られるようになり、データへのアクセスが容易に。
セグメント作成の可能性 様々なセグメント作成が可能になり、先行販売などの新しいマーケティング施策を実施。
売上の大幅増加 分析とセグメントに基づく施策により、売上が最大170%増加。
メルマガ配信の効率化 メルマガの配信頻度を週3回から週4、5回に増加。リスト作成時間が15分に削減された。


これらの点から、デジタルツールの導入がマーケティング活動の質と効率を格段に向上させたことが明確に示されています。


AIデジタルマーケティングの展望

AIデジタルマーケティングの展望
AIデジタルマーケティングの展望

AIマーケティングの未来

  1. 持続可能なマーケティング戦略とAIの役割

AIはデータ駆動型の意思決定を強化し、マーケティングの効率と効果を同時に向上させます。継続的な学習と進化を通じて、AIはマーケティング戦略を持続可能で適応性の高いものに変えていくでしょう。具体的には、リアルタイムのデータ分析を活用して迅速に市場変動に対応し、長期的な顧客関係を構築する手助けをします。

  1. 新たな技術の統合と市場への影響

AIの進化は他の技術との統合を促進し、例えばブロックチェーンやIoT(インターネット・オブ・シングス)との連携を深めることで、消費者データのセキュリティと透明性を高め、全く新しい顧客体駘を提供する可能性があります

AI時代のマーケターに求められるもの

AI時代のマーケターに求められるもの
AI時代のマーケターに求められるもの

AI時代のマーケターに求められる能力は、急速な技術進化に適応し、戦略的にAIを活用することが重要です。

以下は、マーケターに求められる3つの主要な能力です。

1.AIの価値を理解する姿勢

AI技術が進化するにつれて、その応用範囲も広がっています。
マーケターは、ただ新技術を利用するのではなく、その背後にある価値を理解し、どのようにビジネスに統合し利益を最大化するかを考える必要があります。

この姿勢は、新しい技術を受け入れ、変化に柔軟に対応することで、マーケティング戦略の革新を推進します。

2.AIの基礎知識と技術的理解

マーケターには、AIの基本的な動作原理や異なるAIモデル(予測AI、生成AIなど)の特徴を理解することが求められます。

また、AIの長所と短所を把握し、それをマーケティング戦略にどのように活用するかを知ることも重要です。この知識は、適切なツールの選定や、AIのパフォーマンスを最大化するための戦略的な利用に直結します。

3.適切なAIツールの選定と組織への統合

市場には多種多様なAIツールが溢れていますが、それら全てがすべてのビジネスや目的に適しているわけではありません。

マーケターは、自社のニーズに最も合致するAIツールを見極め、組織に適切に導入する能力が求められます。これには、ツールの機能だけでなく、どのようにして既存のシステムやプロセスと統合するかの理解も含まれます。

これらの能力は、AIを戦略的に活用し、継続的なビジネス成果を出すために不可欠です。


AIマーケティングツールなら「リーチバイ」がおすすめ

AIマーケティングツールの中でも注目したいのが「リーチバイ」です。

リーチバイは、1人工で月に300コンテンツの作成を可能にし、SNS投稿やオウンドメディアの運営に必要な工数を大幅に削減。

さらに、1件あたりのコンテンツ作成とWebマーケティングの拡散にかかる時間を、従来の12時間から2時間に短縮(84%減)します。(弊社調べ)

https://youtu.be/YFG-JYoS6tE?si=18SMRAtNXhq6Jsi-

また、Web検索、SNS、YouTube、PR、広告など、多様化するマーケティングチャネルのコンテンツ作成と配信を一元管理。
限られたリソースで質の高いマーケティングを継続的に展開できます。

マーケティングの課題解決と成果向上に意欲的に取り組む企業は、ぜひリーチバイのデモを体験してみてください。

今すぐデモを予約

AI マーケティングツール「リーチバイ」(先行予約受付中) | AI総合研究所

AI技術を活用した最新のマーケティング支援ツール リーチバイについてご紹介します。自動化でコスト削減と効果を最大化。先行予約は限定で受付中です。

https://www.ai-souken.com/service/50000


まとめ

AIの導入はデジタルマーケティングの概念を再定義し、企業が顧客との関係をどのように築いていくかに革命をもたらしています。
個別の消費者に合わせたパーソナライズされたマーケティング戦略の展開から、効率的な広告配信、顧客行動の予測まで、AIは多方面でその能力を発揮しています。

今後もAI技街は進化し続け、デジタルマーケティングの可能性をさらに広げていくことでしょう。
企業にとっては、この変革の波に乗り遅れないためにも、AI技術への理解を深め、適切な戦略を立てていくことがこれからの鍵となります。

AI活用のノウハウ集「AI総合研究所」サービスご紹介資料

「AI総合研究所 サービス紹介資料」は、AI導入のノウハウがないというお客様にも使いやすい最先端のAI導入ノウハウを知れる資料です。

資料ダウンロード
監修者

坂本 将磨

Microsoft AIパートナー、LinkX Japan代表。東京工業大学大学院で技術経営修士取得、研究領域:自然言語処理、金融工学。NHK放送技術研究所でAI、ブロックチェーン研究に従事。学会発表、国際ジャーナル投稿、経営情報学会全国研究発表大会にて優秀賞受賞。シンガポールでのIT、Web3事業の創業と経営を経て、LinkX Japan株式会社を創業。

関連記事

AI導入の最初の窓口。

お悩み・課題に合わせて活用方法をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

AI総合研究所 Bottom banner

ご相談
お問い合わせは
こちら!